久しぶりの上京とPixel 5aの写真

 10月3日 晴れ

緊急事態宣言がひとまず終了したので、使わないスマホを売却するために久しぶりに都内に向かった。郵送買取でも良かったのだが、少し動きたい気分だったのである。

2110091

秋葉原で下車。複数のスマホを売却するが買取額が店によってマチマチだったので、それぞれ最高値を付けている店を回る。査定に少し時間が掛かるので、その間に買い物や周辺を回ってみよう。

2110092

日曜日なので中央通りは歩行者天国だ。でも以前と比べるとまだ人通りは少ない感じ。大勢いた外国人が居ないってのが大きいのかも。

UDXのテラスには痛車が展示してあったのでPixelで撮影してみる。ってかここ2階なんだけどどうやって搬入したのだろう?

原寸は大きすぎるのでリサイズしてある。

・イタ車の痛車

2110093
4mm F1.7 1/200s ISO54

・ドイツ車だけど痛車

2110094
4mm F1.7 1/266s ISO50

こっちは出掛ける時に地元で撮影したイチョウ

2110095
4mm F1.7 1/3906s ISO54

絞りは固定なので広角カメラだとF1.7で超広角だとF2.2になる。

日陰で撮った車の写真は等倍で見ると少しノイズが出ているがリサイズすると全く気にならない。日なたのイチョウの方は等倍でもノイズは見えない。色調は派手なエフェクトは無く目で見た感じに近い。

ついつい一眼レフで撮った写真と比べてしまうがこれスマホの写真なんだよなぁ・・・。コンデジが売れなくなってしまうのも理解できる。

 

買取は無事に満額が付いたのでホクホクと帰宅。

夕食をポートレートモードで撮影。

2110096
4mm F1.7 1/30s ISO69

明るく撮れるなぁ・・・・スーパーの総菜がメニューの写真のようだ。

つぎに買ってきたSDカードを接写。

2110097
4mm F1.7 1/40s ISO423

2倍のズームにして限界まで寄ってこの位。マクロは特別強い訳でないかな。

部屋の薄暗い所で撮ったのでISOが結構上がっているが、それほどディテールのつぶれは無い。で、やっぱり明るく撮れている。

Pixelのカメラは噂通り暗所には強かった。まだ試していないが夜景や星空の撮影も機会が有ったら試してみよう。

| | Comments (0)

会合

木星と土星は20年毎に接近(会合)した姿を見ることが出来る。これだけでも十分にレアなのだが、今回の大接近は離角0.1°で400年ぶりの近さだ。その400年前の大接近は太陽に近く観測が難しかったそうで、そうなると800年ぶりの現象になるのだとか。こんな機会は中々無いので写真を撮ってみよう。

 12月20日 晴れ

今回の木星・土星は、太陽を追いかけるように2時間遅れで沈んで行くので観測は夕方になる。そこで南西方面の開けた近くの堤防に行ってみた。

2012200

三脚をセットして撮影開始。セルフタイマーでミラーアップして撮るが、風があるのでブレが心配だ。マニュアルでシャッター速度やISO感度を色々変えて取ってみた。

2012201
K-5 + TAMRON SP 500mm F8 1s ISO3200 50%にトリミング

それぞれの衛星が見られるかなと期待していたがしっかりと写っていた。

木星の左上にガリレオ衛星が全部見えると思ったが、調べてみると一番外側は恒星のようだ。エウロパは木星に近すぎて光に埋もれてしまったようだ。
(よく見ると木星にコブのような光の出っ張りがあるのでそれかも?)

そして土星の衛星タイタンもうっすらと写っていた。写真に矢印をふってみた。

2012202

日本では明日21日夕方が最も近づいて見えるので、もう一度見てみよう。

※参考サイト→アストロアーツ

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 12月21日 晴れ

晴れているので、また撮ってみた。今日が最接近の日だ。

肉眼では一見ひとつの明るい星に見えるが、目を凝らすと二つの星が接近しているのが分かる。

2012211
K-5 + TAMRON SP 500mm F8 1/3s ISO3200 25%にトリミング

今日のガリレオ衛星は木星の左右にバランスよく配置されていた。25%にトリミングしたので、昨日の倍の大きさに写っている。土星は何となく輪があるような楕円形に見える。星の配置は以下の通り。

2012212

次にこれほど接近して見えるのは60年後だそうだ。

| | Comments (2)

安曇野オフ

 11月2日 晴れ

スキー仲間とのオフ会。今回は安曇野周辺で紅葉ハイキングとかいろいろ。

アプローチの高速道路は連休初日とあって混雑していた。10月は雨ばかりで、久しぶりの晴れの週末なのも拍車をかけているのかもしれない。

交通費節約のため、佐久で降りて下道で向かう。途中、川沿いの道では先の台風19号の被害で崩落しているところもあった。ほぼ時間通りに集合場所に到着。

メンバーが揃ったら宿に移動し、1台に乗り合わせて光城山の登山口に移動する。低山だけど久しぶりの山歩きだ。

1911021

適度に汗をかきながらゆっくりと歩く。紅葉はまだちょっと早い感じ。1時間ほどで稜線に到着。山頂まではもうひと息。

1911022

山頂にはスケルトンの山座同定盤があった。なかなかいい感じ。

1911023

ちょっとモヤっているが開けた所からの展望はよい。↓の山々は上から常念岳・大天井岳・針ノ木岳と蓮華岳・鹿島槍ヶ岳と五竜岳。常念岳の右の鞍部からは槍ヶ岳の穂先がちょっと見えている。

1911024

景色を楽しんだらランチタイム。ちょうど4人で座れるテーブルとベンチが空いていた。これまた久しぶりのストーブで湯を沸かしてコーヒー。

1911025

ここから少し稜線を歩くプランも有ったが、秋の日は短いので下ることにする。意外と急坂で、膝にストレスが掛からないように歩くと腿がキツイ。降りたころには明日の筋肉痛を予感させられた。

続いて旧篠ノ井線の廃線跡を散策に行く。車で30分くらい移動。

本来は軌道跡を数km歩けるのだが、もう脚は充分なのでメインの見どころをサクッと見て回る。

1911026

レンガ積みのトンネルが年代を感じさせる。踏切は何処かから移植されたようで、普段は触ることの出来ない非常停止ボタンを押してみたりした。

外回りは充分に楽しんだので、そろそろ甘いものを食べに行く。カフェを検索して高瀬川沿いのラトリエ・デ・サンスに行った。抹茶と安曇野牛乳のジェラートを頂く。

最後に景色の良い所ということで北アルプス展望美術館へ。山は逆光になりシルエットになってしまったが開けていて気持ち良かった。

1911027

だいぶん日も傾いてきたので宿に向かう。今回の宿はごほーでん。地名の"御方田"からとっているのだろうか。古民家のような作りで一尺角ほどもありそうな太い柱や梁が使われている。一方部屋はモダンな感じで、二人掛けのテーブルは正面に大きな窓があり北アルプスが眺められる。風呂は沸かし湯だがやはり大きな窓からの景色が楽しめた。

1911028

食事は朝夕ともバイキング。風情は無いが好きなものを自分にあった分量で食べられるのでいい。ワッフル焼き器があったのでつい人数分作ったら、思いのほかボリュームがあって腹がきつくなった。

食後はRWCの決勝を見ながら今日撮った写真鑑賞と明日の予定の打ち合わせ。21時過ぎに解散となり、少しネットを見たのち22時過ぎに就寝。

 

 11月3日 晴れ時々曇り

下り坂の天気予報だったが窓の外は晴れていた。ただ他の方角は霧が出ていたようだ。盆地の底で川が集まる場所なので霧が出やすい。

1911031

朝食もたらふく食べて食後に旅館裏の川を散策。その後は部屋に戻って9時のチェックアウトまでのんびり過ごした。

今日の最初は大王わさび農園。有名どころだが初めて訪れる。宿から車で5分と掛からなかった。

1911032

わさび畑や水車小屋などを見て回り、お土産を購入。名物のわさびソフトクリームはまだ腹に余裕が無く食べられず。

次は大きなゲタのある東光寺と穂高神社に参拝。東光寺では戒壇巡りがあり入ってみた。真っ暗で何も見えず、目が慣れたつもりで歩いていたら前の人に追突した。

1911033

穂高神社の奥宮は上高地の明神池ほとりに有り、嶺宮が奥穂高岳の山頂に有るそう。あの奥穂の祠はここのだったのか。

境内は七五三の時期であり着飾った親子が多かった。参拝を済ませたら少し早いが昼食。そばを食べに行く。

1911034

そば処 常念でざるそば(一人前 二枚)を注文。しっかりした歯ごたえとのど越しで美味しく頂いた。もっと腹が空いていればエビの立った天丼も食べたかった・・・

食後の腹ごなしに烏川渓谷緑地で散策。その後、大王わさび農園に戻って解散となった。帰り道は関越道の渋滞を避けて北関東道に逃げ、伊勢崎から上部道路で帰宅した。

久しぶりの山オフで、天気も良く楽しめた。しばらく行ってなかった山歩きもちょっと再開しようかな・・・・

| | Comments (0)

長持ちの桜

 4月9日 晴れ

 

4月に入って気温が低めの日が続いたおかげか、今年の桜は長持ちだ。

このあたりでは3/25に開花し、4/4に満開。もう2週間楽しめている。

せっかくなので近くの公園へ撮影に行ってきた。

 

1904091

K-5 + smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR   F8 1/250

 

1904092

K-5 + HD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited   F8 1/200

 

1904093

K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED    F8 1/200

 

1904094

K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited   F8 1/200

 

1904095

K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED    F8 1/200

 

1904096

K-5 + HD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited   F8 1/400

 

1904097

K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited   F3.2 1/2000

 

1904098

K-5 + smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR   F4 1/800

 

久しぶりに一眼レフを持ち出したけど、やっぱり楽しい。

| | Comments (0)

後楽園

 11月18日 曇り

スキー仲間とのオフ会。
今回は水道橋駅近くのホテルのランチビュッフェから。

水道橋西口で待ち合わせ。
揃ったら駅からほど近いホテル メトロポリタン エドモントへ。

11時半のランチタイム開始のちょっと前に到着して一番乗りで入った。
ローストビーフやピザが名物らしいので、それらを含めてまずは一巡して持ってくる。

さあ90分の宴の始まりだ。

ランチビュッフェ

持ってきた料理を平らげたら2巡目へ。
しかし半分ほど食べたところで腹が苦しくなってきてしまった。
パスタとピラフを取りすぎたのが失敗だったか。

まだ食べたい料理が有ったし、デザートにも手を付けてにも関わらずギブアップ!!
あとはコーヒーをちびちび舐めるだけだった…

ピザも美味かったがローストビーフがなかなか良かった。
塊をシェフがその場で切り分けて提供しており、厚切りながらも柔らかい。
ソースも種類が豊富で飽きが来ない。
これで3千円ちょっとは、なかなかお値打ちのランチビュッフェだった。
 

食後は歩いて腹ごなし。
駅を通り越して小石川後楽園へ。

駅近くの入り口は閉鎖されており、ぐるっと反対側へ回る。
場所柄、外国人が多く日本人と半々位な感じ。

紅葉は始まったばかりで多少色づいた木があるくらい。
モミジが多いので最盛期はかなり見応えがありそうだ。

小石川後楽園

写真を撮りつつ園内をひと周りする。
周囲はビルに囲まれ、傍らには巨大な東京ドーム。
過去と現代が隣り合わせの不思議な空間だった。
 

後楽園を後にして春日局の像に立ち寄ってから文京区役所へ。
ここの25階には無料の展望台があるので行ってみる。

文京区役所

建物は内部が空洞になっており、ガラス張りのエレベーターはその内部を展望出来る。
休日出勤の人々が働くオフィスを見ながら上がっていくとほどなく25階に着いた。

展望台は建物を半周取り囲むような回廊となっており、西~北~東方面が見渡せる。
(南側にはレストランが入っている)
また、ガラスが外側に傾斜しているので室内の明かりが反射することなくクリアに外が見える。
ガラスもきれいに清掃されており、無料にしては破格の待遇と言える。

とりあえず西側の景色から。曇り空なのが残念だ…

西側

左手下には先ほどの小石川後楽園があり、木々の色づき具合が良く分かる。

小石川後楽園・上から

正面には新宿や池袋の高層ビルが思ったよりも近くにある感じだ。
画像の範囲が大体200mm相当になる。

新宿と池袋

東側にはスカイツリーが目立つ。
その右手下には観覧車やジェットコースター。

スカイツリーと遊園地

昔は"後楽園ゆうえんち"と言ったけど、今は何て言うんだろう?

ホールには大きなモニターが有ってここの景色や周辺の見どころが紹介されている。
晴れて視界の良い時には、新宿の高層ビル群の先に富士山が見える。
(現在は飯田橋に高層ビルが建ったため、この画像の左1/3は隠れてしまう)

富士山が見える

今回も期待して来たけど残念ながら曇り空。
冬に都内に出た時にはまた来てみよう。
 

その後はドームシティ内でお茶したのちに解散。
一部の人たちは神田のスキー街まで足を延ばし板などを物色。
そのまま秋葉原まで歩いて帰宅の途についた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

紅葉とか

8月の夏休みはパッとしない天気が続き、どこにも出かけず。
9月は週末になると雨ばかりで出かけず。

さらに9月末から10月中旬まで胃腸炎やらしつこい風邪やらで出かけなかった。

10月下旬になりやっと秋晴れの週末がやってきたので、せめて紅葉でも見に行こうと出かけることにした。
 

 10月21日 快晴

とりあえず赤城山あたりに行ってみようと8時過ぎに家を出る。

伊勢崎のあたりで正面に赤城山。
標高で1000m辺りより上が色づいて見える。

上部道路・伊勢崎付近からの赤城山

渋滞が心配だったがさほど混雑することなく登っていく。
上がるにつれて周囲の木々に色が付き始めていた。

峠を越えて大沼の湖畔をめぐる道路に入る。
最初にある駐車場は、いつもはあまり車が停まっていないのだが今日は満杯。

その先のビジターセンターも路上にまで車が溢れている。
突き当りの鳥居峠も今までからは考えられないほど多くの車が。
満車だったがちょうど出た車があって空いたところに停められた。

とりあえずここで写真を撮ろう。

 
                     【クリックで拡大】
覚満淵
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED
 

                     【クリックで拡大】
紅葉と下界
K-5 + smc PENTAX DA18-135mm F3.5-5.6ED
 

                     【クリックで拡大】
SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC 10mm
K-5 + smc PENTAX DA18-135mm F3.5-5.6ED
 

ひと通り写真を撮ったら移動。
赤城神社に参拝しようかと思ったが、こちらも駐車場いっぱい。
そのまま素通りして北面から山を下りる。


 

北面道路を下りて行くとしゃくなげの湯がある南郷へ出る。
ここからは根利を通ってスキーの帰り道のように帰宅した。
 

   ----------------------------------------------------------
 

次の週末も日曜日は晴れの予報が出た。
せっかくなので何処か行こうかと思っていたところ1本の電話が…

3月の試乗会で早期受注したスキー板が入荷したとの事。
高崎店まで出向くので、帰りに山道を通ってみよう。

 10月28日 晴れ

開店早々に着くように9時前に自宅を出るが、しばらく走ったところでビンディング調整のためのブーツを忘れたことに気が付く。
取りに戻って40km/1時間のロス。

気を取り直して再出発し、昼前には店に到着。
スキー担当のスタッフと裏話など聞きながら商品を受け取る。

NEW SKI

使うのは2ヶ月後か。楽しみだ。

さて帰り道、あまり遠回りにならないルートで山に行こう。
と言うことで西上州の山へ。

高崎から甘楽を抜けて県道46号を南下する。
途中でかなり細い所もあったが、無事に稜線の御荷鉾スーパー林道に合流。

御荷鉾スーパー林道

ちょっと曇ってしまったので鮮やかさがないが、紅葉は見頃に入った感じだった。

林道と車
 

道標
 

車
 

景色や紅葉を楽しみながら山を下りて行き、神流川沿いの国道に合流。
あとは淡々と家路を辿った。

   ----------------------------------------------------------

こんな感じで久しぶりに出歩いた10月であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高原ドライブと、レンズトレード ~ 超広角から魚眼へ ~

中古レンズの販売サイトを見ていた時に、気になっていたレンズが思いのほか安いことに気が付いた。

最近はカメラを触っていなかったが、作例などを見ているうちにみるみる購買意欲が沸き上がる。
トレードする予定のレンズの買い取り価格がそこそこ良くて、1万円ほどの追金で入手出来ることが判ったことで発見から1時間も経たずにポチってしまった。

水曜夜に購入して金曜日に届いた。

smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED
 smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED

発売当時は珍しかった魚眼ズームだ。
本来APS-C用なのだが、14mm以上のズーム範囲ではフルサイズでも使えるようだ。

トレード予定のシグマの10-20mmと並べて置いてみる。

シグマと比較

なりの大きさは一目瞭然。このコンパクトさは持ち運びに有利だ。
前玉は出目金なのでフィルターの装着は出来ない。
ぶつけない様に注意は必要だな。

カメラに付けてみる。

カメラに装着

標準ズームの18-55mmと同じくらいかな。

    ----------------------------------------------------------

 7月14日 晴れ

さっそく撮影しに出かける。天気が良いので山に行こう。
(歩くわけではないのだが…)

車で行ける標高の高いところ…ということで志賀草津道路へ向かう。
連休だが朝早めに出て高速も使わなかったので渋滞に合わずに済んだ。

道中

草津白根山の噴火警戒レベルが上がっているので草津からは上がれず、万座ハイウェイを経由する。
途中の嬬恋牧場で寄り道。景色が良いのでここでテスト撮影。
 

はじめに元々持っていたシグマの方から。
広角端で撮影する。

                     【クリックで拡大】
SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC 10mm
K-5 +SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC   10mm F8 1/250

超広角の特性なのだが、周辺部が引き延ばされたようになり流れも出て解像が悪くなっている。
特に補正はしていないが、このレンズは少し暗めに写るようだ。
 

つづいて魚眼。同じく広角端で。

                     【クリックで拡大】
smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED 10mm
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   10mm F8 1/180

水平線を中心に通るように構図すると歪曲はあまり気にならない。
周辺部までしっかり解像しているのが好印象だ。

魚眼なので水平線を上下にずらすと盛大に歪曲する。
これはこれで面白い。

                     【クリックで拡大】
歪曲
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED
 

一方シグマでは上下にずらしても水平線はまっすぐだ。

シグマの歪曲

これが魚眼と広角の違い。

広角では歪曲を補正するようになっているが、結果として周辺部の像が引き延ばされたようになる。
感覚的に魚眼は首を振って見渡す感じで、広角は正面をみたまま目の端で周辺を見る感じだろうか。
感じ方は人それぞれだけど、自分にはそれがかえって不自然に見えてしまう。
 

今度は望遠端で撮ってみる。
魚眼では17mmだが、広角で写る範囲を合わせると14mm付近となった。

                     【クリックで拡大】
超広角と魚眼
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   17mm F8 1/250
K-5 +SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC   14mm F8 1/250

手前の牧柵や右側の木の並び具合から歪曲しているのが判る。
周辺部は魚眼の方が小さく写り、中心付近は焦点距離相当で17mmと14mmの大きさで写っている。
 

ここでの撮影を終えて車に戻って上を目指す。
万座温泉を抜けて志賀草津道路に合流。
この三叉路から草津の殺生までが通行止めだ。

山田峠で車を停めてまた撮影。
ちょっと高台まで登山道に入ってみる。

             【クリックで拡大】
縦構図
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   10mm F8 1/250

画面に太陽を入れてもわずかにゴーストが出るのみでコントラストの低下は起こらない。
ズームでこの解像と抜けの良さは、ワンランク上のレンズ相当ではないだろうか。
 

                     【クリックで拡大】
志賀草津道路
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   17mm F8 1/250

17mmで撮ると普通の広角レンズで撮ったようだ。
言われなければ魚眼とは気づかない。

ふたたび車に乗り志賀方面へ走らせる。
草津から上がって来られないせいか、交通量は少なく高原のドライブを満喫できる。


 

渋峠の国道最高地点でまた寄り道。

日本国道最高地点
 

眼下に芳ヶ平湿原の見えるところで魚眼っぽく撮ってみる。

                     【クリックで拡大】
国道最高地点のパノラマ
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   10mm F5.6 1/350

左端の木を見るとパープルフリンジが見て取れる。
解像は良いが周辺部で色収差が出やすいようだ。
もっともこれらはソフトウエアの処理で消せるのであまり問題とならないだろう。
 

持って行った他のレンズでも撮ってみる。

                     【クリックで拡大】
芳ヶ平
K-5 + HD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited   F8 1/180

まだ行ったことのない芳ヶ平湿原。
ちょっと陰ってしまったのが残念。
 

                     【クリックで拡大】
草津白根山と本白根山
K-5 + HD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited   F8 1/180

木の無い草津白根山(湯釜)の奥に本白根山。
本白根の左側、黒くなっているのがこの冬に噴火した場所だ。
 

ひと通り写真を撮ったら、さて次はどこへ行こう。
このまま志賀高原に向かうか、戻って万座から降りるか…
考えたすえ、万座から高山村に降りる県道ルートにした。

万座温泉まで来たルートを戻る。
万座ハイウェイへの分岐を直進して県道へ。

長野県に入った先で三叉路を左折して寄り道。
待避所はあるものの、1車線幅の狭い道を数km。

着いた場所は毛無峠

毛無峠

以前、秋に来たことがある。

よくネタにされた群馬県の看板。

この先、群馬県

だいぶん字が薄くなってきたなぁ。
今回は雲がかかっているものの浅間山も見えた。

ここでもひとしきり撮影。

                     【クリックで拡大】
破風山
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited   F8 1/180

破風山。
気分次第で登ろうかとも思っていたが…まぁ今回も撮るだけだな。
 

                     【クリックで拡大】
車
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   10mm F5.6 1/350

少し戻った道端で車を撮ってみた。
間近で撮っても全体がフレームに入る。

景色を堪能したら街に降りる。
つづら折れをどんどん下る。

山の上では20℃台だった気温が30℃を超えてきた。
高山村を抜けて須坂市へ。
コンビニに入って昼飯を買う。
車を降りた途端に熱気がまとわりついた。

昼飯を食べながら今後のルートを検討。
まだ昼なので高速で帰るのはもったいない。
なので菅平から嬬恋を経由して帰ることにした。

再び山道に入り高度を上げていく。
鳥居峠で群馬県に突入。
国道から離れて"パノラマライン"と呼ばれる広域農道に入る。

しばらくして"愛妻の丘"と呼ばれる展望台があった。
妻に愛を叫ぶイベントをやる所だ。

愛妻の丘

イベントの無い今日はパラパラと観光客が来るくらい。
丘に上がってみると浅間山から湯ノ丸山までのパノラマが広がっていた。

                     【クリックで拡大】
丘からの景色
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED
 

時々滑りに行く鹿沢スキー場も見える。

                     【クリックで拡大】
鹿沢スノーエリアを背景に
K-5 + smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR   F2.8 1/1500
 

辺りは広大なキャベツ畑が広がっている。
農道なので時々トラクターが走っていたりもする。

                     【クリックで拡大】
キャベツ畑
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   10mm F5.6 1/500
 

これで今回のビュースポットは終了。
帰りは来た道を逆ルートで戻る。
連休初日だけあって下り方面は渋滞気味であったが、上り方面は意外とスムーズに進んだ。

 本日の走行 357.5km

こうして久しぶりのドライブと撮影が楽しめた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カスタムフェア in 有明

 6月10日

毎年恒例の石井スポーツのカスタムフェアへ。

今年はタイヤやPCの更新でお金が掛かるのでスキー用品は買わないつもりだが情報収集は大切だ。

有明の会場に14時過ぎに到着。

入ってすぐに人気モデルがいくつか展示あり。
高梨沙羅選手の使用スキーやアウディの実車の展示もあった。

入口の展示

休日とあってそこそこ人は多いが、以前の身動きが取れないほどの混雑ではない。
先に来ている友人と連絡を取って合流する。

会場内

そこから取り合えずざっとみて回る。
各社の板を手に取って重さや、あおって硬さなど調べる。

各社の板

そして今回の主目的であるブーツの試し履き。
最近は各社とも軽いブーツが出てきたので、その中から将来の候補を探す。

ブーツを試す

微妙に軽い、からめちゃ軽いまで色々。
ブーツのエリアは皆立ち寄る時間が長いので混雑している。
それでも色々試せて参考になった。

目的を果たしたら適当に見て回る。
なつかしいクナイスルの板を発見。

クナイスル

一時国内では代理店が無くなって販売されていなかったが、また別の代理店が輸入することになったそうだ。
良さそうだけど板単品で10万オーバーは手が出ないな・・・・

今回最も衝撃的だったのは、アークテリクスのTLTビンディング用のブーツ。

アークテリクスのブーツ

軽さもさることながら、足首をフリーにするとまるで長靴のように歩ける。
そしてロックするとしっかりしたスキーブーツに。

相反する機能を両立しているのは驚きだった。

 
夕方になり会場を後にして晩餐会へ向かう。
会場はいつもの通り、マダム・シェンロン有明

今回は飲茶会席のコース。

飲茶会席

前菜から点心まで次々と料理が運ばれてくる。
けっこう腹が膨れてきたところでチャーシュー麺が出てきて止めをさされた感じ。
満腹となってお開きとなった。

スキーシーズンが終わって1ヶ月ぶりに集まれて楽しい時間を過ごした。
今度は来月の恵比寿でまた会いましょう。

                     【クリックで拡大】
マダムシェンロンからの夜景
FUJIFILM XQ1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花見

 4月10日

天気が良くなったので花見へ。

桜のある公園は平日にも関わらず多くの人で賑わっていた。

                     【クリックで拡大】
21mm
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited   F8 1/250 (+0.3) ISO100
 
 

                     【クリックで拡大】
100mm
K-5 + smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR   F4 1/500 ISO100
 
 

                     【クリックで拡大】
70mm
K-5 + smc PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited   F4 1/800 (+0.3) ISO100
 
 

                     【クリックで拡大】
40mm
K-5 + HD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited   F5 1/400 (+0.7) ISO100
 
 
花はそろそろ散り始めで風が吹くと花びらが舞っていた。

文

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Merry Christmas

                                                    
                【クリックで拡大】
FA 50mm F2.8 Macro
 K-5 + Macro-Takumar 50mm 1:4
 

                   【クリックで拡大】
FA 50mm F2.8 Macro
 K-5 + Macro-Takumar 50mm 1:4
 

                   【クリックで拡大】
FA 50mm F2.8 Macro
 K-5 + Macro-Takumar 50mm 1:4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧