のりかえ

Xperia

先月は主回線のドコモが更新月となった。

継続するとどう考えても維持費が高くつくので乗り換える。
auには事情があって行けないのでUQY!mobileか、あるいはMVNOにしようかと思っていた。

ところがソフトバンクで安く維持できる案件が有るのを知り、悩んだ末にそちらを契約。
通販でやり取りに少し時間が掛かったが、無事に端末が送られてきた。

モノはXperia XZ.
2016年11月に発売された一世代前のモデルだ。

かれこれ4年使っていたSH06Eと比べると横はそれほど変わらない感じだが縦がかなり大きくなった。
画面が4.8インチから5.2インチに大きくなったのはうれしい。

比較

フラッグシップモデルだけあってCPUはかなり高性能なものが使われており、操作感はサクサク。
androidでもこれだけ動くようになるんだなぁ、と感心した。

 
さて、ソフトバンクの回線はどうだろうか?

地方都市の郊外にある自宅での結果は・・・・

  ドコモ
docomo
 
 

  ソフトバンク
softbank

同時に試せなかったので一概には言えないが、まぁ同じ程度には使える感じか。
ただ山間部ではドコモの方が強いと言われているので、スキー場でどうなるかな?

 
また端末の方で大きく変わったのはUSB端子がmicro BからType Cになったこと。(ただし接続はUSB 2.0)
つまり現在のケーブル類が使えなくなる・・・

lightningケーブルのように裏表関係なく差せるので、これからの主流になって行くと思われるが、まだmicro Bの機器も健在。
って言うかコレ以外はまだ全部micro Bだ。

自宅や車やカバン等にそれぞれあるケーブルを全部2種類持つのは面倒なので、スマホのストラップに変換アダプタを付けておいた。

変換アダプタ

当面はこれで凌ごう。

microSDカードは価格と性能のバランスから東芝の64GBをチョイス。

東芝

そんなに大容量は要らないかとも思ったが、カメラの性能が良いらしいので・・・・
UHS Speed Class 3で4K動画にも対応。・・・・撮るかな…?

 
XZはもともとandroid 6.0だが7.0にアップデート出来るので早速アップデートを済ます。
画面分割で二つのアプリを表示出来るようになったが、それぞれの表示が小さくなるので使えるのは限定的かなぁ…

使っていたアプリをどんどんダウンロードして、SuicaやLINEの引継ぎも済ませる。
心配だったのがSKI TRACKSの記録が引き継げるかどうか。
最初は前の端末のディレクトリをそっくりコピーしてみたのだが、これは認識しなかった。

そういえば以前アカウントを作ったなと思い出してログインしてみる。

ログイン

するとしっかりバックアップされていたようで、同期して4シーズン分のデータがインポートされた。

インポート

そんな感じで徐々に元の環境に戻しつつある。
端末自体はかなり気に入ったので末永く使えそうだ。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 おまけ

先月は主端末の他に3年前に契約したPHSの更新月でもあった。
もう使っていなかったので解約するつもりだったが、auのGRATINA 4Gにするとほとんど費用を払うことなく維持出来ると分かりこちらも乗り換えた。

GRATINA 4G

初めての"ガラホ"はどんなものかと思っていたが、案外ガラケーと同じ感じだった。
バッテリーも待ち受けだけなら2週間以上もった。

むしろWi-Fiが使えたり、simフリーにすれば他社の回線が使えたりと利便性は良くなっている。
どうやら良い物を手に入れたようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dual USB

先日のWindows回復ドライブ作成用に引き続き、またUSBメモリを買った。

Sandisk Dual USB Drive3.0

Dual USB Drive3.0

テクノハウス東映にて1,380円。
今度のはスマートフォンやタブレットとのデータ受け渡しに便利なやつだ。

今までスマホにUSBメモリを接続するためにはOTGケーブルを使用していたのだが、これは片側にUSBタイプA、反対側にOTG接続のmicro Bが付いていて単体で使用出来る。
スライドレバーを左右に切り替えることで、それぞれのコネクタが利用できる仕組みだ。

スライドで切り替え

調べると各社同じようなものが出ており、USBタイプCやライトニングコネクタが使える物もあるようだ。

利便性は良いけど性能はどうかと測定してみる。

100MB

シーケンシャルのリードで140MB/sオーバー、ライトで40MB/s弱となかなかの数値が出た。

ところがデータ量1GBで測定すると・・・

1000MB

リードは変わらないがライトがぐっと落ちる。

以前、SSDを測定した時も同じようなことが有ったが、キャッシュを使い切ってしまうとこのような事になる・・・らしい。

まぁ1GBを越えるファイルをやり取りすることはあまり無いので実用上の問題はないか。
それにしても便利な物が出てくるものだなぁ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Windows Phone

Windows Phone

auの3G回線用に使用していたIS06が充電の不具合から起動しなくなってしまった。
(と思い込んでいたが電源ボタンを押し間違えるという大ボケだった…)

auの3G端末は一部を除いてICカードロック(L2ロック)が掛かっているので、SIMを違う端末に差し替えても使えない。
手持ちのIS01か安い中古ガラケーをauショップに持ち込んでロッククリアしてもらうことも出来るが、手数料は2160円掛かってしまう。

それならばその程度の費用で入手出来るL2ロックフリー端末を調達しよう・・・と言うことでオークションをチェック。
そして入手したものがこれ。

IS12T

 IS12T

キャリアから発売された端末では国内唯一となる"Windows Phone"だ。

大きさはiPhone 5と同じ位で電話機としては使いやすい大きさ。
iPhoneと比べると厚いがポケットへ入れて邪魔ってほどじゃない。

iPhoneと並べてみた

安く落札出来た要因の画面の傷。
スマートフォンの画面には最初からガラスの上にフィルムが貼ってある機種が多い。
これは「飛散防止フィルム」と呼ばれているもので、ガラスが割れた時に飛び散るのを防ぐ目的のものだ。

傷が有るのはこのフィルムなので剥がしてしまえば綺麗なディスプレイが現れる。
そこに市販のフィルムを貼れば新品同様だ。

飛散防止フィルムを剥がす

さてこのWindows Phone。
使ってみると思いのほか良く出来ている。
ディスプレイは3.7インチと小さいが、タイル表示のインターフェースのお陰か操作がしやすい。

そして特筆すべきはその操作感。
この頃のandroid機は操作に対してどうしても引っかかり感があったものだが、このWindows Phoneはまさに"ヌルサク"。

iPhoneといい勝負ができそう。
これRAM 512MBしか無いんだぜ。(そういえばiPhone 4sも512MBだっけ)

auの3G機で問題となる"パケ漏れ"も、androidやiPhoneよりは安心出来るらしい。
さらにはバッテリーの持ちも良さそう。
満充電から待ち受けで2日経っているが、まだ75%の残量がある。

そんな感じで3G回線の保守機としてはなかなか優秀なこの端末。
持っている人も少なそうで所有欲も満たせることが出来て満足満足。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

mopera U

U-mobileをauに転出したので、タブレットでモバイル通信が出来なくなった。

そこで寝かせていたdocomoのデータSIMで、mopera Uを契約をして運用してみることにした。パケットはスマートフォンとシェアをする。

たしかSPモードよりも高くて500円掛かると思っていたが、シンプルプランと言うものが出来ており、データ通信のみならば200円で使えることが分かった。

渡りに船とMy docomoで契約を済ませる。

SIMを入れて程無くするとショートメッセージを受信。
そこにあるURLにアクセスして登録すると開通した。

早速スピードテスト。

mopera U speed test

上段がmopera Uの結果。なかなかの回線速度が出た。
SPモードよりも混雑していないのか、体感的には上回っているように感じる。
ちなみに下段の結果はU-mobile時のもの。

速いぶんパケットを無駄遣いしそうで危ないな。
パケット契約も状況次第で見直しが必要かも…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

iPhoneが白くなった

以前入手したiPhone 5が…

iPhone5
Cocolog_oekaki_2015_11_14_23_20
White
 
 
 
…というのは冗談でauのiPhone5をオークションで入手したのであった。

前回のTPUケースをそのまま流用。
背面のシルバーが何となくゴールドに見えてゴージャス。

さて、手持ちのauのSIMが2種類ある。

2種類のSIM

左の「9」がVoLTE用のSIMで、右の「6」が従来用のものだ
auではこれらのSIMを使い分けていて、Android機ではそれぞれ互換性が無い。

iPhoneではどうだろうか。

 
SIMを差し替えてみるといきなりアクティベーションの要求が出た。
WiFiで進めてみると、途中で「SIMが無効」と表示されてストップ。

アクティベート出来ず

残念ながらVoLTEのSIMでは使用出来なかった。
調べてみるとiPhone6ではキャリアアップデートをすることでVoLTEが使えるようだ。

元のSIMに差し替えるとアクティベーションされた状態に戻った。
SIMの種類ごとに管理しているようだ。

使用しているチップ自体はVoLTEに対応出来るらしいので、SIMフリーになるとどうなるか興味がそそられるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

VoLTE

文

auのVoLTE回線を契約したので対応する端末を調達。

AQUOS SERIE mini (SHV31)

AQUOS SERIE mini

miniと言っても狭枠デザインで画面サイズは4.5インチある。
なので、それほど小さくはない。少し小さめかな、って程度。
バッテリー容量は少なめだが、満充電から2日使ってまだ半分残っている。

スペックはフラッグシップモデルに比べてあまり遜色ないのだが、これがなぜか安い…
新品の現行機種なのに2万円以下で入手できた。

VoLTEはまだ対応しているMVNOが無いので需要があまり無いのかな?
とりあえず2年は使う予定なので、いい物が安く入手出来て良かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ファブレット

タブレット端末としてNexus7を使っている。

WiFiモデルなので外出先ではスマートフォンのテザリングで使用していた。
まぁ最初はそれで良いと思っていたが段々と面倒くさくなってくる。
いつしかLTEモデルにしておけば良かったと思うようになった。

そんな今日この頃、e-TRENDのダイレクトメールに安いタブレットの案内があった。
通販サイトを見てみると、SIMフリーの8インチモデルもお買い得になっている。
この価格なら…という訳で購入と相成った。

HUAWEI Mediapad M1 LTE

HUAWEI Mediapad M1 LTE

docomoのdtabや、Y!mobileの403HWとほぼ同じ製品だ。

Nexus7と並べてみる。

Nexus7と並べる

7インチと8インチの画面の差は思ったよりも大きい。

解像度がNexus7の1200x1980に対して800x1280
アイコンも大きく、まるでらくらくフォンのような感じ。
でもwebを見るにはこの位の方が見やすかったりする。
液晶の品質に関しては反射が多くNexus7に一歩劣る感じだ。

CPUはクアッドコアで性能が高いらしいが、操作はややもっさり感がある。
RAMが1GBのせいもあるのだろうか。
OSバージョンがAndroid 4.2なのも残念なポイントだ。

ROMも8GBと少ないのでAmazonで32GBのマイクロSDを購入。
この容量のものが千円ちょっとで買えるのだからいい時代だ。

U-mobileのSIMと一緒に入れてみる。
※演出上、SIMは逆に差してます(笑)

microSDとSIMを差す

APN一覧にU-mobileも有ったので設定は難なくクリア。
これで単体で通信出来るようになった。

ところでこのタブレットは"通話"も出来る、所謂"ファブレット"。

通話もできます

6インチのファブレットは結構あるが、8インチは最大サイズに近いだろう。
耳に当てて通話すると冗談のような感じになる。
まぁ実用的にはBluetoothのヘッドセットで使うのが良いのだろうな。

ともあれいい遊び道具が手に入った。
OSのアップグレード、どうしようかな…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

U-mobile

auから乗り換えでU-mobileを契約してみた。

なぜU-mobileかと言えば、特に深い理由もなく他より少し安かったから。
3,500円のキャッシュバックもあり、7ヶ月の維持で実質月額1,000円程度になるからだ。

webで申し込みをして翌日にはMNP完了(auの回線が切れた)。
そしてその2日後にSIMが送られてきた。

U-mobile

ペラペラのガイドとSIMと台紙だけの内容だ。

ドコモの端末に入れてAPNを設定
初めは3Gだったが、しばらく放置しておくとLTEがつながった。

U-mobileの回線品質はあまり良くないとの話も聞くがどうだろう?
取りあえずスピードテスト。何度か試して平均的なものがこちら。

スピードテスト

      左 : U-mobile                右 : ドコモ

ドコモは最近回線が増強されているのかこの位の速度が出ることが多い。
一方、U-mobileはご覧のとおり。

実際に使ってみるとpingの遅さからかレスポンスはあまり良くない。
また、YouTubeのHD動画ではコマ落ちが発生する。

まぁ普通にwebを閲覧するくらいなら問題は無い。

SIMアダプターを介してガラケーにも差してみた。

ガラケーにも差す

特に設定しなくとも通話は問題なし。
APNの設定が出来ないこのガラケーではネットはつながらず。

もっともガラケーならb-mobileの携帯電話SIMの方が安くて無料通話も付いてお得。

auに戻るまでのつなぎなのでまぁ使ってみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

iPhone

今更ではあるがiPhoneを入手した。

iPhone5

当然iPhone6ではなく、オークションで入手したiPhone5である。

最近のスマートフォンはどんどん大型化しているが電話として使うならこのくらいのサイズが丁度いい。
(通話だけならガラケーの方がもっと良いが)

一方、情報端末として見ると老眼にはちょっと小さく感じる。

取りあえず遊んでいたSIMを入れてしばらく使ってみよう。
 

本体には小さな傷がいくつもあったが、Amazonで買った299円のTPUケースを着けたらちょっとオシャレで良い感じになった。

TPUケース

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Lollipop

Lollipop

少し前にNexus5にシステムアップデートの知らせが来ていた。
android 5.0へのアップデートだ。

アプリの対応に不安があったので放置していたが、よくよく考えるとサブ機なので動かないアプリがあっても別に支障はない。
という訳でアップデートしてみることにした。

アップデート中

ダウンロードとインストールで20分くらい掛かった感じ。
再起動を経てandroid 5.0となった。

パッと見はアイコンのデザインがちょっと変わった印象。
操作してみるとデザイン以上にUIが変化していた。

ロック画面で通知機能があったり、通知領域が通知とクイックセッティングの2段階になってたり。
面白いのがタスクの切り替えで、スワイプするとカードがスクロールしていく感じがWindows VistaのAeroのよう。

タスク切り替え

少し使ってみたが以前よりも使いやすくなった感じがする。
バッテリーの持ちが良くなるとか、逆に悪くなったなんて話もあるが果たして…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧