« AQUOS sense4 lite | Main | '21-'22 初滑り 【北海道ツアー】 »

天体撮影モード

Pixel標準カメラアプリの機能で星空を撮影するモードがある。天の川も撮れるほど高性能との話なので試してみた。

近所の開けた場所に行ってスマホ用の簡易三脚にセットする。カメラアプリを開いて「夜景モード」に。動かさずに数秒待つと天体撮影モードとなる。シャッターボタンが月マークから星マークに変わるのが目印だ。

2111280

地方とは言え関東平野部なので条件はあまり良いとは言えず、地平線近くはかなり明るい。時刻は午後9時頃に東の高い空に向けて撮影。撮影開始から終了まで3~4分掛かるので動かさずに待つ。

2111281

それで取れたのがこの写真でリサイズとガンマ値を調整をしてある。想像以上にたくさんの星が写っていて驚いた。肉眼では明るい星がポツポツ見える程度だったので、この1/10も見えていない。右やや上方にある「プレアデス星団(すばる)」を2倍に拡大して向きを変えてみた。

2111283

この中で明るい6個の星が「六連星」で3~4等級の明るさ。それより少し暗いのが5~6等級な事を考えると8等級位までの星が写っているのではないだろうか。

午前0時頃にはオリオン座が高く上がって来たので自宅ベランダで再び撮ってみた。

2111282

肉眼だと暗い星は見えにくいので星座の形がよく分かるのだが、これだけ星が多いと逆に形が分かりにくくなる。山で泊まった時に経験するあれと同じ感じだ。

その中でも目に付く正三角形が冬の大三角形。オリオン座の三つ星の下に縦に並ぶのが小三つ星で、その真ん中でモヤっとしているのがオリオン大星雲だ。

 

この天体撮影モードは15枚の静止画を合成して作成しているそうだが、それを利用して短いがタイムラプスの動画も同時に作成される。それがこちら

 

3~4分ぶんなので短いが、それでも動いているのはよく分かる。長く撮りたければ動画のタイムラプスを使えばいい。今度やってみよう。

それにしてもスマホのカメラの進化は著しい。なかには1インチサイズのセンサーを積んだのもあるし(そのぶん出っ張りはどんどん大きくなっているが…)、今まで弱かった望遠側もペリスコープ型の望遠レンズを搭載したスマホが出てきたことで良くなってきた。ますますコンデジの立場が危うくなってきたと言える。

こうなると消滅するのも時間の問題かなぁ。かつてデジタルカメラがフィルムカメラを駆逐してきたように、これも時代の流れか・・・・

|

« AQUOS sense4 lite | Main | '21-'22 初滑り 【北海道ツアー】 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« AQUOS sense4 lite | Main | '21-'22 初滑り 【北海道ツアー】 »