« June 2021 | Main | August 2021 »

SK5 その後

フォレスターが納車されて1ヶ月が過ぎた。

ようやく自分の車として馴染んできた感じがする。1ヶ月点検も過ぎて感じたことなど、つらつら書いてみる。

現在の走行距離は約1200km。ほぼ通勤と高速を200kmほど走った。納車からの燃費は9.8km/l。BP9に比べると若干良い位。この燃費計が優秀で、給油量と距離から計算したものとほとんど変わらない(BP9は6~7%の誤差が有った)。

2107281

【 走行性能 】

CVT車は初めてだが、最初は低速でのギクシャクっぷりに落胆した。Iモードで走ると動き出してすぐにギヤ比が下がってしまい、十分な加速が得られない。そこで少し踏み込むと今度は回転が上がって一気に加速してしまう。

ある程度、速度が上がればスムーズになるのだが、街中でよく使う低速時がイマイチだった。一方、Sモードにするとスムーズになるが、今度は巡行時の回転数が高くなってしまい燃費が悪くなりそう。

以上が乗り始めの頃の感想だが、最近は低速でもスムーズに走るようになった。CVTの制御に学習機能があるとか聞いたのでそのおかげか、単に人間が慣れただけなのか、いずれにしてもこの不満は現在無くなっている。

動力性能は申し分ない。BP9は回せばそこそこ速かったが、低回転のトルクはあまり無かった。SK5は小径のターボを使用している効果で低回転から厚いトルクを発揮してくれる。高回転がどうかまだわからないが、慣らしも終わったので高速に乗った時にでも全開加速を試してみようと思う。

足回りはフォレスターの他のグレードより固めているそうだが、まだハンドリングを試すまではしていない。今度、根利にでも行ってみよう。街中を走った感じでは、おおむね乗り心地は良いが、時折コツコツと硬さを感じることもある。

 

【 車の装備など 】

購入時に付けたオプションは、ナビ・フロアマット・バイザーなど一般的な物。ナビはETCやドラレコもセットでパナソニックの物にした。

BP9の時もそうだったのだがナビスペースの上段奥に、ステアリングサポートのビームが通っているので奥行きが無く、2DINサイズのナビだと一段下になってしまう。そんな訳で高かったが奮発して上位のナビを付けたのだった。フラットなパネルで傷が付き易そうなので、PDA工房の専用保護フィルムを貼っておいた。

ナビ関連でスピーカーも交換した。当初は自分で換えるつもりだったのだが、ドア内部にエアバッグのセンサーが有るらしく、交換スピーカーのメーカーではDIYを推奨していなかった(自己責任でという話)。中古車なら構わずやってしまうのだが、新車でケチが付くのも嫌なので最初から付けることにした。最近、自分でいじるのが面倒になってきているせいもあるが…。

ナビはパナソニックなのだが、スピーカーはカロッツェリア。リアは純正のままでフロントだけ交換した。

スピーカーはパナソニック・ダイヤトーン(上)・ダイヤトーン(並)・カロッツェリアの4種類から選べた。なぜパナソニックではなくカロッツェリアかと言えば単に安かったのと、他が16cmサイズなのに対してカロッツェリアだけ17cmサイズだったからだ。結果としては大正解で、想像以上の音質で満足感の高い買い物となった。

 

【 車両設定 】

納車前に取扱説明書をダウンロードして見ていたので、事前に販売店でしか行えない設定変更を頼んでおいた。

・方向指示レバー操作時アイドリングストップ非作動および自動解除。 有効→無効

アイドリングストップはOFFにしているのだが、まぁ一応。右折待ちなどでエンジン停まると発進がもたつくかなと思って。

・ワイパー連動ヘッドランプの作動。 作動あり→作動なし

「ライティングスイッチがAUTOの位置でワイパー作動時(約9回)にヘッドランプが自動点灯します」とのことだけど、どんな場面を想定しているのだろう?雨の時にライトが点くようにってことかな?自分でやるからいいです。

さらに1ヶ月点検の時に追加で変更。

・リバース連動チルトダウンドアミラー 作動対象 助手席のみ→両側

これは使ってみて運転席側も下が見えた方が良いと思ったから。

・オートライト感度調整 1(弱)~4(強)  2(標準)→3

オートライトなのだが安全を標榜するスバルとは思えないほど、暗くなっても点灯しない(個体差はあるかもしれない)。周囲の車と比較しても明らかに点灯するのが遅いので感度をひとつ上げてもらった。自分は早めに点ける方なので、もしかするともう一段上げてもらうかも。

 

自分で出来る設定としては以下の変更を実施。

・クルーズコントロール加速レベル スタンダード→コンフォート

高速でACC追従走行している時に、前車が居なくなると結構な勢いで設定速度まで加速していた。もう少し滑らかに加速して欲しいので変更。

・室内灯消灯時間 30秒→10秒

エンジンオフした時の点灯時間だが、これはまた変えるかも。

・車両オートドアロック 車速→OFF

走り出して一定の車速になると自動でドアロックする機能。最初はそのまま乗っていたが、同乗者が居ると降りる時にロック解除しなければならない(大抵忘れてもたつく)のでオフにした。

・方向指示器ワンタッチ機能 ON→OFF

ワンタッチでウインカーが3回点滅だが、もっと長く出したい時もあるのでオフに。

 

【カスタマイズ】

まだ大したことはやっていないし、これからもそんなにいじるつもりはないが・・・・

・ドリンクホルダー

2107282

ドリンクホルダーはセンターコンソールに有るが使いにくいのでエアコン吹き出し口に付けた。車種別のドリンクホルダーを購入。純正パーツのように違和感無く付いて、吹き出し口のルーバーの機能も損なわない優れものだが少々高い(3500円位だった)のが難点。助手席側はどうしようか検討中。

 

・フロアマット

2107283

左が純正品で右が社外品。純正で覆われないフットレストとアクセルペダル周辺もカバーするもの。

純正マットはアクセルペダルとの干渉を恐れてか、そこまで切り取ることないだろうと思えるほどアクセル周辺が大きく欠けている。右足は辛うじて踵が乗る感じだ。

2107284

対して社外品はアクセルペダルに掛る手前まで伸びており、ヒールパッドの位置も適正化されている。後端は純正の留め具で固定出来て、前端はマジックテープが付いていてめくれることも無い。フットレストカバー付きにした理由は、この車のフットレストはアルミ製で高級感があって良いのだが、雨の時など靴底に付いた砂や小石でジャリジャリする感じがイヤだったから。

一番ベーシックなタイプにしたのだが、純正品がコストダウンの影響を感じられる作りになっているのに比べても質感も高い。

 

・レーダー探知機

価格と機能で選んでコムテックのZERO 708LVにした。

2107285

最近のレーザー取締り機に対応しているし、データ更新も無料で行える。OBDⅡケーブルで接続しようかと思っていたが、ケーブルが高い割に見られる情報に魅力を感じなかったので止めた。直接配線の電源ケーブルも購入してあるが、暑さに負けてまだシガーソケットから取っている。

2107286

困ったのは取付け場所で、他の人を見てみるとエアコン吹き出し口の奥に付けている人が多い。その場所は視認性は良いのだが、サイドウインドウへのデフロスターの風を隔ててしまう。ダッシュボード中央はアイサイトの設置禁止エリアになるのでNG。結局インパネ脇に適当なステーを貼り付けて取り付けることにした。

見た目はスマートじゃ無くなったが視認性は極めて良好になった。インパネを挟んで左にマルチファンクションディスプレイ、右にレーダー探知機。探知機には標高やGメーターを表示出来るので、ちょっとコックピット感が出た気がする。

涼しくなったらすでに購入してある「アイドリングストップ・キャンセラー」と合わせて電源の直接配線をしよう。

 

【鬱な話】

前回記事のコーティングを掛けた翌々日。近所を走行中に右側から不吉な音が聞こえた。停めて見てみるとフェンダーとドアに小さな塗装剥がれが・・・・(涙)。飛び石喰らったらしい。そして次の日曜日に高速を走っていたら窓から鋭い音。またも飛び石・・・・(鬱)。

幸いどちらも小さい傷だったが、年に1回有るかどうかの飛び石を1週間で2回喰らうとか(号泣)。車は走れば傷が付くものだけど、もう少し真っ新な気分で居たかった。

タッチアップペイントはディーラーに在庫が無く入荷まで1週間待ち。これも注文時に一緒に頼んでおけば良かったかも。

まぁ道具としての実用性が上がったと言えなくもないかもしれないと思う事にする今日この頃である。

 

| | Comments (2)

コーティング

車を購入するにあたりディーラーオプションに有るのが"コーティング"だ。

ところがこれがなかなかに高い。先の商談の中でも話が出たが、大体7万円弱の費用が掛かってしまう。それなら同程度の費用で施工できる専門店に持って行った方が良いかと思っていた。

何処に出そうかと考えるが、結局無難にキーパーにすることにした。理由は耐久性が1年だが安価なメニューがあること。

気に入らなければ懐の痛みも少ないし、気に入って毎年出しても総額は上位の3年耐久のメニューと変わらない。ノーメンテで3年過ごすよりは、1年毎にリフレッシュした方が良いと思ったからだ。

次に店舗を探すが、近所のショップはガソリンスタンドがやっているもので、コーティング用の屋内ブースは見当たらなかった。さすがに安くない費用を出すので屋外で掛けましたってのは避けたい。

そこでもう少し探すと直営のキーパー・ラボが自宅から1時間弱の所に有ったので、そちらの予約を取ることにした。

 

 7月3日 雨のち曇り

納車から1週間後。梅雨も真っ只中でこの日ももれなく雨になった。

2107031

すこし余裕を持って出かけたら30分ほど早く着いてしまったが、受付を済ませるとすぐに施工に取り掛かってくれた。

3時間位掛かるから代車をどうぞとのことだったが、自宅に戻ると往復2時間だし、他に行くところも無いので店内の待合室で待つことにした。

待合室からはガラスを隔てて施工ブースが見えるが、あまりプレッシャーを掛けるのも良くないので見学は程々にする。

 

スマホをいじりつつ待つこと2時間半で完了。スタッフと一緒に仕上がりを確認する。新車なのでもともとキレイだったが、つやが増した感じがする。

2107032

支払いを済ませて1ヶ月後の洗車・点検チケットと次回利用できる割引券をもらう。幸いに帰り道は雨が上がって路面も乾いてきたので、せっかく綺麗になった車が汚れることは無かった。

地元に戻って公園の駐車場で写真を撮った。

2107033

今後のズボラのため(洗車機に掛けるため)のコーティングであったが、想像よりもツヤツヤで綺麗になったのでちょっとうれしい。

これが謳い文句通り1年持てば御の字だが、果たしてどうなるだろうか。

 

| | Comments (4)

« June 2021 | Main | August 2021 »