« March 2021 | Main | May 2021 »

完食!!

 4月15日 晴れ

パウダー4ぐんまの残りがあと3時間ある。最後は丸沼で使おうと思っていたが、週末は混雑が酷いようだ。せっかくなので存分に滑ろうと休みを取って平日に行くことにした。

8時過ぎに到着。平日でもそこそこ人が居るだろうと思っていたが、拍子抜けする位に空いていて余裕でセンターハウス前に停めることが出来た。

準備をしてゲレンデへ。今日もいい天気だ。

21041501

リフト乗り場はかろうじて雪を付けてあった。降り場の方もまだ滑って降りられるが、もう少しすると板を外して乗るようになるかもしれない。

夜は氷点下まで気温が下がり、まだ低いままなのでゲレンデはカリカリのアイスバーン。板は今回もPOTIONだが、目論見通りの性能を発揮してくれた。レース板ほどの食い付きは無いが、程々の基礎板程度にはグリップしてくれる。

バイオレットとグリーンを交互に滑るがしばらく雪は緩みそうにない感じ。ズレずに切れ上がるポジションを探るにはいいコンディションだ。

21041502

残り時間を確認しつつ滑り、1時間目の最後にゴンドラに乗るため下まで降りる。

21041503

8人乗りのゴンドラは4名乗車に規制されているが、そもそも人が少ないのでひとりで乗ることになった。しばしの空中散歩を楽しむ。シルバーコースの先に見える丸沼は氷が融けて青い湖面を覗かせていた。

21041504

ゲレンデトップに来たらとりあえず写真。毎度飽きずにと我ながら思うが、実際に飽きないから仕方がない。

・武尊山

21041505

・至仏山

21041506

・燧ケ岳

21041507

しばらく展望と撮影を楽しんだら滑る。降りたらゴールドコースに行ってみるが、結局1本しか滑らなかった。なぜならバイオレットとグリーンが空いているのでわざわざ上がる必要性を感じなかったから。

2時間目もバイオレット&グリーンを交互に滑る。この時間になるとアイスバーンの表面が融けて板がしっかり食い付くようになってきた。角付けを深くして切り上げる滑りが楽しい。人が少ないのでコース幅をいっぱいに使って楽しめた。

2時間目の最後もゴンドラで上がり、レストハウスまで滑って昼食にする。

21041508

さて、最後の1時間。雪はすっかり緩んできた。センター90mmのフリーライド板が本領発揮だ。脚の疲れは少し感じるが、それでもコントロールして滑っていける。

ところで4月中旬の丸沼としては雪が少ない。バイオレットはまだ全面に雪が付いているが、薄い所は見た目で30cmくらい。リフト乗り場など削れる所ではうっすら茶色くもなっている。このぶんだとGWの営業はけっこう厳しそうだな・・・・

21041509

残り時間が少なくなったところで下まで降りて最後にゴンドラに乗った。

21041510

太陽が西側に回り、日光白根山も順光できれいに見えている。

21041511

そして麓までクルージングを楽しんで終了。

 本日の滑走 6339m/30本

とうとう6000mを突破した!!

21041512

滑走距離もほぼ40kmに達した。プロファイルが心電図のようで面白い。

シーズン終盤になって脚が出来てきたのか、それともフリーライド板の恩恵か。たぶん両方の影響かな。パウダー4ぐんまも無事に使い切ることが出来て、ノルマ達成ってところか。

今シーズンも終わりが見えてきたけど、あと数日滑りたいなぁ・・・・

21041513

 

| | Comments (0)

川場

 4月11日 晴れ

W氏・K氏と滑りに行く。前日の土曜日にライブカメラを見て、たんばらが混雑していたので今回は川場へ行くことにした。自分としてはパウダー4ぐんまの残り時間を消費出来るのでちょうどいい。

5:30に集合して出発。川場は(たんばらもだが)近いのと、日曜日で道も空いているだろうと国道17号で向かう。

読み通りスムーズに走り7:45に川場の立体駐車場に到着した。3Fに誘導される。

支度を終えてゲレンデに出るためにエレベーターホールに向かう。ところがボタンを押しても反応は無く、いつまで経ってもエレベーターはやってこない。やがて「エレベーターがトラブルのため・・・・」と放送が入る。

マジか、こんな罠があったとは・・・・

仕方なく7Fまで階段を上がった。そして到着と同時にエレベーター復活!!

W・K両氏はチケット購入に並ぶ。カワバシティという名のセンターハウスは暖房が効きすぎて、準備運動済みの我々には暑すぎた。

意外と時間が掛かったチケット購入から両氏が戻ってきたらゲレンデへ。先週と違って良く晴れている。夜は降雪機を回せるほど冷えたようで人工雪が積もっている所もある。

リフトに並びながら見ると8割近くがボード。川場は地形が面白いとボーダーに人気があるという話だ。

2104101

リフトで上がって行くと無名峰や高手スカイラインが見えるが、急斜面の雪はもう融けており滑れるのはメインの谷を通るコース+α。

下りたらそのままゲレンデトップに向かうリフトに乗り継ぐ。

長いフード付きクワッドが尾根を越えると、正面から右手に武尊山の展望が広がる。

2104102

2104103

川場は登山のためにリフトを利用する人が多い。ゲレンデトップが1860mほどあるので、標高2158mの武尊山に登るには最もお手軽と言えよう。

もっとも厳冬期は危険であるし夏は営業していないので、この時期だけの特権である。

南側は赤城山や皇海山など。展望という面ではたんばらの方が開けているかな。

2104104

景色を楽しんだら滑り始める。雪は凍ったザラメが融け始めたところでエッジはしっかり掛かる。先週のように雪が汚れていないので板も良く走った。

このリフトで繰り返すのも良いが、トップからボトムまで滑ってみようと行ってみる。これで標高差600m弱を滑った。

下のリフトに乗り、上のリフトへ乗り継ごうとしたが見えてきたのは長蛇の列。

2104105

しかもゲレンデ上方へ伸びているので、並ぶには登らなくてはならない。下まで下りたのは失敗だったか・・・・

みんな最初はゲレンデトップを目指すので初動で混んでいるのだと期待してもう一度下まで降りてみる。しかし次に上がって来た時も変わらず、というかさらに列が伸びた感じがする。

試しに勢いをつけて行ってみると、そこそこ滑って行けたので諦めて登り列に並んだ。リフト待ちは15分位あった。

2本並んでリフトに乗ったが、3本目に並ぶと時間券の3時間目に突入する恐れが出てきた。昼休みの時間を考えるとここで3時間目に入るのは勿体ないので、下に降りて上り返したところで昼食にすることにした。

予定通り2時間終了で中腹のレストハウスに入る。誤算だったのはメインのレストランは営業終了だったこと。パウダー4のサービスドリンクは使い損ねた。

1時間半ほどゆっくり休んで午後の部。上のリフトを3本回す位か。リフト待ちは誘導ロープが張られて折り返すようになっていた。登らずに済んでホッとする。

午後の1本目は午前中に行かなかったコブ斜面に行ってみよう。

2104106

おおむね2本のラインがあった。油断すると地面が見えている所もあるので、無心に滑る訳にもいかない。1本でごちそうさま。

あとはメインのコースを滑り、最後に麓まで滑って上がり。そういえば午後になったら汚れた雪が出てきて、板掴みもあちこちに潜んでいた。

 本日の滑走 3001m/10本

本数の割には標高差は多かった。帰りは高速でサクッと帰宅。

パウダー4の残り時間は3時間。あと1回は丸沼に行くとして、あと何回滑りに行けるだろう・・・・

2104107

| | Comments (2)

濃霧

 4月3日 霧一時雨

W氏とたんばらへ。前日までは晴れて暖かくなる予報であったが、道中の高速ではどんよりとした曇り空で時折霧雨も降っていた。

山に上がれば雲の上に出るかと期待したがそんなこともなく、スキー場に着いても変わらず曇り空だった。日差しが無いので少し肌寒く感じる。

2104031

たんばらはスキーセンターの前が大駐車場でゲレンデへのアクセスがすこぶる良い。スキーセンター内も上り下りの移動が無く、歩きにくいブーツと重い荷物のスキーヤーにとってはありがたい。

今回も前回のかぐらに引き続きPOTIONを使う。

2104032

雪は重めのザラメ。なんだか氷の粒が大きいような印象だ。そしてかなり汚れている。先日の黄砂が影響したのだろうか。

1日1回しか乗らない第1リフトから、メインで回す高速リフトに乗り継ぐ。ゲレンデを見ると上部は雲の中だ。

2104033

雪はやっぱり滑らない(ホットワックスを塗りっぱなし、というのもあるが)。"板掴み"のように時折ブレーキが掛かるのではなく、満遍なく滑らない感じだ。それでも斜度のある所ではカービングを楽しめた。

2本センターコースを楽しんだらトライアルコースに向かう。

ここは数本のラインコブが出来るコースだが今日は浅いコブしか無く、またコブの底に地面が見えているところもあった。

1本で終えて隣のレイクウッドコースへ。こちらは滑る人が少なくフラットな状態を保っているが、雪が特に汚れていた。黄砂と落ち葉と小枝のミックスだ。

次はリフトに向かって右側のコースに行ってみるが、ガスはますます濃くなり霧雨も降ってきた。気温も低下して寒くなってくる。今日は完全に春用の支度で来てしまったが失敗だった。

2104034

もう2本滑ったところで気持ちが萎えてしまい、まだ10時だったがレストハウスに入って休憩にする。

身体が冷えてしまったので、早いが昼食にしてしまおう。味噌ラーメンを食べてようやく人心地つく。

外を見るとゲレンデの下までガスが降りてきて雨もそこそこ降っているようだ。とりあえず天気が好転するまでは滑る気がしないので休憩を継続。

2104035

一時は30m先のリフト乗り場が見えなくなるほどガスが濃くなったが、昼を過ぎると次第にクリアになってきた。結局2時間半ほど休憩してからゲレンデに戻った。

センターコースの端には長いコブのラインが作られている。午前中はショートポールが刺してありガイドにしてあった。以前も滑ったことがあるが、自然に出来たものではなく人工コブだったのか。

長いので3回に区切って2本滑った。POTIONは軽いのでコブでも割と滑りやすい。

レイクウッドコースに行った後、最後にセンターコース経由でノンストップで麓まで滑って上がり。

2104036

 本日の滑走 2595m/10本

今シーズンは3月の高温続きのせいで雪解けが2~3週間早い感じがする。4月上旬でこれだけ雪が少ないと、GWは果たして滑れるのだろうかと心配になる。新型コロナの感染爆発も心配だけど、どうなるかなぁ・・・・

| | Comments (0)

« March 2021 | Main | May 2021 »