« 記録更新 | Main | 濃霧 »

行列

 3月20日 晴れのち曇り

W氏とかぐらへ。いつも通りの時間に出発するが関越道の車は多く、駒寄付近では渋滞も出来ていた。とはいえあまり時間のロスは無く、田代の駐車場に8時到着。駐車場の入りは半分弱といったところ。

2103201

今日も晴れて暖かい。しかし天気は下り坂で午後は雲が広がってくる予報だ。

支度を済ませてロープウェイへ。乗車人数を減らしているようで1便待つことになった。改札では検温を実施しており、乗車中は喋らないように案内をされる。実際に少しでも話し声がするとすかさずマイクで注意されていた。

山頂駅に着いて外に出たら、とりあえず写真を撮る。

2103202

快晴といっていい天気だが南寄りの風が吹いており、群馬県側は雲で覆われている。県境の谷川連峰で雲が堰き止められている感じだ。

雪は凍ったザラメが日差しで融け始めた感じ。今日の板はPOTIONを持ってきた。ハイシーズンに2日乗ったが、ザラメの時期では初めてだ。滑ってみるとアイスバーンでもしっかりエッジが効いたのでまずはひと安心。

田代第1高速リフトまで行き、とりあえず緩斜面で2本足慣らしする。柔らかいザラメでは目論見通りよいターン性能を発揮。基礎板では詰まってしまいそうなコンディションでも抜けが良く、板が走って気持ちいい。

続いてもうひとつ奥のダイナミックコースへ。田代湖が正面に見えて開放的な景色。

2103203

春にはリフト沿いにコブが出来るがまだ掘れていなかった。ただピステンは入らずに固まっている感じで少し凸凹しており、スピードを出して突っ込んだらハネられて暴走しそうになった・・・

ここも2本滑り、いよいよかぐらに向かう。第8リフトに乗って連絡コースへ。

2103204

かぐらのパノラマコース下までは今まで何度も通ったコース。従来はここから第4リフトに乗ってメインゲレンデに上がったが、昨シーズンにジャイアントコース下部につながるように連絡コースが延長された。

第4リフトを動かさなくても動線が確保されることになり、経費削減につながるのだろう。ただ滑ってみた感じは狭いうえ少し斜度があるので、初心者には厳しいかもしれない。

ジャイアントに合流してかぐら第1高速に向かう。すると見たことのない細長いリフト待ちの列になっている。案内掲示は見なかったが、扇型に並ぶのは密になるので2列くらいに並ぶようにしたようだ。

扇型だと何処に並んだら早いかなどと余計な事を考えるが、こちらは先に並んだ者が先に乗るとシンプルなのが良い。ただ人数が増えると列が長く伸びるのであとで苦労することになったが・・・・

リフトから見るテクニカルコースには普段びっしりあるコブが無い。どうしたんだろう?

2103205

リフトを下りたらメインゲレンデへ。緩斜面を抜けて落ち込みの手前で感じる違和感。いつも休日には大勢の人が滑っているメインゲレンデに人が居ない。

2103206

そのためか、いつも昼にはコブだらけになるこの斜面もまだきれいなままだ。

コース下部にはコブのラインが作られていたので入ってみる。一番端の浅いラインだったが、POTIONでも難なく滑れた。軽いので扱いやすいが、深いコブだとトップの幅がどう感じるかな。

次は第1高速~第5とつないでスキー場トップに行った。コース脇の展望の良い所から写真を撮る。

2103207

南の雲が次第に詰め寄ってきている感じがする。コースに戻りリフト北側の斜面へ。林を抜けて開けた所でまた写真。

2103208

これを下りたら、みつまたまで下って昼食にしようかとゴンドラコースへ。これが失敗だったことを後に思い知ることになる。

ゴンドラコース自体は、まだ滑る雪という事もあり苦も無かった。ところがゴンドラ乗り場まで下りてびっくり長蛇の列!!

まだ昼前だったので、これからかぐらに向かう人たちだろうか。昼食の間に列が短くなることを願ってみつまたに下りた。

みつまたのレストハウスでも席は空いていたものの、注文待ちの行列が結構長かった。しかも微妙に品数が少なく、料金がインターナショナルな感じ。

あまりくつろぐ感じでもなく、食べ終わってちょっとしたら出ることにした。

昼も過ぎたので田代に戻ることにする。ゴンドラ待ちは解消しただろうか・・・・。乗り場に着いてみると列は短くなったものの解消とはいかなかった。20分ほど待って乗車する。6人乗りだが、グループ以外の乗り合わせをしていない感じだったので待ち時間が長くなったのかもしれない。

2103209

そしてかぐら第1高速の乗り場をみてまた唖然。ジャイアント方面に長く列が伸びている。ゴンドラ山頂駅から滑り込むだけでは最後尾までたどり着けず登る羽目になった。ここでも15分くらい待つ。

リフトを降りると14時近くまでなっていた。みつまたを出てから1時間以上経っている。最後に第5リフトに乗ってから田代方面へ。このころから雲がかかり始め山頂部はガスに覆われてきた。

行列はまだ続く。田代第1高速でも、リフト乗り場横にあるレストハウスの裏まで列は伸びていた。ここでも10分ちょっと待つことになった。

リフトを下りたらロープウェイに向けて今日最後の滑走。空はいよいよ暗くなり、霧雨が降り出した。風も強くなって寒くなりウエアのベンチレーションを閉める。ロープウェイ駅に上がる最後のリフトがどうなっているかと戦々恐々だったが、こちらは幸い待ち人は少なかった。

そうして田代ロープウェイに着いたのが14:40。レストハウスを出てから2時間が経過していた。

 本日の滑走 4189m/18本

あんまりがっつり滑った気はしなかったが、意外と標高差は多かった。

ロープウェイ待ちの列はそんなに長く無かったが、最初の便では乗り切れずに1便待つことになった。ちらっと耳に入った話では70名に制限しているとか。定員101名なので7割か。そして15時ちょうどの便で麓に下りた。日帰りでこんな時間までスキー場に居るのは久しぶりだ。

帰り道、関越道は事故渋滞で大変だったようだが、自分たちはその手前で降りて影響無し。18時過ぎに自宅に着き、精算をしてW氏を見送った。

昨年は早仕舞いしたので2年ぶりのかぐらだったが、この混雑を見ると他のスキー場が閉まる4月以降は行く気が引けるなぁ・・・・

|

« 記録更新 | Main | 濃霧 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 記録更新 | Main | 濃霧 »