« January 2021 | Main | March 2021 »

続・快晴無風

今回は夜勤明けなので日曜日に滑りに行く。先週同行したK氏に加え、W氏も一緒に行くことになった。

土曜日は朝まで雪が降っていたが、日曜日は晴れて気温が上がりそうなので標高の高い丸沼に行くことにした。

 

 2月28日 快晴

5時半に集合して、根利を経由し丸沼へ。道路に雪は無く、根利で遅い車に引っ掛かったが8時過ぎには到着した。第1駐車場の6列目位に停められたのでまずまずだ。

車から出ると気温は低いが風が無く暖かく感じる。ミドラーをどうしようか迷うが、上に行くと寒いかと思いダウンを着て行った。

自分は"パウダー4ぐんま"を使うのでセンターハウスを抜けてそのままゲレンデに出ると、いや~暖かい。失敗したかもと後悔するが、車に戻るのも大変なのでこのまま行こう。先週に引き続き快晴無風である。

今回の板はPINNACLEを持ってきた。

2102281

雪は締まっているのでこの板向きではないが、年末以来使っていないのでたまには乗らないと。

中央ペアリフトまで登るのが億劫なので第1ペアに降りてリフトに乗った。そこから第5高速に乗り継ぎバイオレットコースへ。

2102282

向かって右側のコースは、今日はポール専用になっているようだ。このレイアウトだと一般のコースと交錯しないので安全だ。

とりあえずバイオレットとグリーンを交互に回す。雪は程よく締まっており、小さい雪玉はあるもののエッジは抜けることなく良く効いた。

PINNACLEはスピードが出るとバタついてくるが、上手く乗れるとピタリと安定することもある。ポイントを探りながら乗るが、なかなか百発百中とはいかない。

2102283

それぞれ2本ずつ滑ったのち、第3リフトでローズコースに上がってみる。昔はここからもう1本リフトを乗り継いでゲレンデトップまで行けたのだが、今はもう撤去されてしまった。

壁に登ったりしながらローズを降りて、ゴールドコースに向かう。日陰を選んで滑るとまだ雪質は良かった。

ゴールドを2本滑ったら下まで降りて、まだ滑っていないイエローコースへ。ところがここに掛る中央ペアリフトが思いのほか混んでいた。もちろんゴンドラ待ちの列は言うに及ばず。

当初はイエローを数本滑って時間券2時間目の終わりにゴンドラに乗ろうと思っていたが当てが外れた。

そこで作戦を変更。次は第1ペアに乗りそのままレストハウスに滑り込んで昼食にしよう。12時位に食べ終わって出ればゴンドラも昼時で少しは空いているかもしれない。3時間目の1本目に乗れば、待ち時間で時間券を消費することも無い。

そんな感じで同行者の同意も得て"とんふぁん"へ。

まだ11時前なので空いているが、12時頃に出る時になっても満席とはならなかった。外に出るといよいよ暖かく雪も少し腐ってきたようだ。

2102284

予定通りゴンドラ乗り場に滑り込む。今回は予想が当たって先ほどよりも待ち時間は減っていた。乗り場に着くと、グループ以外は3人までに乗車制限をしていた。このためゴンドラ待ちが長くなっていたようだ。

2102285

10分の空中散歩を楽しんで山頂駅に到着。

たまには日光白根山をアップで。

2102286

つづいて展望デッキに上がって景色を楽しむ。

2102287

展望を満喫したら滑り始める。いつもとは違うルートを滑ってみようと行ったら・・・・

シルバーコースに出てしまった。しかも逃げ道無し。

2102288

コブにはあまり入らずに、日陰の柔らかい所を滑って降りた。

そのままコバルトコースを滑ったら意外と気持ちよかったのでリピート。これで脚も気持ちも満足したので麓まで滑って上がりとした。

 本日の滑走 2435m/15本

帰り道も順調で17時には地元に着いて解散となった。2週続けて良い休日であった。

| | Comments (0)

快晴無風

珍しく土曜日が休みになったのでK氏を誘ってかたしなへ。Y氏一家からもかたしなに行くとの連絡があったので現地で合流することにした。

金曜日の朝までが冬型で、その後は晴れて気温が上昇。なので道路の雪は融けていると思ったが、根利の日陰にはうっすら雪が残っていた。

スキー場には7:50に到着。第1駐車場の半分くらいの位置に停めた。準備のために外に出ると暖かい。

気温は-5℃と低いが、風が無くて日差しがあるのでそう感じるのだろう。今日はこれからどんどん気温が上がる予想だ。

ゲレンデに出ると思いのほか雪質が良かった。前日は雪が緩むまでは暖かくならなかったようだ。うれしい誤算である。

2102201

雲一つない快晴に良い雪質。久しぶりのスキーとなるK氏にとってはベストコンディションと言えるだろう。かえでの端にあるコブコースはピステンが入りリセットされていた。

2102202

とりあえずかえでで大回りを楽しむ。ピステンの跡が無くなったらまだ状態のいいくちなしコースへ。

2102203

3本目を滑り終えたところでY氏一家と合流。皆でもう3本かえでで回す。

その後、裏山へということで茶色のリフトに乗ってちぐさコースから。ゲレンデ上部からは日光白根山もくっきり見える。

日なたの雪は緩み始めてきたが、日陰のちぐさコースは雪質が良く、コース脇の新雪も楽しめた。

2102204

たかねはポール貸切りで滑れないのでとなりのつつじへ。長い青のリフトで上り返す。

2102205

つつじを降りたところで11時を回ったので昼食に玄さんへ。鹿肉は前回食べたので、今日はカツカレーにする。

食後にまったりしているうちに眠くなり居眠り。いつもよりゆっくりの休憩となった。

食後に外に出ると、もう春の陽気だ。

2102206

この時間になると雪は片栗粉からザラメになりつつある。所々に板掴みも出てきた。

かえでを1本滑ったのち、まだ滑っていないもくせいコースへ。

日当たりの良い所は悪雪、日陰はアイスバーンっぽい感じ。降りたところで13時を回ったので、K氏と自分は先に上がることにする。

 本日の滑走 2430m/12本

帰り道は順調で17時には帰宅した。

そろそろ春の足音が聞こえる時期となった。あと何回パウダーを楽しめるかな・・・・

2102207

| | Comments (0)

JACKPOT

 2月5日 曇りのち晴れ

休暇中の平日スキー2回目。前日の午後から一時的に冬型となり山沿いでは雪となった。ということでパウダー狙いで水上方面を考える。

朝起きた時にアメダスのデータを確認。藤原では降り始めから40cm積雪が増えていた。これは良いかも!!

いつもなら宝台樹に行くのだが、今年の平日はパウダーを狙える第7リフトと第1リフトが動いていない。これだと行ってもなぁ・・・・

そこで宝台樹より奥にある水上高原に行くことにした。ファミリー向けのスキー場なので、いくつかある急斜面はあまり人が入らず競争率が低いとの噂を聞いていたのだ。

平日の早朝はトラックが多いので、今回は高速でアプローチする。雪による規制は新潟側だけだったので、渋滞もなくスムーズだった。

水上I.C.を降りて国道に入ると今日は融雪水が出ていた。国道を右折し県道に入り、しばらくして民家が無くなる辺りから雪道となった。

前後に車は無く、自分のペースでスノードライブを楽しんで行く。宝台樹の分岐からそこそこ走って到着。

平日の今日はホテル前に停められるが、休日は日帰りスキーセンターの方へ停めるようになる。ここには30年位前に一度来ているのだがあまり覚えてないなぁ。

2102051

以前から停まっていたと思われる車の上には30cmほどの雪が積もっている。日帰りと思われる人はポツリポツリと居るくらい。やっぱり人が少ない。

リフト運行は8:30からなので、しばらく車で待機。頃合いを見計らって準備してゲレンデへ。リフト券はもちろん午前券だ。

今日は前回の反省を踏まえて板はPINNACLEINFLUENCEの2本持ってきた。パウダーがあるだろうからまずはINFLUENCEで行こう。先シーズンは使う機会が無かったので2年ぶりだ。

2102052

パウダーが有るコースのリフトはまだ準備中なので、クワッドで回す緩斜面で足慣らし。雪が良いのでINFLUENCEでもカービングが決まる。

平日とはいえほとんど滑っている人に会わず、不思議な静寂感がある。5本足慣らしをしたところで第1リフトが運行開始。自分の前には6人居るので7番目だ。

2102053

リフトに乗りながら斜面を観察。薄っすらうねりが見えるので下はコブなのだろう。

リフトを降りたらコースへ一目散。準備の要るボーダーをパスしてパウダーの斜面に飛び込んだ。

トレースは1本だけだったので自分が2番目か。上部は埋まっているコブで煽られたが、少し下るとスムーズになった。スピードを上げて浮遊感を楽しむ。

2本目のリフトを上がるときに見てみるとトレースは8本。この人数で回すならしばらく楽しめそうだ。

2102054

コース取りを変えながら踏まれていないところを探して滑る。正面には宝台樹のコースが見えている。その手前はゴルフ場か。

2102055

人も少し増えてきて5本目になると脚が持たなくなったので一旦緩斜面に降りる。クワッドで上り返すと、朝はクローズになっていた"ももんがコース"が開いていた。ここもパウダーが残っているので喰いに行く。

2102056

滑ってみると所々に硬い所が有って難しい。そして吹き溜まっているところは今日一番深かった。ここも繰り返し5本滑った。

パウダーだけでも10本滑り(緩斜面のコース脇なんかも頂いた)いいかげん脚が動かなくなってきたので11時過ぎだがもう上がることにする。ホテル前まで滑って終了。

2102057

 本日の滑走 4145m/20本

着替えてスキー場を出たのは11:40。この時間なら高速を使うまでもない。案外下道は順調で14:30には地元に帰還した。洗車をして15時過ぎに帰宅。

前回の岩鞍は予想が外れて残念な感じだったが、今回はすべて思い通りになった。やっぱりパウダーは楽しいね~

2102058

| | Comments (2)

選択ミス

勤務先の制度で勤続10年ごとに1週間の休暇を貰える。北海道スキーに行こうかと2月1週目に申請をしてあったのだが、このコロナ禍である。

予約をしようとした頃にGOTOキャンペーンが中止になったり、北海道でクラスターが発生したりでどうしようかと迷っているうちに年が明け緊急事態宣言。

そんな訳で何の予定もないまま休暇に突入してしまった。どこにも行かないのは勿体ないので近場で滑りに行こうと考える。

大雪ならパウダー、晴れれば景色とカービングを楽しもうと白馬方面に1泊か2泊と思ったが、どうも天気がどっちつかず。景色は望めないけど深雪を楽しめそうにもない。

それなら日帰りで何回か行けばいいやと、どんどん予定がショボくなっていった・・・・

 

 2月3日 雪

そんな休暇の平日スキーの1回目は岩鞍に行くことにした。久しぶりにロングの板を持ち出してカービングを楽しもう。

前日は低気圧の通過で気温が上がり、ベースでは雨、上部は雪になった。その後一時的に冬型となるがすぐに緩んで晴れてくると予想していた。

ところが老神温泉の辺りから雪が降り始めた。行く先の山も煙って見えない。スキー場に着くころにはうっすら積もり始めていた。

2102031

持ってきたのはi.SPEED1本。こんなことならPINNACLEも持ってきておくべきだった。

ゲレンデはアイスバーンの上に新雪が5cmほど。まだ雪は降り止む気配はない。

2102032

リフトを乗り継いでとりあえず女子国体コースへ。

雪はサラサラで足場にならず、下はアイスバーン。まるでエッジの丸まった板で滑っているような感じでとても大回りで飛ばすような状況ではない。うっかり板を横にすると吹き溜まりに足をとられてハイサイドに転びそうになる。

女子国は1本でやめてチャンピオンコースへ。こちらの方がちょっとマシだがまぁ似たり寄ったり。下部の壁でようやく大回りをやってみるがイマイチ快感度は低い。

いつもは楽しく飛ばせるななかまどコースに行ってみる。ゴンドラが強風で動いていないので西山のリフトを2本乗り継がなければならない。

2102033

行って唖然、まるで新雪のコースのようだ。西山エリアは前日も雪が緩まなかったようで下地の雪もエッジは効くが、こうもモサモサでは飛ばすことは出来ない。

吹き溜まっているところでは20cm位の新雪があるので、そこを狙って大きめの小回りで降りて行く。これPINNACLEだったらかなり楽しいだろうなぁ・・・・

持って来る板を間違ったか、行くスキー場を間違ったか、それとも行く日を間違ったか。

奥のとちの木コースも行ってみるが、ゴーグルが曇ってしまいほとんど足の感覚を頼りに滑る感じになってしまった。

リフトに乗っている間にゴーグルを拭いていると、スルっと何か抜ける感触。手元を見るとストックが1本。振り返って見ると雪面に残るストックの跡。

 

  落とした  ぁ  ぁ  ぁ  ぁ  ぁ  ぁ

 

2102034

支柱の本数を数えて場所を確認し、リフトを降りたところで取りに行っていいか聞いてみると、パトロールを呼ぶから待っててと制止された。

仕方なくリフト沿いの緩斜面を回して回収してくれるのを待つ。やがてリフト下にパトロールが入っているのが見え無事回収。スタッフにお礼を言って上部に移動する。

スキーを始めて数十年、初めてパトロールのお世話になってしまった・・・・

スキー場トップから女子国体コースを滑って中腹のレストハウスへ。最後の方はもう脚がパンパン。

少し前からつま先が"冷たい"から"痛い"になっており凍傷になったかと思ったが、ブーツを緩めてしばらくしたら回復した。とりあえず暖かい飲み物とポテトフライで休憩する。

30分ほど休んでからベースまで下りる。見るとゴンドラの運行が開始されたようだ。

2102035

ゴンドラステーション前でどうするか考える。脚はもう結構疲れている。このコンディションだとロングの板はあまり楽しくない。しかし貴重な平日スキーなので、これで帰るのは勿体ない・・・・。5分ほど考えてゴンドラに乗ることにした。パウダー4ぐんまをもう1時間使うことにする。

急斜面を滑る気力も体力も無いので、ミルキーウェイへ。大回りで板をとられないよう縦に縦に滑っていく。

2102036

ノンストップはもう無理で、途中で1回休んで麓まで。その後は3時間目終了までロマンスコースをぐるぐる回す。どうやったら緩斜面でも角付けを深く出来るかいろいろ試してみた。

そして3時間が終了し、駐車場まで滑って上がり。

 本日の滑走 4303m/17本

踏んだり蹴ったりだった割には結構滑った。帰り道コンビニで昼飯を買い割とスムーズに帰宅。

休暇も半分が過ぎてしまった。あと1日、平日スキーに行こうかな・・・・

 

| | Comments (0)

« January 2021 | Main | March 2021 »