« 【悲報】春到来 | Main | 前売り券の消化とSki Tracks問題その後 »

さらに機種変更

2002160

昨年11月にXperia XZからOPPO Reno Aに機種変更した。

いくらか設定は必要だったものの、デスプレイも写真も綺麗で動作も軽快。バッテリーの持ちもそこそこ良く、非常に満足感の高い端末であった。

…であったのだが、スキーシーズンが始まると問題が発生した。

それはGPSログがうまく取れないこと。スキーの記録にSki Tracksを使っているが、これがまともに取れない。

別に取れなくても困る訳ではないのだが、これも趣味の一環なので出来れば記録したい。いろいろ設定をいじったり、悪さをしていそうなアプリを無効化したりしたのだが根本的解決には至らなかった。

細やかな不満も出てきて、買い替えも頭にちらついてきた2月上旬。ふとGoogleストアを見てみるとPixel 3 XLが45,000円と大幅値引きになっている!!

この端末は欲しかったけど高くて手が出せないと思っていたもの。渡りに船と即決でポチった。クレジットカードのキャンペーンと合わせてかなり安く購入することが出来た。

この特別セールは2月1日から始まったのだが、当初は128GBも同じ価格で売っていたらしい。128GBと64GBが同じ価格なら当然128を買うわけで、自分が見たときには残念ながら128GBは売り切れだった。

ポチってからも在庫が復活しないか見ていたが、そう甘くはなかった。まぁ64GBあれば自分には十分だと理性的に考えることにする。

購入から5日で商品到着。

2002161

箱のサイズの割にはずっしりと重い。正座して開封の議を執り行う。

2002162

付属品は結構多い。USB-C端子のイヤホンにSIMピンなどの入った冊子のほか、USB-C―USB-C のケーブル、USB A―C アダプター、USB-C―Φ3.5イヤホンジャックアダプター、USB PD対応の充電器。

本体の保護フィルムにマークがあるが、Fericaポートは指紋センサーの所にあるようだ。

フィルムをはがしてご対面。

2002163

背面もガラスになっており、カメラのある上部は光沢のあるガラスで、その下はマットな質感のすりガラスのようになっている。なかなか質感は高い。

2002164

SIMトレーは下部、USB端子の横にある。下に有る端末は初めて見た。トレーに何か書いてあるので拡大してみると、Google本社の住所が書いてあった。

満足するまで眺めたら移行開始。

SIMを移して電源を入れると自動的に日本語が選択された。その後、画面の指示に従って旧端末とUSBケーブルで接続する。

2002165

Reno Aの方にもデータ移行の手順が表示された。Pixelの方では移行するデータを選択する。自分の場合、画像や動画のデータ量は大したことないのですべて移行することにした。ほら、64GBで足りるじゃん。

2002166

"コピー"をタップすると5分ほどでデータ移行が完了。すべての初期設定が終わるとホーム画面が表示された。

2002167

検索バーは画面下部に表示されており、これは移動出来ない。

この後、アプリの更新が一斉に入ったのでしばらく放置。その間にガラスフィルムを貼ったりケースを付けたり。

終わったらSuicaやLINEなどの移行手続きを済ませ、ショートカットを好みに配置する。それぞれのアプリの動作を検証(全部ではないが)して移行作業が終了した。

2002168

Reno Aと比べるとやや太った感じで、重さも若干増えた印象。

Google Pixel 3 XL : 158.0x76.7x7.9mm 184g

OPPO Reno A      : 158.4x75.4x7.8mm 169.5g

顔認証は無いが、指紋認証はReno Aの画面内に比べると圧倒的に早い。

ノッチの幅が広いので通知領域がやや狭いかな。通知が多いとアイコンが隠れてしまったりする。

まだ使い始めたばかりだが満足感は高い。1世代前だがハイエンドのCPU(Snapdragon 845)で動作はサクサク。カメラの性能も良いらしいので、SkiTracksの動作も含めて次のスキーが楽しみだ。

|

« 【悲報】春到来 | Main | 前売り券の消化とSki Tracks問題その後 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 【悲報】春到来 | Main | 前売り券の消化とSki Tracks問題その後 »