« セミファット更新 | Main | かたしなへ »

こういうのでいいんだよ

 2月1日 雪

W氏と行く。雪が少ないので標高高めのスキー場へ。割引券のあるたんばらに決定。

ようやく冬型の気圧配置となったため、沼田からスキー場に向かう道の中腹あたりから雪道になった。スタックする車にも出会わずに8時前に到着。

リフト券を買い支度を整えゲレンデへ。ときおり青空も見えるが風が強く雪も舞っている。板を履いてリフトへ。先日購入したセミファットのシェイクダウンだ。

2002011

クワッドリフトに乗り継いでゲレンデトップへ。見た感じ雪は柔らかそうだ。ピステンの入っていないところを見ると、新雪は20cm位だろうか。

2002012

とりあえずメインのセンターコースへ。さあどんな感じだろうか。

滑り始めて1ターン、2ターン・・・・これは、、、よく曲がるぞ!!

確かな感触を得たので角付けを深めて飛ばしていく。先週のHARTほどのグリップ感ではないが、足場に不安は無い。ちょうどMAGNUMを少し柔らかくした感じのターン感覚だ。

2本目は隣のトライアルコースへ。こちらはピステンが入っておらず新雪が残っていた。パウダーでの特性を見るのにちょうどいい。

2002013

滑ってみると、センター幅88mmでは浮遊感までは感じない。しかし普通の板に比べると明らかに滑りやすい。どこでも自在にターン出来る感じがする。

新雪の下はアイスバーンになっているようで、ときおり氷を削ってガリガリ言う。

・・・・氷だよな?

その後、他のコースにも回ってみるが、緩斜面以外はまだ「ブッシュに注意」とかあったので入らなかった。ということでセンターとトライアルで回すことになった。

柔らかい雪なので時間が経つと斜面が荒れてくる。そんな状況でもテール寄りに乗って腰を落とし、角付けを深めるときれいにターンする。太い板の特性なのか、多少無理目の態勢からでもターンに入っていける懐深さがある。

部屋で見たときに感じた長さも、滑ってみると全く気にならない。ズレもキレも自在で本当に扱いやすい。気に入った。

10時半になり、少し早いが昼休憩にする。レストハウスが混んでいたので、すぐ横にある"ラルブル"へ。

2002014

セット券の食事券が使えないせいか、入った時には自分たちが最初の客だった。居心地のいい窓際の席で休憩。まだ人が少ないからとコーヒーやリンゴを振舞ってもらい満腹。ゆっくりしていたが、昼近くなるとどんどん人が入ってきて満席になったので席を空ける。

午後滑り始めるが、脚に結構きている。4本目でもういいやとなり上がりにする。ベースまで下りていくが、人の多いこと。朝は比較的空いていた印象だったが、昼頃になってもまだ来場する人が居るのだろうか?下のレストハウスも大変な混雑になっていた。

 本日の滑走 2875m/13本

2002015

時間が早いので帰り道は下道で帰宅した。

今回セミファットの更新だったが、やっぱりどんな状況でも快適に滑れるこういう板は良いな。競技をやる人以外はもうセンター幅90mm前後のフリーライドやオールマウンテン系が合っているんじゃないかな・・・・

|

« セミファット更新 | Main | かたしなへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« セミファット更新 | Main | かたしなへ »