« たんばら 快適 | Main | たんばら ふたたび »

2019 GW巡業

 4月28日 晴れ

今シーズンのGW巡業は連休前半となった。そのためか少人数でのキャンプとなる。

4月は気温の低い日が多かったが連休最初の27日は強い寒気が入り、山沿いは夕方から雪になった。前泊で片品に向かった仲間によると吹雪の中を走っていったそうだ。翌日は晴れる予報なので大丈夫とは思うが、もし路面に積もっていたら途中で融けるのを待機しなくてはならない。

翌朝、出発前に道路のライブカメラを見てみる。幸い通るルートはドライ路面に見える。片品方面はいつも根利を通って行くのだが、安全策をとって高速を使って行こう。

5時に自宅を出発。高速の渋滞は無く、また路面の雪も無くて順調に走り、7時に千代田館に到着。停めてある車の屋根や日陰部分にはうっすら雪が積もっていた。

部屋に荷物を運びこみ、前泊しているI氏・S氏と合流。ほどなくW氏も到着。今日はこの4人だ。支度と整えて8時半に丸沼に向け出発。丸沼までの道路にも雪は無かった。

第1駐車場に向かうが結構車が多い。もうしばらくすると満車になりそうだ。誘導されたのはブルーコースに近い端の方でゲレンデまで遠い位置になってしまった。なので高原の駅前の駐車場に移動。こちらはハイシーズンには埋まっていることが多いが、なぜか空いていた。

1904281

ブーツを履いて少し登りセンターハウスへ。S氏とW氏はチケットを買いに行く。I氏と自分は時間券の「POWDER4ぐんま」が8時間残っているので今日・明日で4時間ずつ利用する予定だ。

雪が少ないときは板を外して乗ることのある中央ペアリフトだが、今年は板を履いたまま乗ることが出来た。とはいえイエローコースはすでにブラシが出てきている。リフトを降りたらそのまま第5高速リフトへ。

それほど待つことも無く乗車。やはり今日は空いている。最初にバイオレットを1本足慣らし。まだ雪は硬く、少し新雪も乗っているので滑りやすい。

1904282  

次は第3リフトに乗り継いで上がる。

まさかとは思ったがコブがびっしりのシルバーコースへ。

1904283

コブも柔らかければ良いのだが、この時は凍った硬いコブ。しかも荒れた状態で凍っているので溝に入るとどうにもならない。しかたなく端の方を騙し騙し降りて行った。

降りたら緩斜面でドルフィンターンの練習。何年か前にYoutubeでドルフィンターンを見て、そのイメージを取り込んでみたらコブが楽になった。コブを越えた所でトップを下げて、コブの裏側にスキーをコンタクト出来るとコントロールが楽になる。

 

とはいえやるのはなかなかに難しい。直滑降や斜滑降でやるよりも、ターンをして板の撓みの反動を使った方がやりやすく感じた。

ドルフィンターンはひとまず置いといて、バイオレットに戻り中回り、そしてビデオ撮り。11時になったところで昼食を食べにレストハウスへ。

入ってみてびっくり、ガラガラだ。例年GWの丸沼は11時でもそこそこ席が埋まっているのだが、これはどうしたことだろう。GWの前半と後半で違ってくるのだろうか。結局12時過ぎに退出したのだが、その時点でも空席は残っていたようだった。

1904284

午後はゴールドに行って小回りの練習。今日の気温はそれほど高くはないがそれでも雪はザクザクになってきており、コース両側に小回りの道が出来ている。ここを滑るのだが、下地のアイスバーンが出てきておりエッジングするのにパワーが要る。かといって道以外のザクザクは板を回すのが大変なので、どこをどう滑っても疲れる寸法だ。

1904285

その辺は配慮してもらって1時間滑ったところで休憩にする。

1904286

その後の残り1時間は緩い感じで。ザクザクになったバイオレットを流して滑ったり、グリーンコースに出来たラインコブに入ってみたり。このグリーンのコブは滑りやすくて良かった。こんな感じで1日目は終了。

 本日の滑走 3329m/18本

Ski Tracksが途中で一時停止してしまう現象はこの日も翌日も発生した。なので両日ともリフトデータより修正してある。

途中のコンビニで甘いものを買ってから宿に戻った。温泉で汗を流して部屋の布団に寝転がると実に気持ちいい。あっという間に寝落ちしてしまう。油断するとそのまま夕食まで寝てしまうので、強い意志で起きて板の手入れをする。と言っても滑走面の汚れを落としてNOTWAXを塗るだけである。

18時から夕食。P氏一家がスキーではなく観光で来ているので一緒に。子供がいると一気に賑やかになる。食事は珍しく座敷で食べた。千代田館は何十回と来ているが、座敷で食べたのは2回目かな。

ゆっくり夕食を楽しんだ後で部屋を移動してミーティング。人数が少ないのでどちらかと言えば雑談が主となる。22時頃まで喋って散会となった。

 

 4月29日 晴れのち曇り

朝、少し早く起きたので朝風呂の後に宿の周りをちょっと散歩する。そんなに寒く感じなかったが、玄関前の温度計は2℃を指していた。

1904291

そして桜が満開だ。GWの片品村では桜は年によって咲いていたり散ってしまっていたりするのだが今年は当たり年のようだ。

1904292

天気は少し雲が有るものの晴れている。予報では午後には雲が広がってくるようだ。

朝食を食べ終わる頃にSt氏が到着。今日は1人増えて5人になる。昨日と同じく8時半に宿を出発。

丸沼に到着し高原の駅駐車場へ。昨日より車は少なく、よりゲレンデに近い場所に停められた。車を降りた時点で暖かかったので初めからウエアの袖を外して滑ることにした。

ゲレンデに出て中央ペア、第5高速とリフトを乗り継ぐ。第5リフトの右側は3月末に開催されたバンクドスラロームのコース跡が三日月湖のように残っている。

1904293

車は少なかったがバイオレットコースの人は多かった。リフト待ちは終日無かったので、このコースに人が集中したのだろうか。雪はすでに融けていて滑った人のシュプールが深々と残る状態。とりあえず数本足慣らしで滑る。

講習に入り、ビデオを撮る頃にはすでにザクザクとなっていた。丸沼のザラメはなぜだか雪粒の流動性が高く、ビーズが積もった上を滑っている感じがする。その代わり板掴みはほとんど居ない。

1904294

ビデオを撮り終えたら昼食。今日は上のレストハウスに行ってみる。前日に気になっていたドーナツコロッケにロールサンドを組み合わせて昼食とした。

午後はゴールドで小回り。小回りの道は1本だけになっていた。昨日よりも道幅が狭く、自分の小回りのリズムでははみ出してしまうので足元で回すような感じで滑る。きれいな道になっていればいいのだが、所々に水たまりのような窪みがあるので板の反応が変わり難しかった。

1時間滑って休憩。その後は第3でローズコースに上がる。ここで今回山頂駅に行っていないことに気が付き、ゴンドラに乗ることになる。時間券の残り時間が少ないのでノンストップで麓まで標高差450mを一気に。脚が終わった。

ゴンドラも空いていて待つことなく乗れた。山頂駅を降りて見上げる日光白根山は残念ながら雲の中だった。

1904295

ここからは何度か休みながら麓まで降りる。グリーンのコブは長く伸びていたが無事完走。そしてセンターハウスまで滑って終了。

 本日の滑走 3845m/21本

最後の2本で標高差1050mを稼いだ感じだ。

昨日と同じルーティーンで風呂まで入る。今日も泊まりだが明日は滑らない。手入れは帰ってからやるつもりなので、板とブーツは車に積み込んだ。

夕食を食べてミーティング。明日の降水確率は90%なので他のメンバーも滑らず帰ることにしたようだ。そんな訳でいつもより遅くまで駄弁ることになった。寝たのは日付が変わる頃だったか。

 

 4月30日 雨

今日は平成最後の日。明日からは令和だ。

朝風呂を楽しみ、滑りに行かないので朝食はたらふく食べた。

荷物を纏めて皆に挨拶し、9時に千代田館を出発。かたしな道の駅に寄って土産を買い、根利を通って12時前に自宅に到着した。

初のGW前半での巡業となったが、無事に2日間とも晴れて良かった。今年は雪も豊富に有るのでもう少し滑りに行けそうだ。

|

« たんばら 快適 | Main | たんばら ふたたび »

Comments

お疲れ様でした、標高差は大体合っているようだねえ。こっちの2日目は 4100m
やはり、おいらは終了のようです。

Posted by: ソーレ | May 05, 2019 04:36 PM

記録されていなかった部分は記憶に頼って計算したけど、1本くらいは間違っているかも。
また来シーズンよろしくです。

Posted by: めえ | May 05, 2019 07:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« たんばら 快適 | Main | たんばら ふたたび »