« February 2019 | Main | April 2019 »

アルペン試乗会

 3月23日 曇り時々晴れ
一昨年昨年に引き続き、アルペンの試乗会に参加してきた。
19032300
8時前に現地到着。
ゆっくり支度をしてセンターハウスへ。
試乗会会場には板が並んでいたので、写真を撮って回る。
19032301
8:15にチケット販売開始。
翌日にアサマ技術戦があるためか気合の入った基礎スキーヤーが多いように見える。
購入して足慣らしに向かおうとすると、試乗会の受付にも人が並んでいる。
それならもう並んでしまおう。
これで今回、自分の板は使わないことが決定された。
しばらく待って受付開始。
今日の参加者は200名。これが土・日・月と満員となっている。大盛況だ。
受付が済んで試乗開始。
1本あたりリフト2本で大回り小回りと試す感じになった。
コンディションは曇り空で気温は低く、雪はアイシーな感じ。
雪玉がゴロゴロあって思うように踏めないことが多かった。
昼過ぎまで滑ったが、最後まで緩むことは無かった。
    
  ---------------------------------------------------------------
    
Hart CircuitST DEMO SP 160cm 122-66-104 R=11.1m
19032303
Hartは今年デザインが大きく変わった。
STは赤/黒だったのが、落ち着いた感じの青になった。
昨年まではST SPは限定モデルだったが、来シーズンはカタログモデルになるそうだ。
とはいえ生産数は多くないので、受注会で完売してしまいそうな口ぶりだった。
昨年乗った165cmよりも扱いやすいかと思ったが、1本目ということもあり持て余してしまった。
フラットに乗っているとグリップが強い感じは無いが、角付けすると強烈に切れ上がってくる。
下に走ることは無いのでその点は安心だが、走りも強烈なので身体が遅れるとすっぽ抜けそう。
    
Hart Circuit MT DEMO 165cm 120-74-102 R=15.1m
19032304
ミドルターン向けのMTは緑/黒から赤へ。
デザイン以上に変わったのがその構造。キャップからサンドイッチに変更になった。
また昨年までは長いものをロングターン向けとしていたが、来シーズンはロングは別の板に任せて短めのラインナップとなる。
乗り味はやはり一新した。
キャップ独特の強いエッジ感覚が身を潜め、STと同じような扱いやすさになった。
ちょうどSTのラディウスを緩くした感じで、大回りではこちらのほうが素直に下に落ちて行くのが好印象。
エッジが引っかかることなく軽快だが、アイスバーンでのグリップもしっかりしている。
コブで使ったり、また少し幅が広いのでザラメの時期でも気持ちよく滑れそうだ。
    
オガサカ TC-SS 165cm 120-67-104 R=12.6m
19032305
基礎ショートターントップモデル。
そこそこ張りがあるが、貼りつくこともなくズラシもしやすい。
いい板だけど感動するような特徴も無い感じ。
重さも結構感じるので、ある程度の脚力が必要かも。
自分にはおいしい所を引き出せなかった。
    
ATOMIC X9S 175cm 114-65.5-100.5 R=15.4m
19032306
大回り系のオールラウンド。
意外とラディウスが小さく、大回りすると思ったより切れ上がる感じがあった。
アトミックらしくエッジは良く掛かるが、意図しない所で引っかかる事があったのが気になった。
良い雪なら気持ちよく滑れそうだが、アイスバーンに雪玉コロコロの状態では踏み切れずイマイチな滑りとなった。
    
HEAD Worldcup i.Speed 175cm 118-68-99 R=17m
19032307
続けて大回り系。
その頃はしなやかで撓みやすい板だったが、グラフィンが入ったこのモデルは張りの強い板となっている。
ズレないような感じではないが、撓みを使って滑るにはパワーが必要に感じた。
自分の脚力では撓ませることが出来ず、残念な滑りとなった。
    
SALOMON S/MAX BLAST 165cm 121-72-106 R=15m
19032308
昨年乗ったS/RACE RUSHに通じるエッジグリップの良さがある。
特に足元のグリップは強く、この構造から来ているものだろうか。
アイスバーンでも安心して乗れる強さがあるが、かといって扱い難い訳でもないのが好印象。
S/RACEは半日で疲れそうだったが、これは一日乗れそう。
    
NORDICA DOBERMANN SPITFIRE 72 RB FDT 168cm 122-72-102
19032309
スペック的には上記のサロモンに似ているのだが、こちらの方が扱いやすさは上。
その代わりエッジグリップは控えめ。今日のアイスバーンのコンディションではちと厳しいかな。
柔らかめの雪だったら撓みが出て良い感触になりそうだった。
    
Hart Circuit ST DEMO 165cm 122-70-104 R=13m
19032310
昨年購入したST DEMOの後継モデル。
中身は一緒でコスメが変わった。個人的にはこちらの方が好みだ。
相変わらず良い板で小回りの回しこみも、大回りのグリップも良好。
扱いやすさとのバランスは今回乗った板の中でも頭一つ抜けている。
変わると聞いていたのでどうなるか心配だったが、デザイン変更だけでホッとした。
    
Bluemoris B-POTION 162cm 104-70-100 R=16.2m
19032311
ブルーモリスから来シーズン登場する基礎系のモデル。
BはBUNPSでコブ仕様だ。このほかに小回りのSと大回りのGが有る。
滑ってみると引っかかりなくスムーズにずらせる一方、足元のグリップは残してあるので、今回のアイスバーンでの大回りでもそこそこ切って行けた。
コブはグサグサになった雪が凍った難しいコンディションだったが、それなりに降りて行けたのでやはり滑りやすいのだろう。
トップが細いので、引っかかり難いのが効いているのかも。
    
FISCHER RC4 W.C. SC CB Yellow Base 165cm 122-68-103 R=13m
19032312 
先に乗ったサロモンに近い感じのグリップ感が有った。
あちらは足元のグリップが特に強い感じだったが、これは全体で食いつく感じだった。
クセが無く高性能ではあるが、感動的なフィーリングは得られなかった。
    
HEAD i.Supershape Magnum PR Pro 163cm R=12.2m
19032313
グラフィンが入ったマグナムには初めて乗った。
以前よりもエッジグリップが上がった感じで、大回りでの安心感があった。
ただ小回りでトップが詰まってしまう感触がやや有ったのが気になった。
ハンマーヘッドでトップ幅が異様に広いので、コブはあまり入りたくない。
    
---------------------------------------------------------------
    
こんな感じで今回の試乗会は終わった。
大きな目的であったHart MT DEMOの確認が出来たのと、ST DEMOの良さを再確認した試乗会だった。
今回、アイスバーンのコンディションだったので、フリーライド系には乗らなかった。
今度は雪が柔らかい時にフリーライドには乗りたい。
もう一回位どこか行こうかな。
    
 本日の滑走 3503m/23本

| | Comments (2)

平日の八方

 3月17日 曇りのち雪
手元に有る早割券と、有給休暇の消化のため日曜から月曜の予定で八方へ。
今回は単独行であるが珍しく泊まりである。

5時半出発の予定だったが4時に目が覚めてしまった。
それならば早めに出発して高速代を節約しよう。

4:45に出発し、予定の時刻との差分を考慮しながら下仁田まで下道を走った。
高速に乗り佐久平で休憩。まだ早いので小諸で降りてまた下道を行く。

そんな感じで八方到着は9時になった。

駐車場はリフト乗り場までが近い国際に停める。
舗装の場所は満車で、咲花第2リフトに近い未舗装の所になってしまった。

支度をしてゲレンデへ。
佐久平からは後立山の稜線が見えていたが、すっかり曇り空になってしまった。



1903171

リフトに乗りパノラマゲレンデに上がる。
もう1本リフトを乗り継いで最初にパノラマを滑る。

雪は固いベースの上に圧雪が乗っている感じ。
少し凸凹になりつつあるので大回りで飛ばしてもあまり気持ちよくない。
ちなみに今日の板はPEAK88。センター87mmのセミファット。

1本滑って登り返したらリーゼンの方に行ってみる。

1903172

人はそれほど多くはないが、大回りだとコントロール不能になるのでチマチマ小回りで降りる感じ。
一応、下まで滑ろうと名木山まで降りてみた。

スキー場下部はすっかりザラメになっていた。しかも積雪自体も少ない。
上部との積雪の差が著しいと思った。

もうリーゼンはいいやと、リフト3本乗り継いで黒菱平まで上がる。
この頃には細かい雪が降り始めた。
黒菱の整地斜面を1本滑るが、人が多めだったのでそのままスカイラインへ。

しかしどうも調子が出ない。なんとなく体調が万全ではない感じだ。
スカイライン途中から北尾根に行って、あとは迂回コースをだらだらと咲花まで滑り降りた。

まだ11時になっていないが、モチベーションが切れたので昼休憩にする。
飯にしようとメニューを見るが、なんだかインフレーションしているなぁ・・・
安めを狙って山賊焼きとライス単品を注文した。1300円也。

けっこうがっつり食べた感じで食後はしばらく休む。
外は雪が本降りになってきた。

1903173

1時間ほど休んで滑りに向かう。
咲花のリフトを1本挟んでゴンドラへ。

降りてパノラマを4本。続いて兎平へ。

1903174

コブは視界が悪くほとんど見えないのでパスして南側を滑る。
次は黒菱に移動。

この頃になると雪が次第に積もってきた。
あまり人の入らない所を滑ると足首程度の新雪を感じる。
セミファットなのでこんな所が楽しい。
いつの間にか体調も回復したので、ひたすらここで回した。

飽きてきたところでスキー場トップにも行っておこうかとグラートのリフトへ。
まぁ視界は無いのでとりあえず行きましたって感じ。
雪質はさすがに良かった。

疲れてきたので黒菱のレストハウスで休憩。
缶コーヒーで寛ごう、と思ったら蛍の光が流れ始める。

ここは14時半でクローズしてしまうのだった。
せめてあと1時間開けておいて欲しい。

外に出て階段を降りると判る脚の疲労。
そろそろあがることにする。

スカイラインを何とか降りてから長い長い迂回コース。
そうして咲花まで降りてきた。
雪はベースでも10cm位積もっていた。明日は晴れる予報なので楽しみだ。

1903175

 本日の滑走 4977m/20本

ブーツを脱いだらそのまま宿に向かう。

今回の宿は旅行サイトで素泊まりの安い所を探した。
エコーランドにあるヴィラ ブライトホーン

チェックインして案内されたのは山小屋っぽい雰囲気の部屋。
屋根裏を改装したような感じだが、エアコンに洗面台とテレビと必要十分だ。

1903176

風呂はすぐに入れるそうなので、一息ついたら汗を流しに行く。
館内はWi-Fiが使える(結構さくさく繋がる)ので夕食までネットを見て過ごした。

18時に夕食を食べに出かける。
宿の場所はエコーランドの中心部といえる所で、周辺に飲食店は事欠かない。

事欠かないが1人で開拓する気も起きなかったので国道沿いのファミレスで済まる。
コンビニで明日の朝食を買って宿に戻った。

ネットしたりテレビを見たりしてダラダラと夜は更け、ふと気づくと雪は止んでいた。
ライトアップされた白馬のジャンプ台は初めて見た。

1903177

22時就寝。


 3月18日 快晴

6時に目が覚める。
外を見てみると・・・雲一つない快晴!

19031801

五竜岳や白馬鑓ヶ岳などの山々。
八方のゲレンデではスノーマシンが稼働中。結構冷えてそうだ。

19031802

朝食を食べて支度を済ませ、荷物をまとめる。宿を7:45に出発。
どこの駐車場に停めるか前日から迷っていたが、結局リフトに近い国際に停めることにした。

平日なので余裕だろうと思っていたが、一番リフトに近い場所は満車寸前だった。
レーサーの集団が居たが大学生だろうか。

8時のリフト運転開始直後に乗り込む。

19031803

パノラマに到着。

そこに見えたのは絵にかいたような綺麗なピステン模様。

19031804

写真を撮ったら速攻リフトへ。
すでに滑り始めている人を横目に、早く降り場に着かないかともどかしい。
今日はGS板を履いてきた。

19031805

十数年前の、R≧21m規制当時の物だ。ヤフオクで送料込み1,000円だった(笑)。
その割には程度が良くて、エッジもしっかり立っている。

以前、同じ板の183cmを持っていたが今回のは178cm。
R≧21mでは最も曲がりやすい部類だったので、短くなったことで取り回しも良さそう。

やっと降り場に着いた。
軽くストレッチと写真を撮る。

19031806

昨日の降雪のおかげで雪質はハイシーズンと変わらない。
しっかりめに圧雪されているのでスピードが出そうだ。

直滑降からスタート。そして角付けすると曲がりだす。
倒す意識だと内倒しておっとっととなるが、先に足元で角付けすると実によく曲がる。

1本目は最後の落ち込みでセーブしたが、2本目からは下まで切っていけた。
GPSの速度計では80km/hを超えて、恐怖心と快感のせめぎ合いである。
乗り方に慣れてくると恐怖心も消えてひたすら気持ちいい!!

パノラマで4本滑った後、リーゼンに行ってみる。

斜度がきつくなるこちらでもずらさずにターンでコントロールしていけた。
この板、プレートに用事があるだけだったのだが、困ったなぁ。。。

リーゼンを降りた所で山頂に行かなくてはと気が付いた。
クワッド3本を乗り継いでゲレンデトップへ。

19031807

八方池山荘からは登山やBCに向かう人が大勢見える。
ゲレンデスキーヤーやボーダーも板を外して記念撮影に夢中だ。
もちろん自分もその中に混じることに。

 白馬三山

19031808


 頚城山塊



19031809



 五竜岳



19031810



 鹿島槍ヶ岳



19031811


充分に景色を堪能したら滑りに戻る。
新雪の残っている場所もあったがGS板なので遠慮しておく。

兎平まで降りて。

19031812

登り返して黒菱へ。そしてそのままスカイラインへ。
スカイラインでも切って行けるが、人がそこそこ居るのと、夏道の段差で飛びそうだったので何本かに区切って滑った。
リフトで登り返す時に見える、縦横無尽に滑りつくされた新雪。

19031813

上がったら兎平からリーゼンに降りてみる。
だんだん陽が高くなり日当たりの良いこちらのコースはぼそぼその雪になってきた。

19031814

切っているうちはいいがずらすのが難しくなってくる。
ウスバの急斜面では小回りで降りてみる。
トップの入りが良いのでGS板でもなんとかなるものだ。

登り返して再びパノラマへ。
こちらは斜面がやや北向きなのでまだ雪は良かった。
その後はずっとここで回した。

11時になりパノラマも少し雪が腐ってきた。
同時に脚も疲れが出てきたのであがることにする。
迂回路でどんどん下り国際に戻って終了。

 本日の滑走 3975m/16本

駐車場の雪も融けて泥が出てきたのでブーツだけ脱いで第5駐車場に移動。
こちらで着替えたり帰り支度を済ませる。
11時半に出発。
時間があるので出来るだけ下道で帰ろう。

長野から高速には乗らずに18号に入る。更埴を過ぎ、道は1車線に。
千曲市街地が少し渋滞したが、その後は割とスムーズに流れる。
上田でバイパスから浅間サンラインに入る。

途中コンビニで昼食を食べて進む。
御代田で18号に戻り、碓氷バイパスで群馬県突入。

グーグルマップを見るとその先、安中や富岡で市街地が混雑していたので松井田妙義から吉井まで高速に乗った。

吉井で降りて国道254へ。
この辺りまで来ると勝手知ったる道だ。
熊谷市街地が思いのほか混雑していたが17時前に自宅に到着した。

今回は有給や早割券の消化のつもりだったが思いがけずいいスキーが出来た。
1人で泊まりも結構いいもんだな、と思った。

| | Comments (0)

快晴!!

 3月9日 晴れ

3週連続でかたしなへ。W氏と行く。

今回は高速を使ったが、駒寄で結構混雑した。
天気も良いし時期的に観光で出かける人も増えてきたのだろうか。
そんな感じでスキー場到着は8時を過ぎ。まだ第1駐車場だがそれなりに後ろの方だ。

天気は雲ひとつ無い快晴。

快晴

先に来ていたI氏と合流して3人で滑り始める。
かえでゲレンデではカンダハー主催のスラロームが開催されていた。
GSはよく見るがSLをやっているのは珍しい。

インスペクション中

前日に少し雪が降ったのでゲレンデコンディションは上々。
ただ今日の日中は気温が上がる予想なので、すぐに緩んできそうだ。

雪はいい

先週であったコブは潰してありコース幅は広くとれた。
もう積雪が少ないので、掘れるとすぐに地面が出てしまうのだろう。

5本かえでで回した後に裏に回る。たかねは相変わらず貸切りで滑れず。
谷間で日陰のちぐさの状態は良好。
急斜面のもくせいは少し荒れていたものの、雪の量自体は問題なかった。

たかねと日光白根山

10時半になり、少し早いが玄さんへ。
今シーズン最後になるであろう、鹿肉ペッパーごはんを食べる。

食後はすっかり雪の緩んだかえでを数本滑ってから裏へ。
尾根の"つつじ"は最後の壁の1/3に地面が露出していた。
もくせいを滑ってから最後にかえでを1本行って上がり。

 本日の滑走 2236m/12本

SkiTracksはバッテリー設定を変更したところ、極端な異常は無くなったがまだ数値は過大に出る。
本数は合っているものの、標高差は1.6倍の値になった。

ひこうき雲

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Ski Tracksの不調

 3月3日 曇り

今週もかたしなへ。

相変わらず気温が高かったり雨が降ったりで根利の雪は無し。
速いペースの車についていったら2時間10分で到着した。
今までで一番早かったかもしれない。

ゆっくりと支度をしてゲレンデへ。

かえで

ポールで半分近く規制している感じ。

岩鞍の方を見ると・・・

岩鞍

こっちはガチポール。
全日本マスターズ選手権が開催されていた。

そんなのを横目に滑り始める。雪はザラメが固く締まった感じ。
アイスバーンではないのでエッジが良く噛み板が走る。
油断すると切り替えで遅れることもあった。

かえでに人が増えてきたので"くちなし"コースへ。

くちなし

こちらにはほとんど人が入っておらず、ピステン跡もばっちり残っている。
気をよくして飛ばしていくと、降りきる直前で宙を舞った。

板が引っかかるとケガをしそうなので、脚を上げてスライディングのように滑り落ちる。
ポールのゴールエリア近くで、リフトからも近いので恥ずかしい。

いったい何が起こったのか解らなかったので、次の1本で現場検証する。
シュプールを辿ってみると、ちょうど切り替えのところに小さなうねりがあり、その先が少し落ち込んでいた。
曇天でフラットにしか見えなかったため対応できずに飛んだようだ。

かえでとくちなしで6本滑ってから奥へ。先週と同じように回る。

たかねはプライズテストのため閉鎖。
そこそこ人が居るので小回りメインで滑っていく。
先週より雪が固めで板が走るのでポジションが安定し難い。
とはいえそれなりにいい感触も得られた。

かえでに戻ったが、コブは先週よりも地面が見えていたのでパス。
小回り大回りと滑って、先週と同じく11時であがり。

 本日の滑走 2849m/15本

今回は玄さんで昼飯を食べていこう。
定番の焼きカレーをオーダー。

焼きカレー

今日のスープはいのしし汁
肉もさることながら、野菜が良く煮込まれていてとろけるようで美味い。

今日の滑りを振り返ってみるが、Ski Tracksが先週から不調だ。

Ski Tracksが不調

こんなにスピード出してないし、標高差も倍近く記録されている。
そもそも滑走数94本とかグラフと全然一致しない。

マップ

マップで見てみると、主にリフト乗車中にトラックが分断されているようだ。
白樺国際の時までは普通に使えていたんだけどなぁ。端末の方が悪いのだろうか。

食べ終えて店を出る。
玄さんの前は夏道が顔を見せていた。

雪融け

こりゃあ今年も3月は厳しいな・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2019 | Main | April 2019 »