« 邂逅 | Main | ファミリーキャンプ »

のせかえとしくじり

14年前に購入したSL板、KNEISSL REDSTAR
時々使っていたのだが短い割に重いと感じていた。

性能自体は現在でも通用するものがあるので、軽量化して衰えた筋力でも扱いやすくしようと試みる。

組み合わせを考慮し、ロシニョールのターンテーブル用プレートをオークションで入手。
デッドストックの新品で1,500円+送料。
順番的にはこのプレートを見つけたのでビンディングを付け替えようと思ったのだが。

品物が到着し交換作業に入る。
とりあえず元々のATOMICビンディングとプレートを外して比べてみる。

交換準備

プレートの長さはかなり短い。
マウンティングゾーンが狭くなるので、板のフレックスは出やすくなると思われる。

取り付けるビンディングは往年の名機、MARKER MRR
現在は無くなってしまったマーカーのターンテーブルだ。

元の穴を埋めて取り付けにかかる。
プレートにはビニールテープのゲージが付属していた。
ところが上にプレートを乗せて穴位置を確認してみると微妙にズレている。
古いもの(2000年頃)なので縮んでしまったようだ。

位置合わせ

そんな訳で現物合わせで穴位置を決める。
原始的にネジ穴にペンを入れてマーキング。

なおプレートは1cmセットバックして取り付ける。
これは正規の位置だとトウピース後側のネジが取り付け範囲から外れてしまうためだ。
ビンディングをプレートのセンターより1cm前に取り付けることにより相殺され、板のセンターと合致することになる。

こうして無事にプレートを取り付けられた・・・と思ったら。

しくじり 其の壱

しくじった !!

プレートのヒールピース側は板に対して摺動するようになっているのだが、その方向を逆に勘違いしていた。
本来ならば黄丸のように長穴の後ろ側にネジを打つべきところ、前側に打ってしまった。

試しに板を撓ませてみたところ、とりあえず摺動が阻害されることは無かったので胸をなでおろす。
素直に長穴のセンターに打っておけば良かったな。

MRRビンディングの取り付けは、過去に何度もやっているのでつつがなく完了。
片方が終わったのでATOMICと並べてみる。

片方終わった

つづいてブーツを嵌めて前圧と解放値の調整。
横から見ると判るが、このプレートは前後の高さが違う。
トウが17mmでヒールが14mmとなっており、前傾角が抑えられる設計だ。
スタンドハイトはトウ=45mm・ヒール=50mmとなった。

もう片方の板も同じように作業完了。
そして前圧調整をしたときに感じる違和感。
もう一方の板と調整位置がだいぶん違う。

左右の板を比べてみると・・・・

しくじり 其の弐

またしくじった !!

ヒールピースの取り付け位置が4mmほど違っている。
調べてみると、最初に取り付けた方が間違っていたのだった。

トウピースとヒールピースのネジの間隔が本来157mm。
ところが間違えた方は153mmで打ってしまっていた。
155mmから2mmずらして・・・って逆やないか !!

とりあえず調整範囲には入っているので使う分には問題ないが・・・・
古い板だからと緊張感を持たずにやったせいだな。

トラブルはあったものの無事?に付け替えは完了した。

完成

肝心の重さはペアで6.4kg→6.0kgとやや軽量化。
軽さだけを考慮してプレートレスも考えたが、やっぱりSL板なので少しは角付けを重視したいな、と。

そんなこんなでリフレッシュしたこの板、使うのはもうちょっと後で。

|

« 邂逅 | Main | ファミリーキャンプ »

Comments

まあ、そんなことだらけだよ。

何とかなったので良しってことで。

Posted by: ソーレ | February 01, 2019 12:44 PM

これが新しい板だとしばらくブルーになっちゃうけどね~

電動ドライバーも買ったし、他の古い板もいじるかな…

Posted by: めえ | February 02, 2019 07:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference のせかえとしくじり:

« 邂逅 | Main | ファミリーキャンプ »