« 18-19 年末年始巡業 | Main | 親睦会 »

First Track

 1月5日 雪

1泊2日で宝台樹へ。
パウダーを期待していたが、どうも無理そうだ。
帰ってきて翌日には仕事始めなので、脚にやさしいMAVERICKを持っていくことにした。

日本海に低気圧が有って暖かい日。水上I.C.を出ると小雨が降っていた。
宝台樹に上がって行くと辛うじて雪になった。

今回、宝台樹では最も奥の宿であるシャレー・ラ・ネージュに宿泊。

シャレー・ラ・ネージュ

宿からそのままゲレンデに出られるグッドロケーションだ。

メンバーが揃ったらチェックインして着替えてゲレンデへ。
正面に第9クワッドリフトの乗り場があるが、準備中だったのでベースまで下ってみる。
雪質は良好だ。

スキー場を一通り回ってみようと案が出て端から攻めることにする。
緩斜面の第8クワッドに乗っていると第9クワッド運行開始のアナウンス。
そのまま滑り込んで乗り込む。

1.5kmある長い第9クワッドを降りるとゲレンデトップ。
晴天なら上越国境のパノラマが広がるが、小雪の舞う天気では遠方は見えなかった。
手始めに宝台樹のメインディッシュともいえる成平(なんだいら)コースを滑る。

尾根上のコースなので幅の狭い所もあるが、景観が良く緩斜面から急斜面まで変化に富んで面白い。
かたしな高原の"つつじコース"をちょっとスケールアップした感じだ。

成平コース

次は同じリフトから第10コースへ。
ハーフパイプ状のコースの壁で遊びつつ第7リフトへ滑り込む。

このリフトで上がった尾根から落ちる急斜面のイーグル・ダウンヒル・パラダイスと立て続けに3本。
30度を超える斜度にピステンの入らない荒地で脚が終わる。

パラダイスを滑るとベースに降りてしまうので第8・9リフトと繋いで再びゲレンデトップ。
ここからそこそこ急な第9コースを降りる。
ここも荒地かと戦々恐々としていたが、ピステンが入っておりホッとした。

まだ11時前だったが滑り始めて2時間ほど経つので昼休憩に入る。
そういえばPOWDER4ぐんまにドリンクサービスが付いていたなと思い出してレジへ。

普通のカップとは違うので持ってくると言われ待つ。
サービスだから小さいのを持ってくると思ったが、逆に特大のカップが出てきた!!

メガドリンク

おそらく750ml位入りそうだ。
とても一人では飲みきれないのでコップに分けてシェアした。

食後は再び尾根に上がって残されたスラロームコースを攻める。
第2リフトを1本回してから白樺ゲレンデへ。

ここでも荒地を滑った後に連絡コースで戻る。
荒地ばかりでかなり疲れてきている。
脚にやさしいMAVERICKじゃなきゃ、もうギブアップだろう。

第2・8・9とリフトをつないでゲレンデトップへ。
山頂駅のカフェでお茶にする。

モニターには朝日岳のBCの映像が流れている。
ドローンで撮られた映像は日本じゃないみたいだ。

けっこうゆっくり休んでから最後の1本で成平コースを。
そのまま宿まで滑り込んで終了。

 本日の滑走 3802m/13本

宝台樹のコースとリフトをほぼコンプリートした感じだ。

コンプリート

板とブーツを別棟の乾燥室に仕舞って部屋に入る。
珍しい3ベッドの洋室でかなり居心地が良かった。
枕元のナイトテーブルにはUSB充電器があるなど細かな心遣いがうれしい。

部屋

15時に風呂に入って夕食は18時。
居場所はベッドの上なので必然的に眠くなる。
動画や写真の交換をしているうちに案の定寝てしまった。

お待ちかねの夕食。
食事に定評のある宿で、2時間かけてフルコースを味わう。

ディナー

前菜・パイ包みのスープの後に半身のカニがきた!!
これがメインかと思いきや、そのあとにサーロインステーキとライス!!
デザート盛り合わせを食べたらもうお腹いっぱい。

これで今日の予定はすべて終了。あとは寝るだけだがまだ20時だ。
各々ネット見たりなんだりしながらダラダラ。結構至福。

22時になり就寝。外は雪が降り続いている・・・・
 

 1月6日 雪

朝食が8時からとゆっくりめなので7:45起床。
外は・・・・まだ雪が降っている。宿のあたりで15cmほどの積雪。

顔を洗ったら食堂に向かい席に着く。

朝食

スープを飲んでパンに手を付けるが…しっかり食べるとなんか調子悪くなりそうな感じ。
昨夜食べすぎたのか、それともまだ風邪が抜けていないのか。
結局、おかずはほとんど残してしまった。

部屋に戻って滑る準備。
食事中は皆が滑っている間、ロビーで休んでいようかとも思ったが何とかなりそうだ。
支度を済ませて荷物は纏めてロビーに置く。

外に出てブーツを履いてゲレンデへ。
そのタイミングで第9クワッドが運行開始したのですかさず乗り込む。
先行者は2人確認できるだけだ。

第9クワッドへ

最初は成平コースへ。ほぼノートラックだ。

上部1/3は朝にピステンで均しており、フラットな上に少しの新雪。
エッジが噛んで走る感覚が気持ちいい。

そして中間から下は昨夜ピステンを掛けた後からの新雪が積もっている。
積雪は大体20cm位か。

前を滑る仲間が巻き上げる雪煙で視界が遮られる。
少し横によけて滑りランデブーを楽しむ。
リフト下を通るところでは羨望の眼差しを受けただろうか。
GoProとか有ったら良い画が撮れたのに。

ノンストップはさすがに足がもたなかった。
中間と最後の落ち込み手前でストップして息を整える。

この深さだと底付きはするものの、ノートラックで均一な板の反応となるためスピードを出して浮遊感を楽しめた。
たぶんシーズンに1度あるかないかの気持ちいい滑りが出来た。
今日はもう満足といった感じだ。

とはいえまだ滑る。同じリフトで登り返し。

第9クワッド乗車中

今度は第9コースへ行ってみる。
トラックは沢山あるがまだ踏まれていない場所もある。

こちらのコースも新雪を期待したが、下地が凸凹だった。
昨日はピステンが入っていたが、営業終了後はそのままだったようだ。
下がフラットにしてあれば、この積雪でも楽しめたのにとちょっと残念。
お互いに撮りあいながら降りて行った。

第9コース

また山頂に戻り第10コースへ。
端っこの新雪を意地汚く拾いながら滑って第7リフトへ。
ダイナミックの後にイーグルを滑る。

急斜面ばかりだったので、もう脚がぱんぱん。
まだ1時間しか滑っていないが、時間券のキリがいいので休憩することにした。

休憩後はまた尾根に上がってパラダイスコースへ。
スラロームコースに行くと戻るのが大変なので、次は山頂に向かい成平コースを気持ちよく滑って上がることにした。

 本日の滑走 2677m/8本

宿に戻って着替え・荷物整理をして出発したのが12時ちょっと。
水上I.C.手前の育風堂でお昼を食べて解散となった。

今回は弩パウダーではなかったものの、気持ちいい新雪を楽しめた。
次回はパウダーデイを狙って行こう!

|

« 18-19 年末年始巡業 | Main | 親睦会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference First Track:

« 18-19 年末年始巡業 | Main | 親睦会 »