« 濃霧の丸沼 | Main | First Track »

18-19 年末年始巡業

 12月29日 雪

年末年始の休暇に入り、例年通り片品へ向かう。

前週まで雪が少なかったが、27日からの大寒波のおかげで着々と積雪が増えており板の選択に悩む。
結局、新しい板を含めて数台を車に乗せて現地へ。

夜勤明けだったので15時に自宅を出発。
まだ冬型が続いており、122号から根利方面へ分かれた辺りから雪が舞い始めた。
そしてトンネルの先からは雪道となった。

快適な雪道ドライブを楽しみつつ峠を越える。
この辺りまで来ると本降りの雪となり、120号に合流してからも雪道は続いた。
老神付近がちょっと混んだものの18時に千代田館に到着。
ちょうど夕食に集まってきた仲間に挨拶して荷物を下ろす。

夕食は買ってきていたが、先に板の手入れ。
塗ったままだったワックスを剥がしてブラシをかけておいた。

部屋に戻って食事を済ませてからミーティングへ。
この日は丸沼に行ったそうだが吹雪模様で相当寒かったようだ。

山盛りのお菓子を肴にだべって22時前に解散。
温泉に入って温まり、布団に入ったのは23時過ぎだったか。
まだ体が昼のリズムに戻ってなくて、浅い眠りのまま夜は更けていった。
 

 12月30日 雪

朝風呂に行って露天風呂から見るとまだ雪は本降りが続いていた。
今日はかたしなへ行く。
ゲレンデに上がってみると、先週とは別世界。

・先週
先週のかたしなと今週のかたしな
・今週

積雪は公称100cmとのことなので新しい板をおろしても大丈夫そうだ。
試乗板とはビンディングが違うけどフィーリングに差はあるかな?

赤いやつ

人数が多めなので常連は昼前まではフリーで滑る。
新雪がありそうだと数人はファットスキーも持っていく。

ところが送迎バスの連絡ミスでかたしな行きが出ていなかった。
その後もトラブルがあり、全員が上がって来たのは9時半過ぎになってしまった。
急いで一番奥のもくせいゲレンデを目指す。

リフト2本を乗り継いで向かったが、残念ながらかなり食い荒らされた後だった。
それでも新雪の残っているところを探して滑る。

1本だけで集合時間となり、かえでゲレンデで皆と合流。
小回りを1本撮ってから昼食に入る。

まだ11時前だけあってレストハウスの"玄さん"は席が空いていた。
限定品の「鹿肉ペッパーごはん」を注文。

鹿肉ペッパーごはん

まだ赤みのある鹿肉を鉄板の余熱で焼いてご飯と混ぜる。
牛肉と似た感じで美味しい。

午後は奥のゲレンデにもにも行ってみる。
かえでから奥に向かう"ききょう"コースは全くぴステンを入れておらず、かなり深い新雪が溜まっていた。

雪が降り続いているため、全体的に凸凹した斜面だが、比較的人が入らない"くちなし"で中回りを撮って本日は終了。

 本日の滑走 1612m/7本

スタートが遅かったので少なめだった。
玄さんのケーキセットで1時間ほどお茶してから宿に戻る。

27日から来ている人の車には山盛りの雪。
この3日間の降雪量の多さを物語っている。

3日間の降雪量
 
温泉の後に板の手入れをするが、ワックスが落ち切ってなかったようだったのでブラッシングだけで終わり。
夕食からミーティングの流れを辿って22時に就寝した。
 

 12月31日 曇り時々雪

朝風呂から見る空からはまだ雪が降っている。
だけど昨日から比べるとだいぶん明るくなり、時折晴れ間も見えてきた。
かたしなの積雪は20cm増えて公称120cmになった。

晴れ間が出た

斜面は圧雪された上に少し新雪が乗っている感じ。とても柔らかい。
踏みすぎると詰まってしまうが、スピードを出した大回りが気持ちいい。

大回り

昼食は昨日と同じく玄さんで。
今日のスープは貴重な熊汁だった。臭みも無くて美味。
焼きカレーと熱々のスープで身体が温まった。

午後は小回り。
柔らかくエッジが食い込みやすい雪質のせいか、プレチューンでシャープになっているエッジのせいか、微妙なズレを出しにくい。
とはいえi.RACEの時ほどまっすぐ走ってしまうこともなく、慣れればシャープな深回りが出来そうな気もする。

最後に数本ビデオ撮りをしてからお茶にする。
ケーキはショコラズコットを食べたかったが売り切れ。
レアチーズケーキを食べながら「明日は予約をするぞ」と強く心に誓う。
(結果的にベイクドチーズ・レアチーズ・ショコラと食べられたのでOK)

 本日の滑走 2023m/11本

宿に戻って風呂に入ったが、眠くて板の手入れをする気力が出ない。
今日はワクシングするつもりだったが、NOTWAXで済ませてしまう。

年越しそばの出た夕食の後にミーティング。
終わったのは21時半くらいか。年越しまでまだ2時間以上ある。
部屋を暗くしてしまうと爆睡してしまうので、明るいままテレビをつけたまま仮眠する。

やがて紅白が終わり、ゆく年くる年に変わった。あと15分。
寒いので5分前に外に出て花火のよく見える橋へ。

橋の上から千代田館

周りから「あと5秒」と聞こえて間もなく花火が上がった。

花火が終わったら神社へ初詣。
いつもの通り祠を3周回ってお参りをする。
部屋に戻ったらさっさと就寝。
 

 1月1日 晴れ

今日は朝から晴れ間が広がった。気温も高めで穏やかな元日だ。

正月らしく伊達巻や紅白かまぼこ、雑煮の朝食を食べて出発の準備。
今日はチェックアウトなので荷物を纏めなきゃ、と思ったら夕方まで部屋を使って良いとのこと。ありがたや。

ゲレンデに出ると抜けるような青空。

快晴

風は無く気温も高めなので運動していると暑くなってくる。
雪は少し締まってきたがまだ柔らかい部類だろう。

午前中は細かい練習と深い中回りをやる。
ビデオを撮ったら昼食。
ちなみに今日のスープは干支にちなんでイノシシ汁だ。

午後はもくせいに行って急斜面の小回り。

もくせいへ

3日目になり脚も疲れてきているところでのこのメニューはなかなかキツイ。
斜面後半になると板を抑えきれずに暴走気味となってしまった。

そんなこんなで今回の講習は終了。
最後につつじコースでフォーメーションして遊んで上がり。

 本日の滑走 2168m/10本

玄さんに行き、予約したケーキセットでお茶にする。

ケーキセット

なお皆がこのショコラを予約したため、我々だけで1ホール分くらい食べたかもしれない。
 

宿に戻って風呂に入り帰り支度する。
思いのほか早く終わって、まだ残る人に挨拶して16時半に出発。

国道の雪は融けていたが根利の北面はまだ雪道だった。
峠を越えると雪も無くなり、渋滞に引っかかることもなく19時に帰宅した。

12月末までほとんど雪が無くてどうなるかと思ったが、直前に降った大雪のおかげで良いコンディションで滑ることが出来た。
新しい板もまだ使いこなせていないが調子は良く、楽しいシーズンとなりそうだ。

片品川

|

« 濃霧の丸沼 | Main | First Track »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 18-19 年末年始巡業:

« 濃霧の丸沼 | Main | First Track »