« June 2018 | Main | October 2018 »

高原ドライブと、レンズトレード ~ 超広角から魚眼へ ~

中古レンズの販売サイトを見ていた時に、気になっていたレンズが思いのほか安いことに気が付いた。

最近はカメラを触っていなかったが、作例などを見ているうちにみるみる購買意欲が沸き上がる。
トレードする予定のレンズの買い取り価格がそこそこ良くて、1万円ほどの追金で入手出来ることが判ったことで発見から1時間も経たずにポチってしまった。

水曜夜に購入して金曜日に届いた。

smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED
 smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED

発売当時は珍しかった魚眼ズームだ。
本来APS-C用なのだが、14mm以上のズーム範囲ではフルサイズでも使えるようだ。

トレード予定のシグマの10-20mmと並べて置いてみる。

シグマと比較

なりの大きさは一目瞭然。このコンパクトさは持ち運びに有利だ。
前玉は出目金なのでフィルターの装着は出来ない。
ぶつけない様に注意は必要だな。

カメラに付けてみる。

カメラに装着

標準ズームの18-55mmと同じくらいかな。

    ----------------------------------------------------------

 7月14日 晴れ

さっそく撮影しに出かける。天気が良いので山に行こう。
(歩くわけではないのだが…)

車で行ける標高の高いところ…ということで志賀草津道路へ向かう。
連休だが朝早めに出て高速も使わなかったので渋滞に合わずに済んだ。

道中

草津白根山の噴火警戒レベルが上がっているので草津からは上がれず、万座ハイウェイを経由する。
途中の嬬恋牧場で寄り道。景色が良いのでここでテスト撮影。
 

はじめに元々持っていたシグマの方から。
広角端で撮影する。

                     【クリックで拡大】
SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC 10mm
K-5 +SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC   10mm F8 1/250

超広角の特性なのだが、周辺部が引き延ばされたようになり流れも出て解像が悪くなっている。
特に補正はしていないが、このレンズは少し暗めに写るようだ。
 

つづいて魚眼。同じく広角端で。

                     【クリックで拡大】
smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED 10mm
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   10mm F8 1/180

水平線を中心に通るように構図すると歪曲はあまり気にならない。
周辺部までしっかり解像しているのが好印象だ。

魚眼なので水平線を上下にずらすと盛大に歪曲する。
これはこれで面白い。

                     【クリックで拡大】
歪曲
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED
 

一方シグマでは上下にずらしても水平線はまっすぐだ。

シグマの歪曲

これが魚眼と広角の違い。

広角では歪曲を補正するようになっているが、結果として周辺部の像が引き延ばされたようになる。
感覚的に魚眼は首を振って見渡す感じで、広角は正面をみたまま目の端で周辺を見る感じだろうか。
感じ方は人それぞれだけど、自分にはそれがかえって不自然に見えてしまう。
 

今度は望遠端で撮ってみる。
魚眼では17mmだが、広角で写る範囲を合わせると14mm付近となった。

                     【クリックで拡大】
超広角と魚眼
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   17mm F8 1/250
K-5 +SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC   14mm F8 1/250

手前の牧柵や右側の木の並び具合から歪曲しているのが判る。
周辺部は魚眼の方が小さく写り、中心付近は焦点距離相当で17mmと14mmの大きさで写っている。
 

ここでの撮影を終えて車に戻って上を目指す。
万座温泉を抜けて志賀草津道路に合流。
この三叉路から草津の殺生までが通行止めだ。

山田峠で車を停めてまた撮影。
ちょっと高台まで登山道に入ってみる。

             【クリックで拡大】
縦構図
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   10mm F8 1/250

画面に太陽を入れてもわずかにゴーストが出るのみでコントラストの低下は起こらない。
ズームでこの解像と抜けの良さは、ワンランク上のレンズ相当ではないだろうか。
 

                     【クリックで拡大】
志賀草津道路
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   17mm F8 1/250

17mmで撮ると普通の広角レンズで撮ったようだ。
言われなければ魚眼とは気づかない。

ふたたび車に乗り志賀方面へ走らせる。
草津から上がって来られないせいか、交通量は少なく高原のドライブを満喫できる。


 

渋峠の国道最高地点でまた寄り道。

日本国道最高地点
 

眼下に芳ヶ平湿原の見えるところで魚眼っぽく撮ってみる。

                     【クリックで拡大】
国道最高地点のパノラマ
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   10mm F5.6 1/350

左端の木を見るとパープルフリンジが見て取れる。
解像は良いが周辺部で色収差が出やすいようだ。
もっともこれらはソフトウエアの処理で消せるのであまり問題とならないだろう。
 

持って行った他のレンズでも撮ってみる。

                     【クリックで拡大】
芳ヶ平
K-5 + HD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited   F8 1/180

まだ行ったことのない芳ヶ平湿原。
ちょっと陰ってしまったのが残念。
 

                     【クリックで拡大】
草津白根山と本白根山
K-5 + HD PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited   F8 1/180

木の無い草津白根山(湯釜)の奥に本白根山。
本白根の左側、黒くなっているのがこの冬に噴火した場所だ。
 

ひと通り写真を撮ったら、さて次はどこへ行こう。
このまま志賀高原に向かうか、戻って万座から降りるか…
考えたすえ、万座から高山村に降りる県道ルートにした。

万座温泉まで来たルートを戻る。
万座ハイウェイへの分岐を直進して県道へ。

長野県に入った先で三叉路を左折して寄り道。
待避所はあるものの、1車線幅の狭い道を数km。

着いた場所は毛無峠

毛無峠

以前、秋に来たことがある。

よくネタにされた群馬県の看板。

この先、群馬県

だいぶん字が薄くなってきたなぁ。
今回は雲がかかっているものの浅間山も見えた。

ここでもひとしきり撮影。

                     【クリックで拡大】
破風山
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited   F8 1/180

破風山。
気分次第で登ろうかとも思っていたが…まぁ今回も撮るだけだな。
 

                     【クリックで拡大】
車
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   10mm F5.6 1/350

少し戻った道端で車を撮ってみた。
間近で撮っても全体がフレームに入る。

景色を堪能したら街に降りる。
つづら折れをどんどん下る。

山の上では20℃台だった気温が30℃を超えてきた。
高山村を抜けて須坂市へ。
コンビニに入って昼飯を買う。
車を降りた途端に熱気がまとわりついた。

昼飯を食べながら今後のルートを検討。
まだ昼なので高速で帰るのはもったいない。
なので菅平から嬬恋を経由して帰ることにした。

再び山道に入り高度を上げていく。
鳥居峠で群馬県に突入。
国道から離れて"パノラマライン"と呼ばれる広域農道に入る。

しばらくして"愛妻の丘"と呼ばれる展望台があった。
妻に愛を叫ぶイベントをやる所だ。

愛妻の丘

イベントの無い今日はパラパラと観光客が来るくらい。
丘に上がってみると浅間山から湯ノ丸山までのパノラマが広がっていた。

                     【クリックで拡大】
丘からの景色
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED
 

時々滑りに行く鹿沢スキー場も見える。

                     【クリックで拡大】
鹿沢スノーエリアを背景に
K-5 + smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR   F2.8 1/1500
 

辺りは広大なキャベツ畑が広がっている。
農道なので時々トラクターが走っていたりもする。

                     【クリックで拡大】
キャベツ畑
K-5 + smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mm F3.5-4.5 ED   10mm F5.6 1/500
 

これで今回のビュースポットは終了。
帰りは来た道を逆ルートで戻る。
連休初日だけあって下り方面は渋滞気味であったが、上り方面は意外とスムーズに進んだ。

 本日の走行 357.5km

こうして久しぶりのドライブと撮影が楽しめた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏の横浜

 7月1日 晴れ

スキー仲間とのオフ会。今回は久しぶりの中華街へ。

善隣門

梅雨明けして気持ちのいい晴天。大通りもすっかり夏の雰囲気。

中華大通り

最初に向かったのは「山東
まずは餃子メインに腹ごしらえ。

山東の食事

春巻にアサリ炒め、それに水餃子に焼き餃子。
どれも美味い。

そこそこ腹にたまった感じで次の店へ。
大通りから離れて狭い香港路に入っていく。

香港路

今度の店は「保昌」。牛バラカレーご飯で有名だそう。
初めて入った店だが、席は広めにとっており快適。

お目当ての牛バラカレーご飯のほか、ひとり一品別々の定食を注文してシェアする。

保昌の食事

定食なのでご飯が付いてくるが、けっこう大盛りで大変。
おかずをやっつける感じで箸を進める。
結局カレーも残す感じになってしまった。
お茶を飲みつつしばらく休憩。

店を出て関帝通りへ。
お土産にお茶とか買いながら山下公園に向かう。

山下公園

炎天下で暑いことは暑いが、風が吹くと涼しく感じる。
やはり海沿いはすごしやすい。
内陸部の地元では風が吹くとドライヤーの熱風のように感じるものな。

海には潮の流れの影響かクラゲがいっぱい。
この場所は何度も来ているが、クラゲを見たのは初めてかも。

ミズクラゲ

潮風に吹かれながらみなとみらい方面へ歩く。
途中、象の鼻テラスで一服。
K氏は仕事のため、ここでお別れ。

山下公園~みなとみらい

赤レンガ倉庫から汽車道を歩いてランドマークタワーへ。
前回は展望台に行ったが今回はパス。

ランドマークタワー

今回は隣にある三菱みなとみらい技術館に行く。

三菱みなとみらい技術館

はじめて入ったが、どちらかと言うと子供向けの施設な感じ。
実際子供が多く、フライトシミュレーターなどの体験コーナーは長い待ち時間があったようだ。
大人としてはH-Ⅱロケットに使われているエンジンの展示や、MRJのシートに座れたのが良かったかな。
 

そんな感じで桜木町から電車に乗り横浜で解散。
例年は梅雨の最中だけど、やっぱり暑くても晴れるといいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2018 | Main | October 2018 »