« May 2018 | Main | July 2018 »

6月の梅雨明け

 6月29日 晴れ

6月最終週となったこの週、連日30℃を超える暑さが続いていた。
雨の降る不安定な日もあったが、週後半になると青空が広がった。

そこへ飛び込んできたニュースが関東甲信地方の梅雨明け

6月に梅雨明けなんて聞いたことがないと思ったところ、実際に統計を取り始めてから
最も早いそうだ。

さっそく気温はうなぎ登りで、今年何度目かの猛暑日を記録した。

猛暑日
 

まぁ速報値なので戻り梅雨で後にずれ込む可能性もあるけど、とりあえず1位の値が出たと言うことで記念カキコ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

18-19 カスタムフェア有明

 6月16日 曇り

スキーシーズンが終わるとやってくるのが新製品の展示受注会。
その中でも最大規模である石井スポーツのカスタムフェアに今年も行ってきた。

13時過ぎに国際展示場駅に到着。
コンビニで買ったパンでエネルギー補給してから会場に向かった。

いつもと同じ会場なのだがついてビックリ長蛇の列。

入場待ち

今までここまで混んでいることはなかった。
時間によっては入場制限まであったそうだ。

とはいえ10分ほどで受付を済ませて入場できた。

入ってすぐに"SALOTT"の板。

SALOTT

自分ら中高年には懐かしい「わたスキ」30周年だそうだ。

奥へ進むとジャンプだけではなくゲレンデ用も入ってきたスラットナーの板。

スラットナー

ウエアコーナーや各スキー場の福引きはスルーしてメイン会場に向かう。

カラフルなdpsの板たち(お高くて手が出ない…)

dps
 

木目模様がおしゃれな石井スポーツオリジナルブランドMOCU^2

MOCU^2

KEI-SKI製だそうで、ビンディングを直打ちして性能が出るように設計されているとか。
軽くてしなやかなので良さそう。来シーズン機会があったら試乗してみたい。

ロシのDLC(トップから延びるロッドとダンパー)付の30万円超えのGS板。
それが6万円引きとなって超お得!!
もう1本板が買えるね!!って同行者と言っていたら担当者も笑っていた。
大仰なギミックだがその分効果も絶大だという。

ロシとクナイスル

クナイスルの板も展示されていた。
カッコイイがやっぱり高いなぁ…

そうそう、来シーズンは軽量のアルペンブーツが増えてきた。
その中でも最軽量のHEAD NEXO LYT 130を履いてみた。

HEAD NEXO LYT 130

軽さが衝撃的だったATOMIC HAWX ULTRA 130よりもさらに軽い1540g(26.0)。
履いてみるとまぁ軽いこと軽いこと。

まぁブーツも板も来シーズンの分はもう確保している。
購入することはないが後のためにリサーチは大切だ。

購入といえばヘルメットをそろそろ新調したいので色々被って回る。
こればっかりはカタログだけじゃ判らないものだ。

だいたい目星をつけたところで会場を出てフードコートで休憩。
ボチボチと皆が集まったところで晩餐会のレストランまで移動する。

今年は場所を移して有明セントラルタワーにあるCHINA GREENへ。

前菜とフカヒレスープから始まって色々出てくる。

CHINA GREEN

料理は美味しかったが円卓に11人はちょっと狭かったかな。
20時半にお開きとなり、各々帰路についた。

やっぱり同じ趣味の仲間と濃い話が出来るのは楽しいなぁ。
来月もあるのでまた行こうかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寺バイト・残業

データ用のDドライブ(256GB SSD )がいっぱいになってきた。

データがいっぱい

最近になって大容量のSSDも価格がこなれてきて、テラバイト級も入手しやすくなった。
そこでこの機会にドライブを入れ替えることにした。

選んだのはMicron 1100シリーズ2TBのもの。
3万円台と2TBでは破格の安さで、他社1TBモデルとの価格差は1万円弱。
せっかくなら大容量を、という訳だ。

Micronブランドで発売されているが、中身はcrucial MX300と同じものらしい。

第一世代の3D TLC NANDを採用して、速度は読み書きとも500MB/s以上。
総書込み寿命は400TBW、MTTF(平均故障時間)は150万時間と十分な性能だ。

ソフマップの店頭で貯まっていたビックポイントや商品券を駆使し2万円ちょっとで入手。
パッケージは無く、プチプチに包まれただけのバルク品だ。

Micron 1100 MTFDDAK2T0TBN-1AR1ZABYY

外装はネジ止めではなく、はめ込みで触るとペコペコする。
組んでしまえば関係ないけど、コストダウンしているなぁ、って感じ。

久しぶりにPCの蓋を開け、ドライブベイを外してデータ用のSSDを交換する。

交換作業

なんとなくシステムとデータのドライブを逆につけてみた。
こちらの方が見栄えが良かったので。

ドライブベイ裏表と取り付け

配線を済ませたらPCを起動して確認。
管理ツールからフォーマットしてアクティブ化する。

DiskInfoで見てみると・・・・とりあえず正常。

DiskInfo

きれいなうちにベンチマークをとってみる。

DiskMark

そういえばSATA2ポートでした。
理論上限値が375MB/sなのでこんなもんでしょう。
不便はないけどSATA3ポート複数とUSB3.0が欲しいなぁ…

いったんPCをシャットダウンして今までのデータ用SSDを接続する。
ふたたび起動したらデータの移動開始。
220GB・14万ファイルあるので結構時間が掛かりそう。

PCは仮組みでファンは外してあるので、外部300mmファンで冷却する。

扇風機とも言う

SATA2同士で繋げているので動画ファイルなど大きなものはそこそこスピードが出る。
が、メールなど細かいファイルはかなりスピードが落ちた。

最高240MB/s

結局、小一時間掛けてデータ移動完了。

新しいデータディスクのプロパティを見てみると・・・・

プロパティ

おぉ~余裕じゃん。
なんかもう一生分のデータが入りそうだ。

後は電源を切って古いデータSSDを外せばOK。
シャットダウンをクリックしながら、さてこれは何に使おうかと考えていると、なぜかまたPCが起動した。
間違って再起動を押したか?ともう一度シャットダウン。

ところが切れたと思ったら再び起動を始める。
ここで原因を探っていれば良かったのかもしれない。

しかし面倒がって強制終了をしてしまった。

古いSSDを外して起動すると"ブート出来るドライブがないよ(英文)"とメッセージが。
UEFIを見てみると、ドライブは認識されている。ブート順序もOK。

修復してみるかとUSBインストールメディアを挿して起動。
スタートアップ修復をやってみる →不可
システムの復元 →復元ポイントがないよ

あとはコマンドプロンプトか・・・
ノートPCを起動して調べながらいろいろ修復を試みる。
そうしているうちにエラーメッセージが変わった。

エラーーーー

どうやら起動に関わるファイルか設定が壊れたようだ。
これらを修復するコマンドを打ち込んだりしてみたが状況は変わらず。
そうこうしているうちにインストールメディアからブート出来なくなってしまい詰んだ。
こんな時は寝るに限る。。。。

 
翌日。
午前中に用事を済ませて午後から手を付ける。

いっそのことPCを更新してしまうかとも考えたが、見積もってみると最低6万くらいは掛かりそうなのでパス(メモリが安ければ行っていたかも)。
仕方ない、クリーンインストールしてしまおう。

幸いドライブ自体は壊れておらず、USBアダプタで必要なファイルは救出出来た。
それからセキュアイレースしてまっさらな状態に戻す。

あとは新しいPCを組む要領で。
USBインストールメディアは相変わらず使えなかったので、以前デスクトップ機を更新する時に作ったDVDメディアを使用した。

インストール中

各種ドライバも入れてひと通り終わったらLANにつないで認証。
ちょっと心配だったがすんなり通った。

そしてWindows Update → アンチウィルスソフト導入 → ネットやメール環境の移行と済ませて一応使えるようになった。
他のアプリケーションは必要になった時に都度インストールしよう。

 
サクッとドライブ入れ替えるだけの予定が、思いがけず手間取ってしまった。
急がば回れ、面倒くさがるのはやめましょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« May 2018 | Main | July 2018 »