« 軽量化と低床化、そして滑り納め | Main | ドラレコ付けてみた »

【HAWX】 ・・・・って造語なんだね。

スキーシーズンが終わったばかりなのだが、来シーズンへの始動である。

最近は各メーカーより軽量化を果たしたアルペンブーツが出始めた。
16-17シーズンにその火付け役となったATOMICのHAWX ULTRAシリーズ
初めて展示会で履いた時にはその軽さに驚いた。

今のブーツを購入してから5シーズン経過し、そろそろ更新を考えていた。
これが次期有力候補だったのだが、いかんせん高い。
型落ちを探すも人気がある為か、高かったりサイズが無かったり・・・

色々探しているうちにトップモデルの130ではなく、ひとつ下の120ならばサイズが有り、価格もお手頃だった。
ちょうどYahooショッピングでクーポンやポイント増額キャンペーンがあったので、発見から間もなくポチったのだった。
 

5/11注文で翌12日には送られてきた。

ATOMIC HAWX ULTRA 120
 16-17 ATOMIC HAWX ULTRA 120

各地店舗の展示品を安くしているようで、発送地はバラバラのようだ。
元箱は無かったが、ショップオリジナルのブーツケースが付属していた。

元のブーツ(ROSSIGNOL RADICAL DEMO 130 SI )と比べてみよう。

                     【クリックで拡大】
ブーツ比較

シェルの肉厚が薄くなっているせいか全体的に細身のシェイプ。
バックサポートが比較すると高く、後傾した時でもしっかり支えてくれそうだ。
足首は少し起きてる感じ。ランプ角はどうだろ?

試しに片足ずつ履いてみた。

試し履き

特に当たるところも無く快適。もちろん展示会で確認済であったが…
フレックスがロシの130から120に下がったが、膝を入れた感じはあまり変わらない。
もっともロシは5シーズン・100日以上使ったのでヘタっているかもしれないが。

シェルとカフを繋ぐネジが追加できそうなので、実際に滑って柔らかかったらカスタマイズすればいいか。
ちなみに HAWX ULTRA 130は元からこのネジが2本入っている。
このブーツも2本にすれば130相当になるのかな?
そうそう、このブーツはシェルも熱整形出来るので、後で実店舗に持って行こう。

フレックス調整できる?

そういえばソール長が結構短くなった。
ロシが296mmだったのに対して290mm。
手持ちの板のビンディングはすべて調整だけで大丈夫だが面倒だな。

あとは滑った時のフィーリングだが、これはあと半年以上先だ。
楽しみにして指折り待つことにしよう。

|

« 軽量化と低床化、そして滑り納め | Main | ドラレコ付けてみた »

Comments

いらっしゃーい。
確か、120のほうが幾らか重いんだよ。なんで?て思った記憶が。

多分、なんの問題もなく履きこなせるのではないでしょうか。

Posted by: ソーレ | May 15, 2018 11:28 PM

よろしく先輩。

40g位重いんだよね。
カフの材質が違うのでその分の重さなのかな。
インナーを抜いてシェルだけにすると、薄くてなんかオモチャみたい。

Posted by: めえ | May 16, 2018 09:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【HAWX】 ・・・・って造語なんだね。:

« 軽量化と低床化、そして滑り納め | Main | ドラレコ付けてみた »