« T○P GUN | Main | プラグ交換 »

コブ試し

 4月22日 快晴

W氏とかぐらへ。

前回は硬い雪で性能を試せなかったMAVERICKをコブでテストする。

駐車場の混雑を考慮していつもより30分早く出発。
昨年はみつまたから上がったが、今年は田代から上がる。
田代ステーションに7時すぎに到着。駐車場はまだ1/3位か。

7:15のチケット販売開始と同時に並ぶ。
国土系だけあって決済方法が多彩だった。
今回はSuicaで購入。例年通り午前券で安く済ませる。

この週末は特に気温が高く、湯沢でも夏日になる予想。
ウエアの袖を外して長Tシャツにベストの恰好にした。
日焼け止めもしっかり塗らないと。

7:30のロープウェイ始発には支度が間に合わず、2便の7:40に乗った。
山頂駅に到着したが快晴無風で暖かい。
雪はすでにゆるゆるだ。

ロープウェイ山頂駅から

積雪は昨年に比べると少なめだが、一昨年よりは断然多い。

取り合えず奥のゲレンデに向かう。
第1高速沿いの緩斜面で足慣らしを2本。

フラットバーンではある程度スピードが出るといい感触が出てくる。
板のラディウスが緩いので低速だと撓みが出にくいと思われる。

次に1本奥のダイナミックコースに移る。
リフト沿いが"コブトレーニングバーン"と銘打たれてネットで仕切られている。
そこにラインコブが2本、ネットの外にピッチの細かいラインが1本あった。

コブトレーニングバーン

1本目は違和感があって上手く乗れなかったが、2本目はまぁまぁ滑れた。
フレックスの柔らかさで発射しにくく、ズラし易さがコントロールの良さに繋がっている。

そうしているうちに、連絡コースが開いたのでかぐらへ向かう。
一昨年のようなコースの狭さは無いが、板掴みとも呼ばれる滑らない雪が多いので緩斜面では結構大変だ。

かぐら第4リフトで上がったら、そのままジャイアントコースへ。
ここでもコブを滑って降りる。長いので脚にくる。

第1高速の乗り場に向かうが、リフト待ちの人がかなり多い。
連絡コースで交差する田代に向かうルートへ大勢滑っていったが、このリフト待ちを嫌ったのかもしれない。

リフト上から見えるメインゲレンデは、まだそんなに荒れていないように見えた。

メインゲレンデ

リフトを降りると第5ロマンスが動いているのがみえた。
せっかくだから先にそっちに行ってみる。

パウダーのシーズンは大混雑するリフトだが、この時期になるとリフト待ちも無かった。
降りたところがスキー場の最上部。取り合えず写真タイム。

                     【クリックで拡大】
ゲレンデトップからの景色

下ったら上り返してまだ滑っていないメインゲレンデへ。
この頃になるとだいぶん板にも慣れてきてコブでの扱いが楽になってきた。
かなり自由に滑れる感じで、ストックワークとか他の所にも意識が向けられるようになる。

メインゲレンデ下部

第1高速に並行する第3ロマンスが動き始めたのでリフト待ちも減ってきた。
次はテクニカルコースへ。

バンクのコブが3ラインくらいあり、その間にモーグルのコブが作られている感じ。
いつもは息も絶え絶えになるのだが、扱いやすい板のおかげで楽できる。

11時近くなったのでそろそろ戻ることにする。
もう一度スキー場トップまで上がってから田代に向かった。

12時昼食をめどにダイナミックコースのコブで時間調整。

ダイナミックコースのコブ

かぐらで一番急斜面のチャレンジバーンも滑ってから田代のベースに戻った。
レストハウスで席に着いたのが12時ジャスト。
暑くて喉がカラカラ。冷水をおかわりしてやっと落ち着いた。
もう滑る気も無いのでSki Tracksを停止。

 本日の滑走 4007m/17本

昼飯を食べてまったりしてから13時のロープウェイで下山。
麓はもっと暑かった。

そして埼玉に戻ってくると・・・・そこは夏だった。

十字路

|

« T○P GUN | Main | プラグ交換 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コブ試し:

« T○P GUN | Main | プラグ交換 »