« 試乗会 おかわり!! | Main | コブ試し »

T○P GUN

 4月8日 雪のち晴れ

時間券の残りを消化すべく丸沼へ。

7時半過ぎに到着したが第1駐車場の方に回された。
この時期、他のスキー場がクローズしてくると丸沼には人が集まってくる。

リフト運行開始は8:15なのでゆっくり身支度をする。
今日は寒気が入り積もるほどではないが雪が舞う天気。
春用のウエアなので少し寒そうだ。

時間になりゲレンデへ。
雪はザラメが凍ったアイスバーンだった。

イエローコースはすでにブラシが出ていて滑れないのでバイオレットに向かう。
こちらもリフト右側はもう滑れなくなっている。

バイオレット

今回は新たに入手した板を持ってきた。

 09-10 K2 MAVERICK 160cm 118-80-104 R=17m
MAVERICK

三浦雄一郎氏が開発に携わった"KLASSIK"というモデルがあった。
シニアスキーヤーが身体に負担を掛けることなく楽しめるようにと作られたモデルだ。
MAVERICKはその兄弟機と言えるモデルで味付けの違いはあれど基本的に同じ。
片やシニア向け、片や中級向けのオールラウンドと謳われている。

センターが少し広めでサイドカーブがあまり無く寸胴なシルエット。
軽くフレックスが柔らかでパワーが無くとも楽にコントロール出来る。
その操作性の良さから山スキーで使う人もけっこう居るようだ。

春のザラメに良いかと思ってオークションにて入手したが今回はアイスバーン。
まぁザラメは次回試すとして今回は硬い斜面でどうか試してみよう。

 
リフト乗り場までちょっと滑った感じではエッジがルーズで頼りない感じ。
バイオレットに入り、大回りで角を立てて滑ってみると感じが変わった。

食いつく感じは無くてズレるのだが、はけてしまうのではなく撓んでズレつつ回る感じ。
足場はちゃんと出来るので恐怖感は無くスピードコントロールも容易だった。

一方、小回りはラディウスが大きいこともあってキレの良い滑りは難しかった。
柔らかい雪なら板の撓みを使えるので良くなりそうだが・・・

1時間滑ったところで冷えてきたので休憩を取る。
ミルクティーで体を温めて残り2時間。

しばらくすると晴れてきたので上部のコースにも行ってみる。
コブでも試したかったのでシルバーコースへ。

                     【クリックで拡大】
シルバーから見えた丸沼

前日は気温が上がりザクザクになった雪がそのまま凍ったコブ。
まともに滑れたものでは無かったが、そんな中でもスイングウェイトの軽さで取り廻しの楽さは体感出来た。

アイスバーンが融けることは無かったが、時間が経つと削られた氷が溜まってきた。
疑似的に柔らかい雪になり、板の特性が現れてくる。

少し荒れたザラメっぽい雪でカービングしてみる。
中速域までは問題ないが、高速域で雪を蹴散らして行くほどの強さはない。

                     【クリックで拡大】
グリーンコースからの武尊山

2時間目の最後にゴンドラに乗りゲレンデトップへ。

               【クリックで拡大】
日光白根山

中腹まで下って残り1時間はグリーンとバイオレットで回す。
そろそろ脚に来る時間帯だが今日はまだ大丈夫。
さすが疲れにくいスキーの本領発揮である。名前と裏腹に優しい板だ。

こうして3時間しっかり滑ってあがり。

 本日の滑走 3344m/19本

次回はザラメのコブを滑ってみよう。


南郷の桜

|

« 試乗会 おかわり!! | Main | コブ試し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference T○P GUN:

« 試乗会 おかわり!! | Main | コブ試し »