« ジビエとカービング | Main | 久しぶりの川場 »

久しぶりの岩鞍

 3月3日 晴れ

日帰りで片品方面へ。

いつもならかたしな高原に向かうのだが、久しぶりに岩鞍で滑ってみたくなったのでそちらへ。岩鞍で使える前売りの時間券があったのと、この週末はコース規制が無かったのもその理由だ。
岩鞍で滑るのは4シーズンぶりだ。

前日は雪が降ったようだが、道中の路面に雪は無かった。
120号に入ってからは意外と車が多く、老神温泉のあたりでは少し渋滞もあった。
片側通行の場所は暖かくなって工事が進んだのか規制解除されていた。

そんなこんなで8時頃に岩鞍到着。
さっさと準備してゲレンデへ向かう。

以前は第2駐車場からホテル前までのシャトルバスがあったのだが、どうも見当たらない。(スキー場HPによるとバスはあるようだが本数を減らしたのだろうか?)
仕方ないのでゴンドラ乗り場まで歩いていく。
これが雪の上を長い距離歩くので結構疲れる。

朝のゴンドラ駅

ゴンドラ運行前についたので飲み物を買って水分補給。
朝の時点で既に暖かく、昼間はかなり暑くなりそうだ。

まもなくゴンドラが運行を始め、人の列が一気に動く。
結構並んでいた人がほぼ駅舎の中に収まった。
お一人様レーンが空いていたのでそちらへ向かい、ほぼ待ち無しで乗り込めた。

山頂駅に到着。
天気は快晴で景色はバッチリ。武尊山が正面に見える"ななかまど"コースへ。

                     【クリックで拡大】
武尊山とななかまどコース

ななかまどは1kmを越える快適な中斜面が続く。
雪は下地の上に5cm位の新雪が乗ってパックされている。
しかし残念ながらピステンの段差や雪の塊があったりするので、無心で飛ばせる感じではない。

今日はロングの板を持ってきたので、ぐっと角付けして滑りたいが恐る恐るといった感じでかえってスピードが出てしまう。朝の1本目から最高速を記録してしまった。。。

続けてななかまどを滑るにはリフト2本を乗り継がなくてはならないので、2本目は女子国体沢コースに向かう。
こちらもフラットだけど小さい雪玉がいっぱい。
がんばって角付けだけでスピードコントロールしようとするが、先に脚力の限界が来てしまう。まだ人が少ないのが幸いだ。

下りたらチャンピオンコースへ向かう。
こちらの方が人気があるようで、そこそこ人で賑わっている。
翌週にオール早稲田の大会があるせいか、フォーメーションの練習をしているグループもあった。なんかの掛け声が響く。

続いて隣のエキスパート下へ。

エキスパートのリフト

こちらは前2本のコースより少し斜度が緩まりコース幅も広いので気持ちよく飛ばせた。

そのまま第8クワッドに滑り込み、第5ロマンスと乗り継いでゴンドラ山頂まで戻る。
今度は女子国体西山コースだ。

スペック上は沢コースより急斜面なのだが、スピードは抑えられる感じがする。
幅も広くないのに不思議なことだ。

そろそろ1時間分が終了なのでもう一度ゴンドラ山頂へ。
そこからミルキーウェイで一気にベースまで滑る。

ミルキーウェイ

ここはゴンドラで繰り返し滑れるコースであり、初級者でも降りられるので賑わっている。
下部では地形遊びも出来るのでボーダーにも人気だ。

ベースまで戻ったらゴンドラで登り返し。
もう暑くてヘルメットやグローブを外さないとやってられない。

2時間目はななかまどから始まり、しらかばx2、女子国、エキスパート下x3と回った。
ここで時間となりベースまで下る。
時間はまだ10時半だが朝も早かったので昼食にしてしまおう。
岩鞍ではよく行く「うめでん」に入る。いつも食べるカツ丼を注文。

うめでん

さすがに早いので一番乗りだったが、食べ終わる頃には続々と人が入ってきた。

ここで一度駐車場まで戻り、板を履き替える。
以前、友人に貰った板で、ビンディングを付け替えてから一度も滑っていないものだ。

FISCHER UNLIMITED
         2000/2001 FISCHER UNLIMITED (右)

17年前のフリーライドっぽい板だが、さてどうだろうか。
再びゲレンデへ戻る。軽くて持って行くのは楽だ。

ゴンドラまで行くのは大変なので、チャレンジコースのリフトへ乗る。
滑りだしてみると・・・・昔のカービング板らしく線で滑る感覚が強い。
それでいてトップが短く安定感が乏しい。
ビンディングがあと5cm後ろだったらまだ良さそうだけど…。

はるか昔に塗ったワックスのままなので、時々詰まって前転しそうな感じがする。
(これは自分のせいだが)
とりあえず続けてゴンドラへ。

もともと短い板で不整地はどうだろうかと持ってきたので、男子国体コースへ向かう。
国体のGSLのコースとして使われたそうだが、この狭い急斜面でよくやったものだ。

男子国体コース

非圧雪なので前日降った雪でボコボコになっている。
短くフレックスも硬い板なので、じっくり撓ませて回すのが難しい。
フラットにすると途端に不安定になるので、常に角付けしなくてはならず、降りた頃には這う這うの体だった。

いったんベースまで下りてから、リフトを乗り継いでリーゼンコースに向かう。
あまり期待は出来ないが一応コブも試しておく。

リーゼンは最近ピステンを掛けたのか、ラインコブが数本といった状況だった。
まだ深くは掘れていない感じ。

リーゼンのコブ

滑ってみると短いぶん取り廻しはいいものの、溝に沿わせて滑ると発射しそうでコワイ。
トップが短くてフレックスを使った吸収が出来ないのがまたツライ。
あわよくば春のコブ用にと目論んでいたが、どうも無理っぽい。

ここで時間券を3時間分使用。
脚も無事終了したのであがることにした。

 本日の滑走 2938m/17本

SKI TRACKSは4546m/27本となっていたが、ゴンドラ乗車中にGPSをロストするのかバーティカルが飛び気味でその都度、本数と標高差が加算されてしまっていた。

 
それにしても3月になった途端に暖かくなってすっかり春スキーの様相となった。
帰るまでにザラメとはならなかったが、雪はだいぶん緩んで片栗粉っぽくなっていた。
日曜日はもっと気温が上がる予報なので完全にザラメになりそう。

ハイシーズンの乾いた雪が無くなるとシーズンも終盤だなぁと物悲しくなるなぁ…

滑らなかったエキスパート上部

|

« ジビエとカービング | Main | 久しぶりの川場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりの岩鞍:

« ジビエとカービング | Main | 久しぶりの川場 »