« January 2018 | Main | March 2018 »

ジビエとカービング

 2月17日 晴れのち雪

W氏とかたしなへ。

関越道で沼田へ。
120号の流れが悪かったものの、かたしなの駐車場には7時50分位に到着。
第1駐車場の半分ちょっと辺りに位置になった。

準備を整えてゲレンデへ。

今日は低気圧が抜けて次第に冬型になっていく予報でまだ暖かい。
ミドラーは薄手の物を着て行った。

前日まで暖かい週だったのでアイスバーンと思いきや、意外と雪はよかった。

朝のかえで

到着時は晴れていたが1本目のリフトに乗っているうちに雪が降りだす。
風上の岩鞍には暗い雲が迫ってきてる。

いつもはポールが張ってあるリフト側が珍しく空いていたので主にそちら側を滑走。
エッジが良く掛かるので角付けを深めてGを楽しむ。

空いている

今日はi RACEを持ってきた。
先週のredstarに比べると張りが強く、体重+αを掛けないと上手く撓ませられない。
もう少し柔らかいと楽に乗れそうなのだが・・・・

天気は目まぐるしく変わり、激しく雪が降ったり、薄日が見えたり。
途中で寒くなりミドラーを薄手からダウンに交換。

激しく雪

連休翌週だからかゲレンデは空いていて、いつまでもかえでで滑れそうな雰囲気だったが適当なところで裏へ回る。
各コースを楽しく滑って回り、11時前まで休まず滑ってから玄さんへ昼食に向かった。

入口に「本日のスープはイノシシ肉のトマトコンソメ」とあった。
いいねぇ、ジビエか。

そしてメニューを見てみると限定4食で鹿肉のペッパーごはん」とある!!
以前、売り切れて食べられなかったものだ。

限定4食

聞いてみるとまだ有るとのことだったので、それを注文。
待っている間にスープをいただく。身体が温まって美味い。

やがて料理が出来上がってきた。
レアな鹿肉が鉄板の上でジュージュー音をたて、香ばしい匂いが食欲をそそる。

鹿肉のペッパーごはんとイノシシ肉のトマトコンソメ

肉を転がし鉄板の余熱で表面を焼いてからご飯にまぶして頂く。
これは美味い!!

ゆっくり休憩してから午後のゲレンデへ。
降り続く雪でコンディションはハードからソフトになってきた。
板が引っかからないように縦に滑らせながら、出来るだけ角付けを深めて滑る。
いい感じで13時まで滑って上がり。

 本日の滑走 3449m/18本

調子が良かったので滑走本数が伸びた。

滑り終えて駐車場に戻ると雪はほどんど積もっていない。
ゲレンデでは寒く感じたが、まだ気温はそれほど下がっていないようだ。

道にも雪は無かったので根利を通って帰る。
大間々ではまた焼きまんじゅうを食べて、お土産も買って帰宅した。

翌日はパウダー日和になりそうだし泊まりの方が良かったかな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

食事の美味しい宿とジュニア検定

 2月10日 曇り

昨年に引き続きキッズキャンプの行われる白樺高原国際へ。
今年は友人の子供たちがジュニア検定5級に挑むということでそのお手伝いも。

土曜日は夜勤明けなので昼過ぎに自宅を出発して16時ころに宿で仲間と合流した。
今回の宿はゲレンデまで徒歩数分のプチホテル・ベル
昨年、帰る前に昼飯を食べたところだ。

プチホテル・ベル

夕食まで部屋でダラダラ過ごす。
新しいマテリアルやウエアーの話題など。

夕食の時間となったが、この宿はB&Bのスタイルなので併設のレストランへ。
おのおの好きなものを注文して食べる。
メニューは昼食時と同じで、夕食としてはリーズナブルだ。

しょうが焼きを注文。

しょうが焼き

見た目はしょうが焼きなのだが、ガーリックも使われていて焼肉のような風味で美味い。
ゆっくりと食事を楽しんだ後は部屋にもどってオリンピック観戦。
ジャンプの採点を見ながら喧々諤々と盛り上がった。

 
 2月11日 曇りのち晴れ

低気圧の通過で前日夕方から降っていた雪は5cm程度の積雪だった。

雪

今日は次第に冬型の気圧配置となってくる。
気温はまだ高めだが風が強そうだ。

今回は久しぶりにSL板のredstar(右端)を持ってきた。
14-15シーズン以来だから履くのは3年ぶりか。

redstar

宿から歩いて徒歩数分のゲレンデへ。
天気は晴れたり曇ったり。雲の流れが尋常なく速い。

ゲレンデへ

取り合えずスキー場最上部まで上がる。
昨夜降った雪のおかげでコンディションは上々。

ゲレンデトップから

女神湖では相変わらずコースが作られ、氷上ドライビングが行われている。
こっちもいつか参加したい。

女神湖の氷上ドライビング

下まで降りるとリフト・ゴンドラが混んでいるので上部のリフトで回すことにする。
子供たちがかなり滑れるようになってきたので、大人も結構滑れる。

久しぶりの乗るredstarだが柔らかく撓んで切れて走る。
やっぱり良い板だ。14年前のモデルだが未だに第一線で使える。

子供たちの検定は先生が講習をしながら見て合格を出すものだが、雰囲気を味わえればとスタートとゴールを設定してそれっぽくしてみる。
2人とも上手に滑って見事合格!! あとで授与式をやってあげよう。

昼時になりセンター2階の休憩室へ。
前日に買っておいたサンドイッチで昼食にする。
2個半は少々食べすぎで、オリンピックのフィギュアスケートを見ながら長めの休憩。
外を見てみると、ゴンドラ待ちの列が長く伸びていた。
あまり混雑するスキー場ではないけれど、さすがシーズン一番混雑する週末だけある。

ゴンドラ待ちの列

午後はコブにも行ってみたりしながら何本か滑った。
リフト待ちが長かったので珍しく16時頃までゲレンデに居た。

 本日の滑走 2135m/10本

蓼科山

宿に戻ってしばらくするとS氏が遊びにやってきた。
ケガの状況など話をして、ついでに夕食も一緒に食べていく。

今日はメンチカツを頼んでみた。
蓼科牛を使ったメンチは肉の旨味が凝縮されていて美味い。

メンチカツ

今夜のオリンピックは女子モーグル。
自分たちにも多少関係するだけあって、観戦に盛り上がった。

 
 2月12日 雪

朝起きて外を見ると・・・・吹雪いている。
冬型が強まって日本海側では大雪となっていたが、ここ白樺湖周辺でも降るとは思っていなかった。

今日の朝食は和食。

朝食

昨日は洋食だったが、連泊する人には和食も提供するそうだ。

荷物を少しまとめてから一部屋に置かせてもらいゲレンデへ。
気温は低いので主にゴンドラで回す。ゲレンデトップの温度は-13℃だった。

寒いゲレンデ

メインコースを1本滑ったあと、コブへ向かう。
ピッチの長いコブと短いコブの2レーンある。
硬いコブだが浅いのでなんとか完走出来る感じだ。

コブ

最後にメインコースを滑って昼で上がり。

 本日の滑走 1229m/6本

宿に戻って着替えたら、そこで解散。

出発時の気温は-8℃。
佐久方面に下る道は上は完全に雪道だったが半分も降りると雪は無くなった。

途中で2回凍り付いた雪を落として高速へ。
早上がりしたおかげで渋滞に掛かることもなく16時には帰宅した。

去年からの子供たちの上達に驚いた週末だった。

夏は牧場


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2018 | Main | March 2018 »