« 焼き物2点 | Main | 食事の美味しい宿とジュニア検定 »

強い寒波のあとで

1月下旬は記録的な寒波となり日本海側では大雪が続いた。
そして週末になると寒気も弱まり、絶好のパウダー日和となりそう。
久しぶりにパウダー用の板を使えそうだ。

 1月28日 曇り時々晴れ

昼頃までさくっと滑ってこようと、近い水上方面へ。
天神平と宝台樹、どちらにしようか迷ったが、天神平は前日に雪が多すぎて営業開始が遅れる可能性が告知されていたので宝台樹に向かった。

ダムの上を渡って藤原湖沿いの道に入る。

藤原ダムを渡る

快適な雪道を走って8時ちょっと前にスキー場到着。
第1駐車場がまだ半分埋まっていない感じ。意外と人が少ないのだろうか。

リフト運行開始の8時半に合わせてゲレンデへ。
雪は止んで時々日が差す天気だ。

ファミリーゲレンデ

板はパウダー用のINFLUENCEを持ってきたが、思っていたほど新雪は無いような・・・
夜勤明けで仕方がなかったとはいえ、土曜日の方が正解だったかも。

ファットスキー

取り合えず緩斜面のファミリーゲレンデを1本。
INFLUENCEはサイドカーブが緩いので整地では気を遣う。

滑っていると左手の尾根から滑ってくる人が居る。
尾根の中腹まで登る第2リフトが動いているのでそちらへ。

そこから降りてくる中斜面のコースが半分未圧雪だったので突っ込む。
すね位の新雪だがそこそこ楽しく滑れる。

次も行こうと同じリフトに乗るが、途中で第9クワッド運行開始のアナウンスが。
パウダーは食いつつも慌ててそちらに向かう。
ここからだと第1ペアか第6ペアを乗り継がなくてはならないので出遅れた感が強い。

ようやく第9クワッド乗り場に到着。
待っている人は少なく、もう多くの人が上に居るってことだ。
長いリフトを降りるとゲレンデトップ。上越国境の山々の展望が広がる。

ゲレンデトップから

谷川岳・一ノ倉沢の絶壁も見えた。

一ノ倉沢

ここから下るコースは3本。
そのうち一番新雪が残ってそうな第9コースへ。

第9コース

もうギタギタかなと覚悟していたが、トレースはそこそこある程度。
コースを選べば結構楽しめそうだ。

ここでの新雪は踏まれていないところでひざ程度。
トレースを避けて縦目に降りて行ける。

降りたらクワッドで登り返して第10コースへ。
こちらの新雪は喰われ尽くされて荒れ地となっていた。
沢のコースだが"天然クオーターパイプ"と謳われているので壁に登ったりして遊ぶ。

降りてみると尾根に上る第7リフトが動いていたのでそちらへ。
この尾根からは4本の急斜面コースが落ちているので順に回って行く。

まずはパラダイスコース。
だいぶん踏まれていたが、まだパウダー感は感じられた。

パラダイスコース

その後、イーグル・ダウンヒル・スラロームとコースを巡って行く。
スラロームコースの端で新雪を滑れたが、あとのコースは荒れ地であった。

11時を過ぎて脚も疲れてきた。
まだ成平コースを滑っていないので第9クワッドに向かう。

この成平コースは尾根上を滑るコースで展望が良い。
昔は好きなコースだったが、今はコース幅の狭さが気になる。

成平コース

急斜面や不整地ばかりで脚が終了近くなったので、最後にフラットなところを滑りたい。
第6ペアと第2ペアをそれぞれ1本ずつ滑ってあがり。

 本日の滑走 3338m/14本

白樺ゲレンデには行かなかったが、それ以外はほぼコンプリート。

ほぼコンプリート

どパウでは無かったが終わってみれば楽しい1日だった。

|

« 焼き物2点 | Main | 食事の美味しい宿とジュニア検定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 強い寒波のあとで:

« 焼き物2点 | Main | 食事の美味しい宿とジュニア検定 »