« December 2017 | Main | February 2018 »

強い寒波のあとで

1月下旬は記録的な寒波となり日本海側では大雪が続いた。
そして週末になると寒気も弱まり、絶好のパウダー日和となりそう。
久しぶりにパウダー用の板を使えそうだ。

 1月28日 曇り時々晴れ

昼頃までさくっと滑ってこようと、近い水上方面へ。
天神平と宝台樹、どちらにしようか迷ったが、天神平は前日に雪が多すぎて営業開始が遅れる可能性が告知されていたので宝台樹に向かった。

ダムの上を渡って藤原湖沿いの道に入る。

藤原ダムを渡る

快適な雪道を走って8時ちょっと前にスキー場到着。
第1駐車場がまだ半分埋まっていない感じ。意外と人が少ないのだろうか。

リフト運行開始の8時半に合わせてゲレンデへ。
雪は止んで時々日が差す天気だ。

ファミリーゲレンデ

板はパウダー用のINFLUENCEを持ってきたが、思っていたほど新雪は無いような・・・
夜勤明けで仕方がなかったとはいえ、土曜日の方が正解だったかも。

ファットスキー

取り合えず緩斜面のファミリーゲレンデを1本。
INFLUENCEはサイドカーブが緩いので整地では気を遣う。

滑っていると左手の尾根から滑ってくる人が居る。
尾根の中腹まで登る第2リフトが動いているのでそちらへ。

そこから降りてくる中斜面のコースが半分未圧雪だったので突っ込む。
すね位の新雪だがそこそこ楽しく滑れる。

次も行こうと同じリフトに乗るが、途中で第9クワッド運行開始のアナウンスが。
パウダーは食いつつも慌ててそちらに向かう。
ここからだと第1ペアか第6ペアを乗り継がなくてはならないので出遅れた感が強い。

ようやく第9クワッド乗り場に到着。
待っている人は少なく、もう多くの人が上に居るってことだ。
長いリフトを降りるとゲレンデトップ。上越国境の山々の展望が広がる。

ゲレンデトップから

谷川岳・一ノ倉沢の絶壁も見えた。

一ノ倉沢

ここから下るコースは3本。
そのうち一番新雪が残ってそうな第9コースへ。

第9コース

もうギタギタかなと覚悟していたが、トレースはそこそこある程度。
コースを選べば結構楽しめそうだ。

ここでの新雪は踏まれていないところでひざ程度。
トレースを避けて縦目に降りて行ける。

降りたらクワッドで登り返して第10コースへ。
こちらの新雪は喰われ尽くされて荒れ地となっていた。
沢のコースだが"天然クオーターパイプ"と謳われているので壁に登ったりして遊ぶ。

降りてみると尾根に上る第7リフトが動いていたのでそちらへ。
この尾根からは4本の急斜面コースが落ちているので順に回って行く。

まずはパラダイスコース。
だいぶん踏まれていたが、まだパウダー感は感じられた。

パラダイスコース

その後、イーグル・ダウンヒル・スラロームとコースを巡って行く。
スラロームコースの端で新雪を滑れたが、あとのコースは荒れ地であった。

11時を過ぎて脚も疲れてきた。
まだ成平コースを滑っていないので第9クワッドに向かう。

この成平コースは尾根上を滑るコースで展望が良い。
昔は好きなコースだったが、今はコース幅の狭さが気になる。

成平コース

急斜面や不整地ばかりで脚が終了近くなったので、最後にフラットなところを滑りたい。
第6ペアと第2ペアをそれぞれ1本ずつ滑ってあがり。

 本日の滑走 3338m/14本

白樺ゲレンデには行かなかったが、それ以外はほぼコンプリート。

ほぼコンプリート

どパウでは無かったが終わってみれば楽しい1日だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

焼き物2点

 1月21日 晴れ

K氏と滑りに行く。
先週は暖かくまとまった降雪も無かった。
なので、どこへ行っても同じと思い行きやすいかたしな高原へ。
連荘だがよくある事だ。

今回は根利を越えてアプローチ。
道路ライブカメラで見てみたが、路面に雪は見えない。
実際にも橋の上が少し凍っていた程度でほぼドライ路面でスキー場まで行けた。
8時ちょっと前にスキー場到着。先週より少し車は多いようだ。

かえで

ゲレンデは先週の雨で緩んだのちに凍ってカリカリかなぁ、と予想していたがザラメを固めたような感じで意外と柔らかそう。
かえでの端では先週に引き続きレースが開催されていた。

レース

今日はロングの板で滑る。
雪面には雪玉がコロコロあって足場が抜けそうでコワイ。
しっかり軸が出来ればそうでもないのだが。

先週と同じパターンで、かえでの人が増えてきたところで裏に回る。

青いリフト

気温が高いので日が上がってくると陽当たりのいい斜面は雪が緩んできた。
そんなところは板がよく撓むので気持ちよく滑れる。

昼食前にかえでに戻ってきて1本滑る。
雪が柔らかくなっているのを期待したが、乾いたザラメが吹き溜まって凸凹していたので気持ちよく飛ばせる感じではなかった。

脚も程よく疲れたので、昼食を食べたらそのまま上がることに決定。

 本日の滑走 2288m/13本

板の雪が融けるように立て掛けて玄さんへ。
今日は焼きカレーを注文。スープはミネストローネ風だった。

焼きカレー

熱々で食べるのに時間が掛かるが、食べすぎ防止にはいいかも。

車に戻り、着替えて12時半には帰路へ。帰りも根利を越える。
K氏の提案により、大間々で焼きまんじゅうの店に寄る。

美濃屋

群馬名物焼きまんじゅうだが、近隣に住んでいながら実は食べたことが無かった。
店では注文を受けてから焼いてくれる。甘い味噌の香りが漂う。

焼きまんじゅう

あんこの入った饅頭を焼いてあるのを想像したが、食べてみるとフォカッチャに甘い味噌ダレを付けたような感じだ。
見た目よりも軽く、これなら何個でも食べられそう。
お茶も出してくれてこれで1本150円はお値打ち。

満足して残りの帰り道へと向かった。
来週は大雪に期待しよう。

枯れ木と青空


| | Comments (0) | TrackBack (0)

風邪のあと

年末年始以来滑ってなかったので日帰りで行こうとW氏に声掛けして予定を立てた。

ところが水曜日あたりからのどが痛くなり始め、木曜には発熱。
金曜日はさらに熱が上がって仕事を休んだ。

こりゃダメかもと思ったが、土曜の午後には落ち着いてきたので予定決行。
とはいえ本調子ではないので程々に滑ることにする。


 1月14日 雪のち晴れ

5時半に迎えに来てもらい高速で沼田まで。
そこからの下道は路面が黒く凍結していてなかなかスリリングな感じ。

トンネルを抜けて片品村へ。
120号の片品村中心街に入る手前が雪崩のため片側通行になっていた。

片側通行

このあたりはもともと法面の工事をやっており、そこが雪崩れたようだ。
見ると結構破損があり、復旧まですこしかかりそう。

渋滞が予想されるので迂回路が設定されているが、今日は交通量が少なめだった事と誘導員が状況を見て適切に上り下りを仕切っているのでほとんど待つことは無かった。
とはいえ2月の連休の時などは混みそうだな。

そんな感じで渋滞も無く8時前に片品到着。
車は第1駐車場の半分位の所だった。連休翌週のためか空いている。

支度をしてゲレンデに向かう。まずはかえでを1本。

朝のかえで

雪はアイスバーンの上に新雪が5cmほど乗った状態。
一見柔らかそうだが、この積雪では下地の影響が強い。

人が少ないうちに大回りで飛ばす。
とはいえ頑張りすぎると胸が悪くなってくるので程々に。
うまく軸を作れないとエッジが外れるので練習には丁度いいかも。

人が増えてきたところで裏のコースをひと通り回ってくる。
朝は雪が降っていたが、次第に日が差してきた。

かえでに戻ってコブにも入ってみる。

コブコース

カチカチに凍ったラインコブだが、まだ浅いのが救い。
下まで滑ると息があがるので2/3位で止めておいた。

その後、もう一度裏へ。
すっかり晴れて日光白根山も良く見える。

日光白根山

数本滑ると時刻は11時近く。早めに昼食を食べに行く。

玄さんのソースカツ丼。今日のスープはキャベツのスープだった。

ソースカツ丼

以前のソースカツ丼はウスターソースに浸けたヒレカツが乗っていたが、今年はロースカツに自分でソースを掛ける仕様に変わっていた。
美味かったけど、以前の方が好きだなぁ。

満席になることも無かったのでゆっくり休み、正午ごろに外に出て見るとご覧の通りのピーカン。

ピーカン

体調のこともあり、午後は数本滑って上がることにした。
12時半にはスキーを脱いで13時前にスキー場を出発。

時間は有るので帰路はオール下道で。
永井食堂とせんべい屋に寄って16時には自宅に送り届けてもらった。

 本日の滑走 2517m/14本

昼のかえで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

17-18 年末年始合宿

 12月30日

恒例の年末年始の合宿に行く。

家の用事を済ませて16時半に出発。
峠までの街中の道は交通量が多い。
1.5時間ほどかかって根利の入口に着いた。

峠道に入り、トンネルを抜けたあたりから路面が白くなり始める。
雪はそれほど降っていないが、数日前に大雪が降ったものが残っている。
峠の頂上付近から北面は一面の圧雪路になっていた。

根利 北面

新しいスタッドレスでの初雪道だが、まったく安定していて問題ない。
凍結路でも、強めにブレーキを掛けてABSが作動する事でようやく凍っていると判る位グリップしている。
これはうれしい誤算だった。

そんな道中で19時半に宿に到着。
荷物を降ろして買ってきた夕食を食べる。
落ち着いた頃にミーティングが始まったので滑っていないが参加する。
皆が持ち寄るので相変わらずお菓子の山だ。

ミーティング終了したら温泉に入って就寝・・・・

 
 12月31日 曇り時々晴れ

6時ちょっとに起きて朝風呂に入る。
ハムストリングスが張っているので湯船でよくストレッチ。
空は雲もあるが晴れ間も見えている。

朝食を食べて8時半過ぎに丸沼へ。
今日は低気圧の接近で暖かいかと思ったが意外とそうでもない。
おかげで雪は良い感じである。

今日持ってきたのはHEAD iRACE
そういえば講習で使うのは初めてかもしれない。

iRACE

最初は緩斜面のブルーコースで足慣らし。
 
ブルーコース

3本ほど練習してからバイオレットに移動する。
向かって左側にはポールが張られ規制されていた。

バイオレット

昨年の大みそかは空いていたのだが、今年はそこそこ人が居る。
といってもリフト待ちするほどではないので、これでも少なめなのだろう。

そこそこ人

早めに昼食を食べたら午後はゴールドに上がって小回りの練習。
ビデオを撮りながらくるくる回ったので滑り過ぎた。

ゴールドのシングルリフト

14時過ぎにお茶にして、そのまま下まで滑って上がり。

 本日の滑走 2322m/18本

宿に戻ったらまず温泉。
続いて夕食までに板の手入れを済ませる。

時間になり食堂へ。

夕食

相変わらず豪勢な食事だ。さらにモツ煮と鹿肉の刺身が加えられた。
にんにく醤油で食べる鹿刺しは美味かった。

食後、部屋に戻ってウトウトしていたらミーティングの時間となった。
とは言っても自分の滑りの講評以外の時は各自好きなようにしている。
みんなPCを持ち込んでいるので、昼に撮った動画を見たり、ネットを見たり。

23時位に解散して部屋に戻る。
紅白をつけたがすぐに眠くなってしまう。
今年はこのまま寝るかと思ったが、紅白が終わったところで目が覚めたので外に出た。

まもなく新年

時計を見ながら橋の上で新年を待つ。
あと1分・・・・あと10秒・・・・

そして日付が変わると同時に花火が打ちあがった。
一斉に歓声が上がり、挨拶の声があちこちで聞こえ始める。

新年の花火

ちょうど寒冷前線が通過する感じだったので風を心配したが、これが全くの無風。
そのため煙が引いて行かずに、スモークの中の花火となってしまった。

10分ほどで花火が終わり初詣に向かう。
祠の周りを3周してお参りを済ませ宿に戻って寝た。

 
 1月1日 雪

本日は低気圧が抜けて冬型の気圧配置に変わってくる予報だ。
朝風呂の時点ではまだ雪は降っていなかった。

朝食は雑煮や伊達巻き、紅白かまぼこなどついて正月気分。
今日はかたしなでポールを滑る予定だったが、急遽丸沼へ行くことになった。
別の板を使うつもりだったので、昨日使った板はワックスを掛けっぱなしだ。
食後に慌ててスクレーパーとブラシを掛ける。

出発して到着。丸沼では雪が降り始めていた。
駐車場は前日よりも空いていた。元日はやっぱり空いている。

空いている

ブルーでじっくり練習したのちゴンドラで山頂駅に向かう。
天気が荒れないうちに山頂の神社にお参りする算段だ。

二荒山神社

ゴンドラを下りたらゲレンデとは反対側の二荒山神社へ。
奥の本殿までは行かずに鳥居だけ潜ってお参りを済ませた。

標高2000mを超える山頂駅はさすがに寒く、雪も上質だった。
バイオレットまでクルージングを楽しむ。

山頂駅から下る

バイオレットで1本ビデオを撮って昼食へ。
まだ11時というのもあるが、レストハウスはまるで平日のようだ。
12時に出る頃になっても空席待ちの人は居なかった。

昼食を食べている間に雪は強くなってきていた。

雪が降る

ゲレンデにも積もってくる。軽い雪なので滑りやすい。
第5リフト右側の斜面が滑りやすいので何本かビデオ撮りをする。
その後はゴールドに上がって小回り。
前日は滑り過ぎたので程々にして上がった。

 本日の滑走 2360m/14本

帰りがけにセンターハウスに寄って行く。
ショップの中にモンベルコーナーがあった。

センターハウスのショップ

宿に戻って温泉→板の手入れ→夕食。
夕食は今日も豪華だ。この後、うどんが追加された。

2日目の夕食

ミーティングは小さなゲストも参加して賑やかになった。
22時半くらいで解散。明日はかたしなで滑ることになった。
今シーズン初かたしなだ。

 
 1月2日 曇り時々晴れ

今日は最終日。
朝食のあと、荷物をまとめてまだ残る人の部屋に移す。
8時半過ぎにかたしなに向かった。近いと楽だ。

かたしな

天気は晴れ間もあるが、日差しは雲に遮られていた。
風が強いので標高は低いが丸沼より寒い。
爪先と指先が冷たくなってくる。

しばらくするとゲレンデにも日が差してきた。
途端に幾分寒さが和らぐ。太陽の光は偉大だ。

日が差してきた

「かえで」ゲレンデは相変わらず広くて気持ちよく滑れる。
しかし次第に人が増えてきて思うようなラインどりが出来なくなってきた。

かえで

タイミングを見計らって滑り、ビデオ撮りして昼食へ。
いつもの玄さんでカツカレーをいただく。

午後は裏のゲレンデへ。
「たかね」がポール貸切りで滑れなかったので、急斜面の「もくせい」を2本。
その後はかえでに戻って最後まで滑った。

14時にお茶休憩。ショコラズコットとコーヒーをいただく。
時間いっぱいまで滑る人を見送って帰りの時間までまったりと休憩した。

 本日の滑走 2013m/11本

岩鞍・リーゼンのコブ

宿に戻って温泉に浸かり、帰り支度をする。

今日撮ったビデオのファイルを貰い、まだ残る人に挨拶して帰路へ。
根利の雪は残っていたが、苦になることもなくスムーズに帰宅した。
 

この2シーズンほど年末年始は雪が少なくかたしなでは滑れなかったが、今年は雪に恵まれて良いコンディションで滑ることが出来た。

毎年この位降ればいいのになぁ・・・・

ライフル弾と熊の爪のアクセサリ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2017 | Main | February 2018 »