« 2017 北海道ツアー | Main | 17-18 年末年始合宿 »

冬の準備

スキーシーズン前に車も冬支度。
まずは4シーズン使用したスタッドレスを更新。

通販で安い&ポイントを使えるショップで購入。
それを交換専門店に持ち込む。

タイヤでいっぱい

タイヤは車に付いている時はそうでもないが、外して積み込むと意外に大きい。
4本積むとシートを倒したラゲッジがいっぱいになる。

選んだタイヤはピレリのアイス アシンメトリコ
BSやYHのいいタイヤに比べると半額ちょっとで買える。
そのぶんゴムの硬化が早かったりするとの話もあるが…

で、交換完了。
イン・アウト非対称のトレッドパターンになっている。

トレッドパターン

夏タイヤのような太いストレートグルーブはスタッドレスには珍しい。
排水性は良さそうだけど、積雪路ではどうなんだろう?

さて、今回はタイヤサイズも変更した。
純正の16インチサイズは205/55R16なのだが、扁平率を下げて205/60R16とした。
タイヤ外径が大きくなるが、Spec.B純正のサイズ、215/45R18の2インチダウンサイズとなるのでフェンダーや足回りへの干渉は問題ない。

ただこのサイズはBP9に設定が無いので適正空気圧が分からない。
ロードインデックスも純正と変わり、XL規格(エクストラロード)となっている。

タイヤメーカーの資料を見ながら調べてみる。

負荷能力表
                 《ブリジストンの資料より抜粋》

純正タイヤは215/45R17 91W。「91」がロードインデックスとなる。
指定空気圧は前輪が230KPaで後輪が210KPaだ。
これを負荷能力表に当てはめてみると、前輪が600Kgで後輪が570Kgとなる。

今回のタイヤは205/60R16 96Q XL。
この負荷能力をエクストラロードの表にある「96」の欄に当てはめると・・・・
前輪が240KPaで後輪が220KPaとなった。
純正より気持ち高めと覚えておこう。

見た目は特に違和感なくしっくり収まった。

冬仕様

タイヤのハイトが増えたことでのメリットは・・・・

●最低地上高が稼げる(1cmほど)
●外径が大きくなり、地上高が上がったぶん深雪での走破性の向上
●サイドウォールの柔軟性が増して路面への追従性が良くなる
●乗り心地向上

と考えたが、乗り心地は空気圧が上がったぶん以前とあまり変わらないような。
あとは実際の雪道でどんな感じか検証したい。

 

続いてジャンプスターターの導入。

今年の夏に突然バッテリー上がりが発生した。
完全放電してしまったバッテリーを交換してそれ以降は発生していないのだが、そもそもの上がってしまった原因が分かっていない。

一抹の不安を抱えていたところ、友人との話のなかでジャンプスターターなる物があると知った。
モバイルバッテリーを一回り大きくしたようなもので、これで車のセルモーターを回せるというのだ。

価格を見るとモバイルバッテリーよりちょっと高い位なので購入してみることにした。
PUSHIDUN K29 12000mAh

数日で届いたモノを見てみる。

PUSHIDUNジャンプスターター

B5サイズのケースに入っているが、バッテリー自体は5インチスマホより少し大きい位。
厚みは20mm程度ある。

4つのインジケーターで充電量が見られるが、開封時には4つとも点灯していた。
普通のモバイルバッテリーとしても使えるのでスマホやタブレットを充電してみる。
半分位の充電量のスマホ2台とタブレット、ガラケー2台を満充電出来た。

付属品は色々。

ケースを開けてみた

スターターとして使う時には付属のケーブルを使用する。
瞬間的に500Aを供給出来るそうだ。

その他にACとシガーソケットの充電器、マイクロUSBとライトニングケーブルが付属。

スターターとして使う時は来てほしくないが、備えあれば安心していられるだろう。
時々はモバイルバッテリーとして利用して、充電も忘れないようにしなくては。

|

« 2017 北海道ツアー | Main | 17-18 年末年始合宿 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 冬の準備:

« 2017 北海道ツアー | Main | 17-18 年末年始合宿 »