« こいのぼり | Main | ローダウ…ん? »

スキーと花見と温泉と

 5月4日 晴れ

昨年は雪不足でお流れになってしまったGWの合宿。
今年は無事に出来ることになった。

地元の駅で友人をピックアップして一緒に片品へ。
心配した関越道の混雑も無く、6時半に定宿に到着。
片品村内は桜が満開だ。

満開の桜

前泊している友人が居るので朝から部屋に入れる。
持ってきたおにぎりを食べて支度をし、8時に宿の車で丸沼へ送ってもらう。

そういえば新しいセンターハウスに入るのは初めてだ。
入るとすぐにエスカレーター。

センターハウス

売店と分離したのでチケット売り場はこじんまりとしている。
そして新しいトイレは洒落た商業施設のようにきれいだった。

ゲレンデに出る。
イエローコースは下山コースのみ(そこそこ滑れるが)なのでバイオレットへ。

バイオレット

気温が高く、朝から雪は緩んでいる。
既に暑いのでウエアの袖を外してベストにする。
長袖Tシャツで丁度いい感じ。

今日はとても人が少ない。まるで平日のようだ。
GWはいつも長い行列の出来るバイオレットのリフトも全く並ばずに乗れる。
ゲレンデも荒れてこないので、最初の4本は各自フリーで楽しむ。

一度下まで降りて登り返してから講習開始。
課題をこなした後にビデオを撮ってから昼食。

ところが丸沼のメイン・レストハウスとも言えるバイオレット脇の「とんふぁん」が休業中。
仕方なく1本上がったコバルト下の「ラフォーレ」へ。

休憩後、外に出てコバルトコースを眺めてみると、リフト沿いにバンクドスラロームのラインが出来ているのが見えた。

バンクドスラローム

リフトに乗って見てみると結構深く掘れている。
後で入ってみたが、バンクを使って滑るとかなりのスピードが出てスリルを味わえた。

午後はゴールドコースで小回りとコブの練習。

ゴールド

いつもの年は小回りの道と凸凹ザクザクになるゴールドだが、今年は人が少ないおかげでそれほど荒れずに済んでいた。
コース端に1本コブのラインが有るのでそこも何本か滑る。

その後、第3リフトに乗りシルバーコースへ。
案内ではクローズだったが、滑っている人が居たので行ってみると、「ブッシュが出ているので注意して滑って下さい」との事だった。

ここはコース幅いっぱいの自然コブが並ぶ。
奥にはスキー場の名前の由来となった丸沼も見える。

シルバーコース

たしかにコブの底に地面が露出しているところが多々有った。
それらを避けながら下まで下りると息があがる。
レストハウスに入って小休憩。

日光白根山と燧ケ岳

その後、再びゴールドに上がってビデオ撮りなど。
そして下まで滑って上がり。

 本日の滑走 2644m/19本

レストハウスで休憩して3時半に迎えに来てもらって宿に戻る。
まずは温泉で汗を流す。
今日は日焼け止めを忘れてしまったので、顔が猿のように真っ赤だ。

その後、師匠から譲ってもらった板の調整とワックスがけ。
下の画像、左が本日使ったXRCで右が貰ったi SL RD。
2011-2012シーズンのSL競技用の板だ。

XRCとi SL RD

硬くて手ごわいと評判だった板だが、プレートを外してビンディングを直付けにしてある。
XRCとの比較では重さが同じくらい。フレックスは50%増しといった感じ。
長さとサイドカーブは163cm/13.1mと165cm/13mで似通っている。

板の手入れが終わる頃に夕食となる。ご飯が春らしくタケノコご飯だった。
そして昼間のビデオを見ながらミーティング。
終わってからも少し雑談し、22時過ぎに床に入った。
 

 5月5日 晴れ

6時過ぎに目覚めて朝風呂へ。良く晴れている。
朝食を食べて支度をして丸沼へ。

ゲレンデに着いてみると、前日よりさらに気温が高い。
まずはバイオレットで大回りを4本。

少し人が増えたようだがリフト待ちに並ぶ程ではない。
本当に今年のGWはどうしたのだろう?

朝のバイオレット

i SL RDは大回りでは扱いにくさは無く、フレックスがしっかりしているぶん多少の凸凹は突き崩して進んで行く感じ。
安定感があり好印象だ。

一方、小回りでは苦労した。

ゴールドに上がる

しっかり踏んでいかないと最後まで回しきれず、踏んだら踏んだで走るので油断すると発射してしまう。
柔らかめで完全にフラットなら何とか扱えるかな、といった印象。
プレートを外してこれだから、オリジナルは自分の脚力ではどうにもならないだろうな。

板には振り回されるので景色を楽しむことにする。
遠くに岩鞍の上部が見えている。まだ十分に滑れそう。

岩鞍

実際、朝に宿の子供たちが岩鞍に出かけていった。
スキー場の営業は終わっているが、貸し切りで上部のリフトを動かしているそうだ。

程良く疲れたところで昼食にする。
前日と同じコバルト下のレストハウスに入る。

ラフォーレより

午後はまたゴールドに上がり今度は中回り。
中回りならまだ板は扱える。
しばらく滑ったあと、コブではどうだろうかとコース端のコブラインへ。

はじめは回して滑る。
身体が遅れなければ問題なく滑れる感じ。
2本目、途中で回せなくなり縦に落とす。
雪が柔らかいので何とかなっているが、意外と安定して落ちて行ける。

コブを滑る

とはいえ最後はコースアウトするのであるが・・・・

この後、小休止してアイスで体を冷ます。
まだ時間があるのでバイオレットを大回りで3本。
そして下まで降りて上がり。

 本日の滑走 2436m/21本

今日も宿泊だが明日は滑らずに帰るだけ。
板の手入れも無いのでダラダラと過ごす。

夜もミーティングと言うよりアルコールの無い飲み会みたいな感じ。
酒の代わりにお菓子が山のように持ち寄られ、調子に乗って食べていたら寝る時に胸やけに悩まされた。
 

 5月6日 曇り時々雨

今日は各々別行動になる。
朝食後にすぐ出発する人、今日も滑りに行く人、チェックアウトギリギリまで寛ぐ人。

自分は9時頃に宿を出た。
根利では大型トラックに引っかかったりもしたが渋滞もなく12時に帰宅した。

スキーもあと1回行けるかどうか。
シーズン終わりはそこはかとなく寂しい気分になるなぁ…

                     【クリックで拡大】
桜と片品川

|

« こいのぼり | Main | ローダウ…ん? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スキーと花見と温泉と:

« こいのぼり | Main | ローダウ…ん? »