« スキーと花見と温泉と | Main | 初夏ドライブ »

ローダウ…ん?

 5月21日 晴れ

昨年、純正ビルシュタインに交換した車の足回り。
重いターボ車(または3.0R)用のために若干前上がりとなっていた。

走る分には別段問題は無かったのだが、見た目が気になりだしたので元の車高程度に落とすことにした。

社外のダウンサスだと下がり過ぎるので、狙うのは2.0GTの5MT用。
新品の値段を聞いたら1本8,000円。(ちなみにStiのダウンサスも同じ値段)
1万円で仕入れたサスペンションに1.6万を掛けるのは馬鹿らしいので中古を探すことにする。

いつものオークションを見るが、なかなか合致する物が無い。
AT用やSpec.Bの物は結構出ているのだが・・・・

ひとつ出品が有ったが少し高い。
しばらく待ってみたが下がる気配が無いのでやむなく落札した。
送料を入れて5,000円ほど。
品物はA型のBL5に付いていた物だ。

BP・BLはA・B型とC型以降でスプリングのバネレートが違う。
乗り心地の改善で後期はバネレートを下げている。

現状、リアに比べてフロントが柔らかい感じがしていたので、硬い前期のバネはちょうど良いだろう。
古いもので若干のサビが出ていたので、ペーパーを掛けてからシャシーブラックで塗装しておく。

上記の入手経緯が4月下旬のこと。
GWに入り、スタッドレスから夏タイヤに交換するついでに作業する。

車からストラットを外し、スプリングにコンプレッサーを掛けたところ・・・・
爪の間隔が広すぎてバネを縮められない事が判明。

去年のコンプレッサー

これではアッパーマウントを外せないので作業は仕切り直し。
車に戻してくたびれ損となった。

 
どうしようもないので新たにスプリングコンプレッサーを買いなおす。
前回の教訓から2本爪はやめてオーソドックスな物にした。

道具が届いたところでやり直し。
今度のはかなり縮められるので大丈夫であろう。

今年のコンプレッサー

外したストラットのスプリングにコンプレッサーを掛けて縮める。
アッパー側のスプリングシートには向きが有るのでマーキングを忘れずに。
アッパーマウントが手でぐらつける所まで縮めたら、ショックの頭のネジを外す。
これで分解OK。

バラしたストラット

新たに入手した物と、付いていたスプリングを比べてみると結構違う。
測ってないが線径は1割ほど太く、自由長が3cmほど短い。

スプリング比較

これならコンプレッサーを使わずに組めるかと試したところ、アッパーマウントからショックの頭が顔を出しており無事にそのまま組立てられた。

車に取り付けて各種ネジを締め付ける。
ショックの頭とアッパーマウントのナットは再使用不可なので、予め用意しておいたナットに交換。

締め忘れが無いか指差呼称したのち試運転。
異常が無いのを確認して作業終了。
3時間ほどの作業で昼前に終了した時には気温が30℃を越えており汗だくになった。

車高はどうなったかとフェンダーアーチまでの高さを測ると・・・

 ノーマル   : フロント 658mm  リア 668mm

 前回交換後 : フロント 674mm  リア 670mm

 今回交換後 : フロント 665mm  リア 668mm

思惑通り約1cmのダウンとなった。
ハンドリングもフロントのカッチリ感が少し増したようだ。

 
今回はもう一点変更。
夏タイヤのゴムが硬化し、ひび割れが目立ってきていた。
走行音もうるさいのでタイヤも交換することにした。

交換にあたり、タイヤサイズをひとつ上げた。
と言ってもタイヤ幅ではなく外径だ。
扁平率45だと轍に敏感過ぎるのでそれを抑えたい。

と言うことで、215/45R17 → 215/50R17に変更。

BP/BLのSpec.Bには215/45R18が装着されており、このインチダウンが215/50R17となる。よってフェンダーやタイヤハウスの干渉は問題なし。

車検についてはスピードメーターの誤差が許容範囲ならOKとディーラーの見解を得ている。(車検ではメーターの値に対して実測値が約77%~約106%の範囲で合格)

現状でスピードメーターに比べGPS速度計は8%低い値を示している。
扁平率45→50で外径は22mmアップ。
それは率で言うと3.5%アップなので相殺してもまだ間に合う。

サイズが決まったら銘柄選び。
そんなにハイスペックなタイヤは要らないのでそこそこで安いものを。

散々迷って選んだのはTOYOのDRB

TOYO DRB

結構評判が良いのと何といっても安い。中国生産になって価格が抑えられたようだ。

タイヤは価格comの最安値の店で購入。交換は近場のタイヤ交換専門店で行う。
購入したタイヤを直接送れるのが便利だ。
交換工賃は廃タイヤやバルブの新調を含めて6千円ちょっと。
タイヤ代と合わせて4万弱で新しく出来た。

交換して帰り道、まず転がり抵抗の低減が感じられた。
そして静粛性と乗り心地の柔らかさも段違い。
もっとも劣化したタイヤと比べてもあまり意味は無いが…

その他の効果としては外径が大きくなったことで最低地上高のアップ。
これが11mm。

そして同じだけフェンダーとタイヤのすき間が狭くなり見た目が良くなった。

交換前

                    ↓  ↓  ↓

交換後

こうして目的が達成した。

さて、スタッドレスも4シーズン経過している。
今年交換するかどうか、サイズも含めて悩むところだ。

|

« スキーと花見と温泉と | Main | 初夏ドライブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ローダウ…ん?:

« スキーと花見と温泉と | Main | 初夏ドライブ »