« January 2017 | Main | March 2017 »

賑わい

 2月26日 晴れ時々雪

1ヶ月ぶりにかたしなへ。

7時40分に到着するが第1駐車場の最後の方になってしまった。
2月はやはり人が多いなぁ。

支度をして8時前にゲレンデへ。
青空が見えてそれほど寒くない。

朝のかえで

リフト運行開始から乗り、まずは"かえで"で回す。
雪は締まっており板は気持ちよく噛む。

しかし2,3本は良かったが、その後は雪玉が出来始めて時折足場が抜けるようになる。
コース脇のコブに行ってみるが、カチカチだったので滑るのはヤメ。
奥のコースに回ることにした。

茶色のリフトで回る"ちぐさ"と"つつじ"両コースの雪質は良い感じ。

つつじコース

ただやっぱり人が多い。
いつもは空いているつつじコースでも、人を避けながら滑るような感じだった。
スキー場トップからベース方向を見ると駐車場はほぼ埋まったようだ。

スキー場ベース

いつも貸切りで滑れない"たかね"コースは、今日もやっぱり入れない。
いつもと違うのはポールの貸切りではなく、プライズ検定で使用しているのだった。

プライズ検定

そういえば以前、友人が受けるのを見に行ったなぁ・・・・
検定は午前中で終わるので、昼には開放されたようだった。

結局8時から11時まで休まず滑ってから昼飯へ。
食事中も続々と人は来て11時半には満席となった。

さっさと食べて席を空け、駐車場に戻って帰り支度。
12時前にはスキー場を後にした。

 本日の滑走 2479m/15本

時折、雪がちらついてはいたが何だか春っぽくなってきたなぁ・・・・

昼のかえで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶりの八方

 2月11日 

久しぶりの八方へ。

最後にいつ行ったか調べると3シーズン前の初滑り以来であった。

今回は冬型の気圧配置が強まり大雪に関する気象情報が発表される状況。
道路状況が心配だったが、長野に関しては通常の冬型程度で問題なく現地に到着。

とはいえ白馬村内は結構な降雪だ。
五龍岳方面が見える部屋の窓からは何も見えない。

宿の窓から

別の方面からの友人と合流してからゲレンデへ。

今シーズンからリフト券のシステムが変わっていた。
以前はデポジットが必要なICカードだったが、今年からはデポジット不要のチケットになった。丸沼と同じシステムらしい。

透かしてみると基盤らしきものが見えたので帰宅後に剥がしてみた。

SKI DATA

外周に電源用コイル兼アンテナがあり、左側にある0.5mm角ほどのチップの情報をやり取りしているらしい。リフトゲートでの感度は問題なしだが、感知した後にゲートを入り損ねて立ち往生している人を何人か見かけた。
たぶん不正利用防止のために一度感知すると一定時間入れないようになっているのだろう。

さて、名木山からアクセスしたのでリーゼンクワッドを乗り継いでうさぎ平へ。
ここからパノラマゲレンデを滑ることにした。

パノラマ

今回持ってきた板はPEAK 88
新雪はあるだろうが、八方じゃ新雪だけじゃないだろうな…とこの選択となった。

PEAK 88

はじめに大回りで滑るが、下が凸凹で滑りにくい。
雪で視界が悪く雪面の状況は非常に分かりにくかった。

大回りは気持ちよくないのでコース端の新雪を滑ることにする。
すでに踏まれまくっていたが残っている所では浮遊感を感じられた。
やはりこの板にはこの位の条件が合っているようだ。

何本かパノラマで回したのち、残っている新雪を求めてスカイラインに行こうとなった。
パノラマからは直接行けそうにないので、ゴンドラまで降りて登り返す。

コースに人はそこそこ居るもののリフトは空いている印象だったが、さすがにゴンドラには待ち行列が出来ていた。

ゴンドラ待ち

ゴンドラ・アルペンクワッドと乗り継いで黒菱平へ。
上部は雲の中に入り視界・平衡感覚ともに無くなる。
ガス酔いしないように気をしっかり持って降りる。

スカイラインに降りると視界は開けてきたが、肝心の新雪は完全に食われた後だった。
意気消沈して登り返さずに白樺ゲレンデへ下り昼食にする。

食後はそのまま白樺で滑る。
意外にもここのリフト下に新雪が残っており、距離は短いものの何本も滑って楽しんだ。

白樺に飽きたので名木山へ。
コース内にはネットで区切られた場所があった。
規制はされていないので滑れたが、後で調べると国体の準備をしていたようだ。

名木山

名木山を数本滑ってあがり。

 本日の滑走 2691m/14本

シャトルバスの運行時間が良く分からず、宿まで歩いて帰る。
八方の道は入り組んでいて板を持ってウロウロ。

ようやくたどり着き、着替えて温泉!!
まったりして、夕食を食べて、スキー談義に盛り上がり夜は更けた・・・
 

 2月12日 曇り

予報では夜半に雪が強まるとのことだったが、外を見るとむしろ薄日が差して視界もクリアになったように見える。
駐車場の車には30cmほどの積雪があるが、ほとんど前日の日中に降ったものだ。

車の雪

朝食ののち、荷物を預けて名木山へ送ってもらう。
とりあえず視界がありそうなのでゲレンデトップを目指す。

ゲレンデトップを目指す

途中、うさぎ平の辺りではガスに突入したが、アルペンクワッドの途中から抜けて青空が見えてきた。
ただ山の上部は雪煙が舞い見ることが出来ない。

グラートのリフト

八方池山荘まで到着。麓からは1000m以上上がったことになる。
さすがに気温は低く風も強いので、写真を撮るために手袋を外すとすぐに手の感覚が無くなってくる。

第三ケルン

リーゼングラートもほぼ新雪は無く、柔らかめの荒地といった感じ。
足を取られる程ではなくそれほど滑りにくくはなかった。

ここから取り合えず黒菱に向かって降りる。
急斜面だが積もった雪で硬いコブはカバーされているのでそれなりに降りられる。
とはいえ急斜面を降りると息があがるのだが…

黒菱

その後は黒菱クワッド沿いの中斜面を動画を撮ったりしながら繰り返し滑った。
ガスが上がってきて視界が悪くなったところでお茶にする。
黒菱のレストハウスは奥にソファーっぽい席があり、寛げるのが良い。

休憩後、パノラマ方面に向かうことにする。
うさぎ平テラスに降りたところでガスは消えて今回初めてうさぎ平の斜面が見渡せた。

うさぎ平

パノラマに降りて数本滑る。
13時に麓で友人と待ち合わせしているので、滑るのは12時半位までだ。

パノラマゲレンデ

時間となり下山開始。
セントラルから名木山に降りるつもりが間違えて白樺に降りてしまった。
もう滑るのは大変、と言うことでゴンドラ乗り場まで降りて終了。

 本日の滑走 1753m/10本

歩いてHEAD STATIONまで行って、板をチューンナップに出しに来た友人と合流。
昼食を一緒に食べてから板を宿まで運んでもらい自分たちは歩いて宿へ。
その後、温泉で疲れを癒してから帰宅の途へついた。

久しぶりに行った八方はやはり滑りごたえがあった。
そういえばリーゼンは滑ってなかったなぁ。
次回は滑ろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Kids camp

 2月4日 快晴

キッズキャンプと言うことで友人家族が集まるので白樺高原国際へ。
皆は朝から集合しているのだが、自分は夜勤明けだったので遅れて向かう。

朝は寒かったが日中は気温が上がり、路面の雪も無く現地到着。
宿で割引券を入手して、ちょうど昼食に入った仲間と合流した。

休憩所でしばし食事と歓談をしたのちゲレンデへ。
快晴無風で暖かいが、雪が緩むほどではない感じ。

ゲレンデ

休憩所でも見えたがゲレンデに出ると北アルプスが良く見える。

穂高と槍
穂高と槍

白馬方面
白馬方面

完全結氷した女神湖には氷上ドライブのコース。
こちらも楽しそう。

女神湖


景色を楽しんだら子供たちも一緒に滑り始める。
昨年は緩斜面を数本滑っただけだったが、今年は中斜面もガンガン行ける。
もたもたしていると追い越されていたり。子供の上達の早さに目を見張る。

ゲレンデ上から

そんな感じで16時近くまで滑った。この時間までゲレンデに居るのは久しぶり。

 本日の滑走 1470m/7本

今回の宿はゲレンデから車で数分の「Annie Hills
気さくなオーナーが営む宿。

Annie Hills

着替えて寛いでいると、ブランシュでイントラをしている友人が遊びに来た。
技術選の話とかで盛り上がり、気が付けば夕食の時間に。

人数が多い時は2回戦もあるようだが今回は宿泊者全員が一度で済んだ。
メニューは洋食のコース。
前菜・魚・スープ・肉・デザートに、焼きたてのパンが食べ放題。
どれも美味しい!!

夕食

食後はそのまま暖炉のあるダイニングでおしゃべり。
子供たちが眠ったあとまで話は尽きない。

その後、風呂に入って部屋に戻ると眠くなり、ベッドに入ったらすぐに眠りに落ちた。。。

 
 2月5日 雪

前の晩は早く寝てしまったので目が覚めるのも早かった。
8時の朝食まで時間があるので、天気予報などネットに目を通す。

朝食は生ハムのバーガーがメイン。
こういったスタイルは初めてだが、これもまた美味しかった。

朝食

支度を整えたらチェックアウト。
朝は晴れ間が見えていたが、この頃から雪が降り始めた。
そしてゲレンデに出た時には本降りとなった。

雪

子供たちはこの天候じゃ辛いかなと思いきや、やる気満々。
むしろ大人が引っ張られて行く感じだった。

昼頃までしっかり滑ったところであがり。

 本日の滑走 1393m/6本

車に戻って着替えてから少し遅い昼食にする。
交差点近くにある"レストラン ベル"へ。
少し高いがしっかり肉の味がするハンバーグは美味かった~

食事が終わったら解散。
皆とは反対方向の佐久方面へ向かう。
すっかり積雪路となっていたが、麓まで半分ほど降りたら雪も無くなり、あとは自宅までスムーズだった。

御柱と蓼科山


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2017 | Main | March 2017 »