« 16-17 年末年始合宿 | Main | WC i.SPEED »

年末の続きとホワイトバレー

何が続きかと言うと、まだ背中が痛いのである。

色々調べてみると合致する症状が有ったので整形外科へ。
で、その通りの診断が出た。

 ☆ 頚椎椎間板ヘルニア ☆

道理で揉んでもストレッチしても良くならない訳だ。

幸いなことにレントゲンでは問題なく見える程度の軽いもので、日常生活や仕事でも支障は無い。
とりあえず飲み薬と湿布で様子見となった。
(リハビリで牽引をしたけど、かえって痛みが増したのでやめた)

年末年始休暇が終わり、一週開けてこの週末。
だいぶん痛みも軽減したので滑りに行くことにした。

折しも記録的な寒波が来ており、山沿いはどんどん積雪が増えている。
これは昨シーズン使えなかったFATの出番か、と言うことで友人を誘いパウダーが楽しめそうなホワイトバレーに行くことにした。

 
 1月15日 雪

5時半に迎えに来てもらい関越道へ。
赤城からチェーン規制かと思い交通情報を見ると、駒寄PAから規制となっている。
冬型で駒寄からチェーン規制というのは聞いたことが無い。

チャーン規制

熊谷市内から雪はちらついていたが高速に乗ると本格的に降り始め、藤岡JCTを過ぎると路面が白くなり始めた。

藤岡JCT~高崎JCT間

レーダーを見ると新潟県内はあまり降っていないが、県境を越えて群馬に入る雪雲が湧いてきているようだ。

XRAIN

駒寄PAの数キロ手前で渋滞になったが、それを抜けると水上まではスムーズだった。

水上の主要道路は融雪装置があるので良いのだが、脇道に入ると途端に雪が増える。
国道から離れて谷川温泉方面に入っていくと圧雪路面となり、路肩には除雪した雪が山積みで狭くなっていた。
ホワイトバレーへの林道に入ると完全に1車線だ。

ところがここを進むと間もなく車列に突き当たった。
以前スタックした車が居て動かなくなる事が有ったが、今回は駐車場の除雪が間に合わずに入場を制限していたのであった。

40分ほど待ってようやく駐車場に入れた。
しかし停めた場所はかなり下の方。
8時には到着していたのにこれほど先客が居るとは…

気を取り直して支度を整えゲレンデへ。
いつもの通り午前券を購入。9時スタートで3時間しかないがまぁ大丈夫だろう。

第1リフトから第2リフトへ乗り継いて行く。
リフト上から見るコースは、もうかなり喰われてしまっている感じ。

第2リフト

今日は友人の新板(右)のシェイクダウン。
と言うかこのスキー場でFATでない板を履いている人を見つけるのは難しい。
ボードもパウダー用を使っている人ばかりだ。

みんなFAT

リフトを降りて滑り始める。
上部のボウルも縦横無尽に滑られているが、まだ楽しめそうだ。
(下の画像はコントラストをいっぱいに上げてある)

コントラスト調整

気温は十分に低いのだが水分が多いようで重い雪質。
そのぶん板は浮きやすく、2年ぶりの浮遊感を楽しんだ。

リフトの中間駅から乗ってボウルだけを回したかったが、残念ながら閉鎖したまま。
やむなく下まで降りる。

ボウル下のノドから続くチャンピオンコースは重い雪がたたって柔らかめの不整地となりつつあった。
1本目こそコース端を狙ってそこそこ楽しめたが、それ以降はただただ辛い下り。

この下りが効いて4本滑ったところで休憩。
休んでしまうとモチベーションも下がり、少し早いが撤収することにした。

 本日の滑走 1180m/4本

雪が激しく降っていたのでブーツとジャケットだけ脱いで車に乗り込み高速へ。
赤城あたりで路面の雪は消えており、上里SAまで走ってから着替えをした。

今回のホワイトバレーの混雑は天神平が悪天候で営業中止になった影響だろうか。
ともあれパウダーを狙う時にはもっと早く着くようにしよう。

ロッジホワイトバレー


|

« 16-17 年末年始合宿 | Main | WC i.SPEED »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 年末の続きとホワイトバレー:

« 16-17 年末年始合宿 | Main | WC i.SPEED »