« レンズ追加 ~その22 & 23~ M50mmコンプリート | Main | 久しぶりに晴れたので »

レンズトレード ~望遠レンズ~

しばらく前にオークションでM42マウントの135mmレンズを入手した。
1円で出品されていたので入札してみたら、そのまま落札となったものだ。

そして最近、もうひとつ135mmレンズを落札。
従来の物と合わせて135mmが増えてしまったので、整理するべく撮り比べをしてみることにした。

エントリーするのは以下の4本。

                   【クリックで拡大】
135mm 4本

左から
smc PENTAX M135mm 1:3.5
Super-Multi-Corted TAKUMAR 135mm 1:3.5 ←New!!
XR RIKENON 135mm 1:2.8
smc PENTAX A135mm 1:2.8 ←New!!

F3.5が2本とF2.8が2本である。
レンズ構成はM135mmが5群5枚のテレフォトタイプ。
残りの3本はすべて4群4枚のエルノスターだ。


上から覗いてみると…

                   【クリックで拡大】
135mm色々

コーティングの色は様々。
A135mmが新しいだけあって一番透明感が高い感じがした。

それとTAKUMAR 135mmはちょっと仕掛けがしてある。
フランジ付のマウントアダプターを取り付けて、その状態で無限遠の調整をした。

M42→Kマウント化

通常のM42マウントアダプターは、カメラ側に取り付ける。
これはカメラがM42マウントとなる訳で、Kマウントのレンズと混在して使うのは面倒だ。

一方、フランジ付のマウントアダプターはレンズ側に取り付けるので、Kマウントのレンズともシームレスに交換できる。
ただしフランジの厚みだけバックフォーカスが長くなってしまうので、遠景にピントが合わせられなくなってしまう欠点がある。

そこでこのマウントアダプターを付けた状態で無限遠を調整してしまえば万事解決。
とはいえレンズの調整範囲はそれぞれなので、出来る出来ないはレンズ次第だろう。

(Kマウントの規格策定の時にフランジバックをM42より1mmでも短くしてくれれば良かったのに…)

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

天気が悪くてなかなか試せなかったが、ようやく試せる時が来た。
とりあえず遠景を撮りにありふれた河川敷へ。

画像全体はこんな感じ。

遠景

最も解像度が高いと思われる"F8"で比較。SSは1/320、WBは"太陽光"で固定。
等倍画像の左端と中央付近をクロップした。

smc PENTAX M135mm 1:3.5
smc PENTAX M135mm 1:3.5

Super-Multi-Corted TAKUMAR 135mm 1:3.5
Super-Multi-Corted TAKUMAR 135mm 1:3.5

XR RIKENON 135mm 1:2.8
XR RIKENON 135mm 1:2.8

smc PENTAX A135mm 1:2.8
smc PENTAX A135mm 1:2.8

M135mmは最も解像感に乏しい。色もややくすんだ感じがする。
TAKUMARはM135mmより2世代前のレンズだが、コントラストが高く解像感も上回る。
RIKENONは上の2機種の中間のような特性か。
A135mmは解像感・コントラストともに一番。ただし色収差は最も出やすい感じがする。

それからA135mmは他のレンズより焦点距離が短い。
画像から計算すると130mmとなった。他と並べてみると結構印象が違う。

 
場所を公園に移して彼岸花を撮る。

それぞれ絞り開放での描写。
合わせたつもりだったがピント位置が少しずつ違ってしまった。

                   【クリックで拡大】
絞り開放

ここでもTAKUMARとA135mmの色乗りの良さが光る。
M135mmは小型軽量なのが魅力だが、そのために光学系に負担が来ていると聞いたことが有る。その影響だろうか。
RIKENONはコーティングがsmcに比べると劣っているのだろう。(smcがこの当時では優秀だった)

 
A135mmで気になるのはパープルフリンジ。
下の画像はF5.6で撮ったもの。

A135mm

ピントの来ている白い彼岸花を等倍で見ると…

パープルフリンジ

明暗の境界に紫の縁取りが現れている。
特に白い被写体だと全体が色付いて見えるので気になる。
F8まで絞っても消えるかどうか。
ソフトウエアでかなり軽減は出来るようだけど…

 
とりあえず今回入手したA135mmで色々撮って回る。

                   【クリックで拡大】
彼岸花1
K-5 + A135mm 1:2.8   F5.6 1/125 ISO100

ボケもそんな悪くないかな。前ボケはちょっと2線っぽい。
 


                   【クリックで拡大】
彼岸花2
K-5 + A135mm 1:2.8   F5.6 1/80 ISO100

最短距離は他のレンズが1.5mなのに対して、1.2mと少し寄れる。
これはその最短距離で撮ったもの。
花弁の質感はなかなか良い。
 

                   【クリックで拡大】
彼岸花3
K-5 + A135mm 1:2.8   F5.6 1/160 ISO100

中間距離はまぁこんな感じ。
少し手ぶれしたようで鮮明感がちょっと落ちてしまった。
 

                   【クリックで拡大】
彼岸花4
K-5 + A135mm 1:2.8   F4 1/500 ISO100

Aレンズの最大のメリットは自動露出(P・A・S・SV・TAV)モードがすべて使えること。
分割測光にもなるので露出の正確性が高まる。
一方TAKUMARもAモードで実絞り自動露出が使えるのでM135mmやRIKENONよりも使い勝手がいい。

 
と言う訳でA135mmとTAKUMAR 135mmの2本体制で行くことに決定。
整理の目途もついたので先に持っていた2本は売却しよう。
これで防湿庫も少し空く…かな?

|

« レンズ追加 ~その22 & 23~ M50mmコンプリート | Main | 久しぶりに晴れたので »

Comments

なるほどー。勉強になります。

でも、今回は引き受けられないなあ。
おいらもリケノンとペンタのMかAか忘れてるが2本持っているので。

Posted by: ソーレ | October 03, 2016 09:52 PM

さすがに4本はいらないよね。
(って50mmはそれ以上有るのだが…)

オクか買い取りの高い方に出すつもりです。

Posted by: めえ | October 04, 2016 10:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レンズトレード ~望遠レンズ~:

« レンズ追加 ~その22 & 23~ M50mmコンプリート | Main | 久しぶりに晴れたので »