« 鯖サンド | Main | レンズ追加 ~その21~ ソフトフォーカスレンズ »

Windows Phone

Windows Phone

auの3G回線用に使用していたIS06が充電の不具合から起動しなくなってしまった。
(と思い込んでいたが電源ボタンを押し間違えるという大ボケだった…)

auの3G端末は一部を除いてICカードロック(L2ロック)が掛かっているので、SIMを違う端末に差し替えても使えない。
手持ちのIS01か安い中古ガラケーをauショップに持ち込んでロッククリアしてもらうことも出来るが、手数料は2160円掛かってしまう。

それならばその程度の費用で入手出来るL2ロックフリー端末を調達しよう・・・と言うことでオークションをチェック。
そして入手したものがこれ。

IS12T

 IS12T

キャリアから発売された端末では国内唯一となる"Windows Phone"だ。

大きさはiPhone 5と同じ位で電話機としては使いやすい大きさ。
iPhoneと比べると厚いがポケットへ入れて邪魔ってほどじゃない。

iPhoneと並べてみた

安く落札出来た要因の画面の傷。
スマートフォンの画面には最初からガラスの上にフィルムが貼ってある機種が多い。
これは「飛散防止フィルム」と呼ばれているもので、ガラスが割れた時に飛び散るのを防ぐ目的のものだ。

傷が有るのはこのフィルムなので剥がしてしまえば綺麗なディスプレイが現れる。
そこに市販のフィルムを貼れば新品同様だ。

飛散防止フィルムを剥がす

さてこのWindows Phone。
使ってみると思いのほか良く出来ている。
ディスプレイは3.7インチと小さいが、タイル表示のインターフェースのお陰か操作がしやすい。

そして特筆すべきはその操作感。
この頃のandroid機は操作に対してどうしても引っかかり感があったものだが、このWindows Phoneはまさに"ヌルサク"。

iPhoneといい勝負ができそう。
これRAM 512MBしか無いんだぜ。(そういえばiPhone 4sも512MBだっけ)

auの3G機で問題となる"パケ漏れ"も、androidやiPhoneよりは安心出来るらしい。
さらにはバッテリーの持ちも良さそう。
満充電から待ち受けで2日経っているが、まだ75%の残量がある。

そんな感じで3G回線の保守機としてはなかなか優秀なこの端末。
持っている人も少なそうで所有欲も満たせることが出来て満足満足。。。

|

« 鯖サンド | Main | レンズ追加 ~その21~ ソフトフォーカスレンズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Windows Phone:

« 鯖サンド | Main | レンズ追加 ~その21~ ソフトフォーカスレンズ »