« January 2016 | Main | March 2016 »

NETTOP ケース交換

おととし組んだNETTOP、順調に稼働中。
…と言うかほとんどメインマシンとなっている。

ふとある時、天板に触れてみたら結構熱くなっていることに気が付いた。
ストレージの温度を見てみると50℃近くまで上がることもある。

HDDの時ほど温度管理の重要性は聞かないが、さすがにこれだけ上がっていると精神的に良くない。
とはいえ今のケースで静音性を確保しながらエアフローの改善は難しい。
そんな訳でケース交換を画策した。

 
mini ITX用ケースの中からこのケースをチョイス。

IW-BMR651

こちらの記事を大いに参考にさせてもらった。

必要なパーツと共にamazonでポチる。購入したパーツは以下の通り。

パーツが揃った

ケース     : IN WIN PCケース Mini-ITX 160W電源付属 IW-BMR651
ファン     : サイズ 鎌風の風PWM 92mm
光学ドライブ : Panasonic 内蔵DVDマルチ スリムドライブ UJ880A(中古)
マウンタ   : センチュリー 裸族の下駄 2.5インチHDDx2台用3.5インチマウンタ

すべて合わせて1万円ちょっとだった。

 
開封して今までのケースと並べてみる。

新・旧ケース

旧ケースと比較して、容積比で2.5倍位だろうか。
それでも十分に小さいのだが。

今まではACアダプタを使っていたが、今度は電源搭載。
光学ドライブも外付けを併設していたがスリムドライブ内蔵にしたのでPC回りがかなりすっきりしそう。

チェックが済んだら移設作業に移る。
まず旧ケースからストレージとマザーボードの取り出し。

旧ケースをばらす
 

続いて新ケースを開ける。
鉄板はかなり薄い物を使用しており、単体だとペラペラな印象。
組み立てることで剛性を出す構造のようだ。
この辺は旧ケースの方がしっかりしていた感じ。

新ケース展開
 

ドライブベイを外してマザーを取り付ける。
以前より内部スペースが格段に広いので作業しやすい。

3.5インチドライブベイは背面に2.5インチドライブを付けられるようになっている。
当初はマウンタを介してSSD2台を3.5インチベイに収めようと思っていたが、実際に付けてみると2台の間隔が狭く配線に苦労しそうだったので、素直にベイ内と背面に取り付けることにした。

SSDの取り付け
 

SSDを付けたドライブベイをケースに取り付けて配線する。
周囲の空間も広くて熱はこもりにくそう。
写真の左下にドライブベイ冷却用の4cmファンが付いている。
静音性を考慮してとりあえず使わずに様子をみるつもり。

3.5インチドライブベイ取り付け
 

続いて5インチベイだが、ドライブを付ける前にファンの交換をする。
付属のファンは1200rpmと言うことでそれ程うるさくはなさそうだが、ここは300-2500rpmのPWMファンに交換。
発熱に応じて回転数をコントロールし静音性を向上させる狙いだ。

ケースには他に80mmの排気ファンも付いているのだが、こちらも使わずに92mmファン1個で熱対策する予定。

ファン交換
 

5インチベイにスリムドライブを取り付け。
1ヶ所ネジ穴が合わず、3本で固定。まぁ強度的には充分。

ケース付属のSlimline SATA変換ケーブルで電源とマザーをつなぐ。

スリムドライブ取り付け

余談だが、この5インチベイはスリムドライブなら下段が3.5インチベイとして使える。
と言うことはマウンタを使えばここにも2.5インチドライブを2台設置出来るわけで、このケース、最大で5インチスリムドライブを1台と2.5インチドライブを5台搭載出来ることになる。


5インチベイをケースに取り付けたところ。
この前にSSDの配線やマザーへの各種配線を済ませてある。

セット完了
 

あとはフロントパネルとメッシュの天板を付けて完了。
このフロントパネルの蓋がプラスチッキーで安っぽい。
デザインに凝るより質感に凝って欲しかったと個人的に思う。

ともあれ完成したので設置して起動してみる。

最初はファンが爆音だったりDドライブが光学ドライブと競合して見えなくなったりした。
ドライブはドライブレターの割振りを見直してOK。

ファンの方はBIOSでコントロールしようとしたが、どうも上手くいかない。
仕方ないのでSpeedFanで制御することにした。

ケース交換の前後での結果はこの通り。

 旧ケース
文

 新ケース
文

CPUのコア温度がだいたい同じになるようにファンスピードをコントロール。
それでSSDの温度は8℃前後下がった。

音はケースに耳を澄ませば聞こえるレベル。以前よりも格段に静かになった。
また負荷の高い作業をする時は、ファンの能力も上げられるのもメリット。

こんな感じでケース交換はひとまず成功。
あとは眩しすぎる青色LEDをなんとかしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続!かたしな

 2月12日 快晴

友人家族が集まるのでかたしなへ。

自宅まで来たK氏と一緒に向かう。
平日のせいかトラックが多く、ペースはやや遅れ気味。
根利は前日までの降雪でトンネル手前の日陰部分から積雪があった。

かたしな到着は8時過ぎ。
平日なのだが駐車場はそこそこ車が入っていた。
飛び石連休のため、休みにした人も多いようだ。

今日は平日なので食事付きのリフト券が2600円と格安だ。
天気は快晴。しかも暖かい。

快晴

朝のうちは雪質も良く、友人家族が来るまでに大回りで楽しむ。
今日は空いていると見越して大回り用の板を持ってきた。
降雪があったおかげで、雪質も良くコンディションは上々。

コンディションは上々

何本か滑っていると友人家族が到着。
それからは駄弁ったり、子供のスキーに付き合ったりとまったりと滑る。

昼食をはさんで午後もそんな感じで4時近くまでスキー場に居た。
お喋りばかりだったけど、そんな時間までゲレンデに居たのは久しぶり。

 本日の滑走 1624m/12本

宿にチェックインして温泉、そして夕食。
千代田館の食事は相変わらずのボリュームだった。

千代田館の食事

食後、子供を寝かしつけてからちょっと集まる。
昼間撮ったファイルを渡すのに大騒ぎ。
ケーブル1本、USBメモリひとつ忘れただけでこんなに面倒になるのか…
朝が早かったので解散したあとはさっさと就寝。

 
 2月13日 晴れのち曇り

天気は下り坂の予報だが、朝は良く晴れていた。
気温は朝から高く、雪もザラメっぽい。
休日となったので人も増えて賑わっている。

朝の賑わい

今日はキッズキャンプと云うことで親子はそちらで。
自分とK氏は好きに滑ったり、合流して見守ったり。

昼近くなると雲が増えてきた。
ときおりパラパラと雨粒も当たる。

曇ってきた

幸い本降りにはならなかったので滑るのに支障はなし。
むしろ4月並みの陽気で暑かったので、日差しが無くなったのはありがたい。

そんな感じで3時過ぎにあがり。

 本日の滑走 1748m/11本

宿に戻って風呂に入り帰り支度をする。
皆はもう1泊するので夕食の時間まで部屋で休ませてもらってから出発。
この陽気で根利の雪はほとんど消えて帰り道はスムーズだった。

二日間で子供たちも上達したし、にぎやかで楽しいキャンプだった。
来年はどのくらい滑れるようになるかな~
 
日光白根山

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝!かたしな

 1月31日 晴れ

ようやく雪の積もったかたしなへ。

かたしな高原

今年はもうかたしなでは滑れないんじゃないかと心配していたが、先週、今週の雪で全面滑走可となった。
8時前に到着したところ、第1駐車場は7割ほどの入り。
例年並みの入場者だろうか。雪が積もればやっぱり人は来るんだな。
帰る頃には第3駐車場まで入っていた。

前日まで降っていたおかげで雪は柔らかくキレイにパックされている。
"かえで"で人の少ないうちに大回りを楽しむ。
エッジは気持ちよく噛んでくれる。

かえでゲレンデ

今回は2回目の使用となるi RACE
前回、かぐらで使った時はエッジが噛みすぎて手強かった。
そこでトップとテールのエッジを少し落としてみたところだいぶん扱いやすくなった。

しばらくして人が増えてきたところで裏のゲレンデへ向かう。

青のリフト

隣の岩鞍を見ると微妙に違和感がある。
なぜだか考えているうちに思い当たった。

ゴンドラ駅舎の裏の斜面がごっそり伐採されていた。

(上:今年 下:昨年)
岩鞍方面

けっこうな急斜面なのだが、雪崩の心配は無いのだろうか。
ひと通り滑れるコースを回り、かえでに戻って数本滑ったら昼食。

食後に外に出てみるとすっかり暖かくなっていた。

昼時のかたしな

午後はかえでから始まり裏のゲレンデへ。
しかし脚はもう終わり気味だったので、程々で上がることにした。

 本日の滑走 3551m/17本

最後に玄さんでお茶して帰路へ。

ようやく滑れるようになったかたしなだったが、まだ雪は例年に比べて少なめ。
もう一度大雪が降ってくれないと3月になったら厳しいだろうなぁ…。

月

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2016 | Main | March 2016 »