« 消化 | Main | 上野東京ラインに乗って »

五里霧中

 3月8日 霧

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。

雪国

ただし上越国境ではなく「上信国境」だ。

 
久しぶりの講習で白樺湖方面に向かう。
南岸の低気圧のせいで上信越道は軽井沢I.Cあたりから雪となっていた。

女神湖に向かって上がって行くと途中から圧雪路になった。
いつもは蓼科牧場の交差点を右折し白樺湖に向かうのだが今回は直進する。

スズラン峠方面に向かう道は交通量が少なくていい感じの雪道。

素敵な雪道

着いた先はしらかば2in1
今回、初めて訪れるスキー場だ。

着いた時点ではまだ雪が降っており、また濃いガスにも覆われていた。
ただ天気予報では日中は晴れの予報になっていた。

仲間と合流し滑り始める。
はじめの数本足慣らしで滑るが完全にホワイトアウト状態。
コースはおろか自分が動いてるか止まってるのかさえ判らなくなる。
積もった10cm程の湿雪にも足を取られる。
酔いそうだ…

足慣らしが終わったら講習開始。
見えないので低速での練習だが、かえってありがたい。
そのまま滑っていたら気持ち悪くなっていたところだ。

暫くすると少し明るくなり、そろそろ晴れるかと期待する。
しかしそれは束の間で再び深い霧につつまれる。
昼近くになっても一向に晴れる気配は無くそのまま昼休憩へ。

こんな天気だからか、いつもそうなのかゲレンデも食堂も空いていた。
昼飯を食べて一休みしたら午後の講習に出る。

午後はゲレンデを一通り回ってみる。
コンパクトなゲレンデのはずだが見えないせいでスペック以上の広さを感じた。

もっとも霧が濃くなった時には視界は20mほど。
先に滑る仲間は数ターンで消えてしまう。
暗いので足元の凹凸も見えず、仲間とはぐれないように気を遣った。

深い霧

結局、最後まで晴れる事なく終了。

 本日の滑走 2790m/18本

山を下って行くと中腹から下は晴れていた。
麓から見ると山の上部だけに雲がかかっていたようだ。
こんな天気も春っぽくなってきたからかな…

|

« 消化 | Main | 上野東京ラインに乗って »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 五里霧中:

« 消化 | Main | 上野東京ラインに乗って »