« 14-15 年末年始合宿 | Main | ひと月ぶりのかたしな »

宝台樹・パウダー三昧

 1月11日 雪のち晴れ

連休の中日、日帰りで滑りに行く。

冬型が続いていたが関越方面はあまりドカ雪ではなかった。
ならばそこそこ新雪を楽しめてフラットも楽しめそうな場所、尚且つ近場…
と考えて久しぶりに宝台樹に行くことにした。

今回は友人車に同乗。
5時に迎えに来てもらい関越道へ。
日帰りで行く人も多いのか車は多く、車線の少なくなる前橋手前で渋滞に捕まる。
駒寄を過ぎたところからはスムーズに流れ、水上ICで高速を降りる。

雪は下牧付近から降っていたが山奥に進むに従いその量が増えてくる。
藤原ダムから先は雪の壁となっていた。

藤原湖のあたり

スキー場到着は8時少し前。第1駐車場に入れた。

支度を終えてゲレンデへ。
半日券のチケットを買ってリフト運行までレストハウスで休む。
ここは朝から営業していて朝食を食べられるようになっている。
いいサービスだ。

8時半になりファミリーゲレンデのリフトが動き出したので早速搭乗。

ファミリーゲレンデ

このコースは広い緩斜面で子供の練習とかには良さそう。
足慣らしをしてもう一度乗り込む。

2本目を上がっている時に山頂に向かう第9クワッドが動いているのが見えた。
そそくさとそちらに向かう。

リフト乗り場に行ってみるとまだ試運転だったがすぐにゲートが開いた。
このリフト、長さ1500mで標高差400m以上とかなりのスケール。
この頃になると雲が切れて日差しも出てきた。

第9クワッドで山頂へ

このリフトで滑れるコースは3本。いずれも中級以上のコースだ。
真ん中の尾根コースを挟んで両側の谷に降りるコースがある。

リフトに乗りながらチェックしたところ、尾根コースは中盤から下は未圧雪。
(前日にピステンを入れていた模様)
両側の谷に降りるコースは急斜面部分は未圧雪のようだ。

山頂からの滑り出し

つまり…どこへ行っても新雪を滑れる!
取りあえず一番急斜面の第9コースへ。

入ってみると膝くらいの新雪。
下地はコブになっていて難しい。
そして長い!

スキーのトップはなかなか雪面に出ず、何度かバランスを崩しそうになる。
これだけ新雪があるならLINEを持ってくれば良かったと後悔。
何度か休みながら完走したが降りた時にはすでに足はプルプル。

次の1本は反対の谷に降りる第10コースへ。
こちらの新雪はすでに食い尽くされており荒地のようだった。
後半の細い中斜面がツライ。

ここを降りたところで第7ペアの運行開始のアナウンスが聞こえてきた。
これは急斜面が並ぶ尾根へ上がるリフトで、パウダーがたっぷり積もったコースが待っている。

リフトを降りたらとりあえず左手のイーグルコースへ。
ところがコース前半の新雪を滑ったところで足が悲鳴を上げる。
たまらず後半は迂回コースで逃げた。

足も終わり気味だが同じリフトに乗り、今度はパラダイスコースへ。

パラダイスコース

最大35°の斜度とうねりのある雪面に苦労する。
後半の斜度が緩くなってからは直線的に降りて楽しめた。

時刻は10時を過ぎたのでお茶することにする。
ベースのレストハウスに入るが、そこそこ席は埋まっていた。

ひと息ついて外に出るとチケット売り場には長い行列が。
この時間から来る人が思いのほか多い。

チケット売り場の行列

さて、気分的にはもう午後。
パウダーはもう食い尽くされているだろうからゲレンデ巡りに出かける。
最初にスキー場最下部の白樺ゲレンデへ向かう。

結構長い連絡コースを行くとリフト乗り場が現れた。
ここが白樺ゲレンデ。
他とはセパレートされた感じでスラロームのポールとスクールの生徒たちが居た。

白樺ゲレンデ

1本滑ったらもう一度このリフトに乗り、上部の連絡コースを辿って戻る。
途中で第2リフトを乗り継がなくてはならず、このリフトが大混雑だった。

ゲレンデベースは人だらけ。連休のせいなのだろうか?
水上地区では一番大きなスキー場なので人が集まってくるのか?

取りあえずまた第9クワッドに向かい山頂を目指す。
まだ真ん中の尾根コースを滑って無いのだ。

この尾根のコースは成平コースと呼ばれ、昔はお気に入りのコースだった。
ところが今回滑ってみるとコース幅の狭さが気になった。

成平コース

なんとか降り切るともう足はいっぱいいっぱい。
最後にもう一度急斜面に行きたい友人を見送り、先にベースに戻る。

 本日の滑走 2537m/10本

パウダーばかり滑って累計標高差以上に疲れた…

レストハウスに入ってみると、近年見たことのないような大混雑。
客層を見てみるとファミリーが多いようだ。
もちろん空いている椅子も無いので外で友人が帰ってくるのを待つ。

ほどなく友人も戻り、帰り支度をしてスキー場を後にした。
車は駐車場の外の道路にも停まっており、入場者数の多さを物語っていた。

水上の亜詩麻で遅い昼食を食べてから帰路へ。
高速の渋滞も無く16時位には自宅に帰り着いた。

久しぶりに行った宝台樹だが、思っていた以上に滑りごたえがあった。
特にパウダーエリアの多さはなかなかのもの。
降雪後には要チェックのスキー場となった。

|

« 14-15 年末年始合宿 | Main | ひと月ぶりのかたしな »

Comments

乙でありました。
ここのski場は初めてでしたが楽しめたので、
また行きたくなりましたよ。

Posted by: wacca | January 16, 2015 12:20 AM

グルーミングを滑ったのは下の緩斜面だけでしたね。
今度はLINEも持っていきます。

Posted by: めえ | January 16, 2015 11:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宝台樹・パウダー三昧:

« 14-15 年末年始合宿 | Main | ひと月ぶりのかたしな »