« 再び赤城山 | Main | Nexus5 ほか »

秋の白馬

 10月25日 晴れ

恒例のスキー仲間との白馬オフ。
今回は八方池までハイキングの予定。

天気の良い週末で、待ち合わせ場所の八方第5駐車場からもすでに良い眺め。
紅葉は麓からゲレンデ中腹あたりが見頃で、上部はもう落葉しているようだ。

                   【クリックで拡大】
八方尾根
K-5 + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 XS

 
ここから宿に移動して車を置かせてもらい、支度を整えてゴンドラ駅まで歩く。
往復のチケットを買ったらゴンドラへ。
乗車中に見える紅葉は順光もあってとても綺麗。
惜しいのはゴンドラの窓が傷だらけだったこと…

ゴンドラ下車したらリフト2本を乗り継いで八方池山荘まで到着。
ここから歩き。直登コースは岩だらけで歩きにくいので整備された遊歩道の方へ。
大きく回り込みながら緩やかに登っていく道は木道で整備されている。

振り返ると白馬の街並みの奥に高妻や戸隠などの山々が見渡せる。

                   【クリックで拡大】
白馬の町と東側の山々
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

 
暫く歩くと直登コースに合流。小休止する。
北側が見通せるようになり、白馬乗鞍から小蓮華・白馬・杓子・白馬鑓と連なっているのが見える。
小日向山の裾野の紅葉が見事だ。

                   【クリックで拡大】
白馬三山などなど
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

後から気が付いたが、空に沢山の黒い点がある。
これはセンサーのゴミではなく大量の虫(とんぼ?)のようだ。
 
今度はレンズを70mmに付け替えて白馬鑓と杓子を見てみる。
稜線には最近降ったと思われる雪が残っている。
今回は稜線に居る人は見えなかった。

                   【クリックで拡大】
白馬鑓と杓子岳
K-5 + smc PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited

 
ここから間違えて直登コースに行ってしまった。
急だけど木の階段が設置されているので歩きやすい。

何個かケルンを通り過ぎると目的地の八方池が見えてきた。
奥の稜線が不帰ノ嶮(かえらずのけん)。左からⅠ峰・Ⅱ峰・Ⅲ峰となる。

                   【クリックで拡大】
不帰ノ嶮と八方池
K-5 + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 XS

 
真っ直ぐに池には行かず、南側の尾根を巻いて行く。
こちらからの方が池を見渡せるからだ。
すでに多くの人が休んでいるのが見える。

                   【クリックで拡大】
八方池と白馬三山
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

 
池に降りていくと南側にテラスが作られている。
そこからは池面が鏡のようになって山々を映し出していた。
三脚を据えてベストショットを狙っている人も居る。

                   【クリックで拡大】
池面に映る山々
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

 
眺めの良いところに腰を落ち着けて昼食にする。
天気が良く風もほとんど無いので思ってたよりも暖かい。

食後、いい撮影ポイントを探して右往左往する。
北側の丘に行き、135mmに付け替えて白馬岳をねらう。
左の肩に白馬山荘が見えている。

                   【クリックで拡大】
白馬岳
K-5 + smc PENTAX-M 135mm 1:3.5
 
存分に景色を堪能したら名残惜しいが下山。
下りのゴンドラの窓は比較的キレイでうまく写真を撮ることが出来た。

                   【クリックで拡大】
下りのゴンドラからの紅葉
K-5 + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 XS
 

宿に戻る途中で諏訪神社にお参りして幹回り10mの巨大な御神木を見る。
こんな寄り道が出来るのは秋ならではだ。

宿にチェックインしたら着替えだけ済ませてからお茶しに行く。
エコーランドにある sounds like cafe へ。

濃厚なガトーショコラとほろ苦いカフェラテが美味しかった。

                   【クリックで拡大】
お茶タイム
FIJIFILM XQ1
 
駅近くのpatagoniaを覗いてから宿に戻って温泉に入る。
夕食の時間になったがケーキが腹に残り食べきれなかった。

少し横になった後、皆が集まって宴会開始。
写真を交換したりしながらお喋りを楽しんだが22時位には解散。
皆、朝早かったせいか疲れていたのだろう。

 
 10月26日 晴れのち曇り
 
朝、目が覚めてみると7時前。
途中で目を覚ますことなく良く眠れた。
窓の外を見ると今日もいい天気だ。
朝食が7時半なので、その前にひと風呂浴びる。

チェックアウトして今日は観光の一日。
天気が良いのでまずは白馬大橋へ。

松川の先に白馬三山の構図。
昨年は生憎の曇り空だったが今年は雲一つない快晴。
もう1週間もすると対岸のカラマツが紅葉に染まり、山にも雪が降って尚良いかも。

           【クリックで拡大】
白馬大橋から白馬三山
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

 
次は大出の吊橋に行く。
木造の小さな吊橋だ。

                   【クリックで拡大】
大出の吊橋
FIJIFILM XQ1
 

橋を渡った先の集落を少し散策。
色付いたもみじと青空のコントラストが美しい。

                   【クリックで拡大】
もみじと青空
FIJIFILM XQ1
 

再び車に乗り野平集落へ行ってみる。
姫川から一段上がった台地にある集落で、昨年行った青鬼集落の南隣にある集落だ。
青鬼集落よりも広めの道を行くと開けた場所に出た。

後立山連峰が真正面に見える絶好のロケーション。
ここでは四季折々の素晴らしい展望が得られそうだ。
(冬に行くのは大変そうだが)

                   【クリックで拡大】
野平集落からの展望
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
 

このあたりの紅葉はちょっと早い感じだったが、青空との対比がきれいだった。

                   【クリックで拡大】
紅葉と青空
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
 

野平集落を後にして八方に戻る。
和田の森から咲花を抜けて黒菱林道を上がって行く。
スカイラインペアリフトの乗り場を過ぎて少し行った先を右に入ると今年オープンした北尾根の湯だ。

北尾根クワッドリフト降り口のINDIAN SUMMER Cafeの隣に建てられている。
よくここまでお湯を揚げたものだ。

                   【クリックで拡大】
北尾根の湯
FIJIFILM XQ1
 

露天風呂だけの小さな温泉で湯船からは八方尾根から白馬乗鞍の方まで見渡すことが出来る。
風呂へは受付で6人の人数制限をしているので、芋洗いということもない。
お湯は熱めで長風呂は出来ない感じだが。

湯上りに温泉前の広場で涼みながら景色を眺める。
開けていて気持ちのいいところだ。
 

昼時になったので麓に降りて駅近くの松庵で新そばをいただく。
白馬豚のつけ汁で食し、腹も膨れたところで宿の駐車場に戻って解散。

帰りの高速は観光時期だけあって渋滞もあったが5時間程で帰宅。
今年の白馬オフは天気に恵まれてとてもよい休日となった。

|

« 再び赤城山 | Main | Nexus5 ほか »

Comments

景色と天気とカメラとレンズと腕がいいねえ。

Posted by: ソーレ | November 04, 2014 10:19 PM

今回は単焦点+コンデジで行きました。
HDコーティング、色が濃くて良いよ。

Posted by: めえ | November 06, 2014 03:52 PM

めっちゃきれいですね!
景色も良いし、カメラの腕も流石です~!

Posted by: さっちん | December 05, 2014 06:41 PM

あざっす!

この時は天気に恵まれて良かったです(^^)

Posted by: めえ | December 06, 2014 10:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 秋の白馬:

« 再び赤城山 | Main | Nexus5 ほか »