« September 2014 | Main | November 2014 »

再び赤城山

 10月19日 晴れ

天気が良いので紅葉を見に赤城山へ。

車で上がって行くと中腹から紅葉が始まっていた。
しかし上がるにつれて落葉した木が多くなり、峠に着いた時には残念な感じに。
とりあえず鳥居峠まで行って覚満淵を眺めてみよう。

                   【クリックで拡大】
覚満淵1
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
 

レンズを40mmに交換して…

                   【クリックで拡大】
覚満淵2
K-5 + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 XS
 

さらに70mmに交換して…

                   【クリックで拡大】
覚満淵3
K-5 + smc PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited
 

今回は単焦点をいくつか持ってきたので交換しつつ歩いて回る。

小沼の駐車場に移動して歩く準備。
最初に長七郎山へ行ってみる。
道端には所々にこんな風に紅葉した木が残っている。

                   【クリックで拡大】
紅葉1
K-5 + smc PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited
 

途中で黒檜山方面の展望が開ける。
標高の高い黒檜山は、もうほとんど落葉しているようだ。

                   【クリックで拡大】
黒檜山
K-5 + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 XS
 

長七郎山に到着。
昔は眼下に小沼が見えたのだが、今は木が茂ってしまい見えなくなってしまった。
先月登った地蔵岳が向かいに見える。

                   【クリックで拡大】
地蔵岳
K-5 + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 XS
 

長七郎山を下りてオトギの森へ向かう。

途中で崖っぷちの開けた場所に出る。
下に小さな滝があり、小滝と言うらしい。
対岸の残念な感じの紅葉だが、これでも今回最も見栄えがあったところ…

                   【クリックで拡大】
紅葉2
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
 

オトギの森に到着。
昔湖底だった平坦な場所で、笹の林床にミズナラの森となっている。
落葉した今は明るい森で何も無いが雰囲気はよい。

           【クリックで拡大】
オトギの森
K-5 + smc PENTAX-DA 40mm F2.8 XS
 

小沼の近くまで戻ってきた。
真っ赤に色づいたもみじがあったので腰を落ち着けて昼食とする。


                   【クリックで拡大】
もみじ
K-5 + smc PENTAX-DA 70mm F2.4 Limited
 

昼食場所からほどなく小沼に到着。
日当たりのいい浅瀬にはメダカ程の大きさの小魚が沢山泳いでいた。

                   【クリックで拡大】
小沼
K-5 + HD PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

こんな感じで半日ほどの山歩き終了。
久しぶりに山を歩いてリフレッシュできた。

 
今回21mm・40mm・70mmのレンズを使用した。
ザックから取り出して…だと面倒でなかなかレンズ交換は出来ない。
そこで利用したのがこのケース。

レンズケース

エレコム デジタルビデオカメラケース [Sサイズ]

本来、ビデオカメラのケースなのだが仕切りもあって小さめの単焦点なら2本入る。
ベルトを通してウエストに着けられるので、立ったままでもレンズ交換が出来て便利。
これなら手間を惜しまずにレンズ交換が捗るというものだ。

これで単焦点の出番が増えそうだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

 10月4日 曇り

同じレガシィ(BP5)に乗っている友人が、車を乗り換えることになったのでパーツを譲ってもらった。

 装着前
装着前

 
 装着後
装着後

STI製のフレキシブルタワーバー

以前はブラケット自体がチェリーレッドに塗られていたと思ったが、これは地味な色になり"STI "のロゴも控えめ。

STI

交換してからまだあまり乗ってないが、まず感じたのは直進性の向上。
それとコーナーでのトレース性が良くなったような感じ。
ステアリングギアの遊びが無くなったようなソリッド感が出たように感じた。

このあたりは取り付けた人のレポートの多くと一致する。
乗り心地とかステアリングの重さとかは変わったような変わらないような…

いずれも知らずに取り付けられたら判るかと言えば微妙なところだが、こういったパーツはプラシーボ込みで良いんじゃないかと思う。
何のために付けるかと言えば、持ち主の満足の為なわけで。

車のパーツとしてはそれほど高い部類には入らないので、付けてもあまり不満は出ないんじゃないかな。
ちなみにディーラーで購入できるのだが、人気があって届くまで待たされることもあるようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2014 | Main | November 2014 »