« コンデジを買ってみた | Main | 雨上がりの散歩 »

SHL22

今年の夏休みは風邪をひき、昨年に引き続き引きこもりだった。

そこで…という訳でもないがauの端末を入手して使ってみた。

ヤフオクで中古の白ロムを調達。
届いたものは多少の使用感はあるものの状態は良好。

SHL22

機種は昨年の夏モデルでシャープのSHL22
大容量バッテリーと抑えめのディスプレイで、長時間稼働を謳うモデルだ。
auのSIMを入れてしばらく使ってみることにした。

CPUは当時の最高スペックのもので、動作はサクサク。
主回線で使っているdocomoのSH-06Eとは兄弟機であり、CPUスペックは同一。
ベンチは取っていないが、ディスプレイの解像度を抑えていることもあってサクサク度はSHL22の方が上のような感じがする。
 

続いてauとdocomoの回線速度を計測。

au
 
au回線速度
 
 
docomo
docomo回線速度

全部が同じ環境で測った訳ではないが、傾向は見て取れると思う。
概ねauの方がダウンロード速度が速く、PINGが短い。
つまりは反応が速いということだ。

実際の使用感でもauの方がストレス無く使える感じがした。
docomoの速度でも不便は無いが。
 
そして驚いたのがバッテリーの持ち。

battery mix

仕事の合間にネット閲覧する程度の使い方ではあるが6日間充電なしで使用出来た。
GPSやWiFiを利用していない結果だが、それでも"売り"の3日間は余裕がありそうだ。
初期のandroid端末は毎日充電しないと使えない代物だったが進化したものだ…

2週間ほど使ってみたが変な誤作動やフリーズも無いしなかなか良い端末だと思った。
そういえばずっとシャープの端末ばかり使っているな
IS01 ・ IS12SH ・ SH-06E ・ SHL22…

|

« コンデジを買ってみた | Main | 雨上がりの散歩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SHL22:

« コンデジを買ってみた | Main | 雨上がりの散歩 »