« June 2014 | Main | August 2014 »

コンデジを買ってみた

先月のカレーオフでもそうだったが、時に一眼レフを出すのが憚られることがある。
そんな時にサッと出せて撮影できるコンデジは便利。

とはいえ画質が…となるのだが、最近は画質を重視したコンデジも出てきた。
プレミアムコンデジとして人気があるようだ。

メーカーのサンプルやユーザーがアップした画像を見てみると確かになかなかのもの。
そこで本腰を入れてリサーチを始めた。

画質と携帯性を重視していくつか候補をピックアップ。
実際に店舗でも手に取ってみて操作感などもチェックした。

そして最終的に選んだのがこちら。

FIJI FILM XQ1
FUJIFILM XQ1

決め手はコンパクトさと程々の価格、そして大きめのセンサーで画質に有利なこと。
操作の軽快さもいい感じだった。
一眼レフでも採用されつつある"像面位相差AF"を用いたオートフォーカスも速い。

それから見逃せないのがmicro USBで充電出来ること。

モバイルバッテリーで充電

スマートフォンを持ってからmicro USBでの充電環境が整っているので、これでいつでも充電出来る。
バッテリーの持ちを気にしなくていいのは大きなメリットだ。

 
一通り弄ったところで実写へ。
先日蓮を撮った公園に行ってみる。

                    【クリックで拡大】XQ1
FIJI FILM XQ1

 
比較対象に一眼レフでも同じ構図で撮ってみる。
画像サイズも10MにしてXQ1とほぼ同じサイズにした。

XQ1の方はアスペクト比を3:2にしてある。
拡大画像はそれぞれ1/3に縮小したものだ。

                    【クリックで拡大】K-5
K-5 +SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

色がだいぶ違ってしまったがどちらもWBはオートでプログラムAEで撮影した。

ぱっと見、XQ1の方がコントラストが高く良さそうに見える。
一眼レフ危うし…

そこで重箱の隅をつついてみる。
右上の塔の部分を等倍でクロップ。

 XQ1
XQ1

 K-5
K-5

解像感やノイズ、ダイナミックレンジはさすがに一眼レフの方が勝っているようだ。
危うく一眼レフの存在意義が無くなってしまうところだった。
(一眼のメリットはそれだけじゃないけど…)

これだけ撮れればスナップとして十分以上。
荷物を減らしたい時や常に携帯するカメラとして重宝しそうだ。

 
他にも色々撮ってみた。

                    【クリックで拡大】蓮
FIJI FILM XQ1

花弁のシャープさはなかなか。
コンデジは被写界深度が深いので撮りやすい。

 
                    【クリックで拡大】セミの抜け殻
FIJI FILM XQ1

広角端ではF1.8と明るく、またレンズ前3cmまで寄れるのでそこそこボケは出る。
あまりきれいなボケではないが…

ただ寄れるのも明るいのも広角端のみでちょっとズームすると途端に暗く寄れなくなる。
そこはレンズの大きさの制約があるとはいえデメリットだ。

 
                    【クリックで拡大】新宿西口
FIJI FILM XQ1

ズームは35mm版換算で25mm~100mm
景色を広く切り取るのは得意。
これは山に行った時でも良さそうだ。

 
            【クリックで拡大】
都庁
FIJI FILM XQ1

建物を撮ると解像感に優れているのが判る。
無理にエッジ強調している感じはなく、コンデジとしては自然な描写だと思う。

 
                    【クリックで拡大】寿司
FIJI FILM XQ1

F1.8の明るさは室内の撮影で武器になる。
これで望遠側も明るくて寄れれば鬼に金棒なんだけど…

 
そんな感じで久しぶりのコンデジ購入だったが、満足感の高い買い物となった。
コンデジ…あなどれない!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

古代蓮

 7月8日 晴れ

近くの公園の蓮が見頃になったので写真を撮りに行く。

賑わい

平日の朝にも関わらず結構賑わっている。
駐車場も7割ほどが埋まっていた。

実はその前の週末にも行ってみたのだが、駐車場の入場待ちの渋滞に嫌気がさして引き返したのだった。
ここの蓮は最近ニュースでもやるようになったので知名度が上がったのかもしれない。
普段はただの公園だが、この時期は観光地と化している。

写真を撮りに来ている人も多く、どんなカメラを使っているのか横目で見つつ自分も撮影に加わった。

 
                    【クリックで拡大】蓮1
K-5 +smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR F2.8 1/4000

 

                    【クリックで拡大】花びら
K-5 +smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR F4 1/1000 +0.7EV

 

                    【クリックで拡大】蓮2
K-5 +smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR F5.6 1/1000

 

                    【クリックで拡大】蓮3
K-5 +smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR F4 1/1250 +0.3EV

 

                    【クリックで拡大】つぼみ
K-5 +smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR F8 1/80 +0.7EV

 
夜勤明けで朝7時に行ったのだが気温・湿度ともに高かったので汗だくになった。
晴れの透過光もいいけど、小雨の水滴もまた良いかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初夏の華麗な一日

 6月29日 曇り時々晴れ、のち雷雨

初夏のオフ会。

六本木ミッドタウン

今回は六本木ミッドタウンでインド料理のバイキング。
お店はガーデンサイドにあるニルヴァーナ ニューヨーク

インド料理なのに何故に"ニューヨーク"なのか。
と思っていたら、お店がニューヨーク発祥ってことらしい。

11時のオープンと同時に入店。
カレーが5種類に、タンドリーチキンやヨーグルトドレッシングのサラダ。
そのほか様々な惣菜やデザート各種。

カレーは最初にシナモンライスで、のちにナンでいただく。
何となく一眼を出すのが憚られたので写真はナシ。

外のテラスにも席があり、おこぼれを狙ったスズメが何羽も居た。

カレーをひと通り味わって、惣菜も制覇しようと思うが若い頃のようには食べられない。
すぐに満腹になってしまい、こういった食べ放題で元を取るのは難しくなってしまった。

デザートとお茶で〆て食後の腹ごなしに緑地を散歩。
朝は曇っていたが、今は日差しが出て暑くなってきた。

 
落ち着いたらミッドタウン内にある FUJIFILM SQUARE で山岳写真展を見学。

FUJIFILM SQUARE

大伸ばしにされた各地の山の写真を楽しむ。
行ったことのある山だとテンションも上がり、また歩いてみたいと思わせる。

カメラの展示室では懐かしいレンジファインダーのカメラや黎明期の銀板など、さらっと見て回るのは惜しい展示が多々あった。

あまり張り付いていると同行者に迷惑なので程々で引き上げる。
 

とりあえずミッドタウンを離れ信濃町方面へ移動。
途中、乃木神社で参拝をしてから本田技研本社1Fのウェルカムプラザへ。

Honda ウェルカムプラザ青山

ここは30年近く前にF1が展示されている時に来たことがある。
(Williams Honda 赤の5番でマンセルのマシン。1500ccのターボで過給圧制限なし、1350psオーバーの時代…)

今回はMotoGPのマシンが片隅に置かれていたが、どちらかというと市販車のショールームといった雰囲気だった。
飲み物を買って一息つき、せっかくなので展示されているバイクに跨ってみたりする。
(子供でも乗れるように固定されている)

バイクの展示

そしてしばらくすると"ASIMO"が登場。

ASIMO

休日には一日数回、ASIMOのショーが開催されるようだ。
実物を見るのは初めてだったが、思ったよりも機敏に動くものだ。

 

ショーを見終わったらウェルカムプラザを後にして神宮外苑へ。
ところがこの日は天候が不安定で雷雨になる確率が非常に高かった。
レーダーの画像を随時チェックしていたが、この時点で雷雲は埼玉・東京の県境付近。

あと数十分で降り出すと予想し、駅に急ぐ。
真っ暗なイチョウ並木をくぐり、行く予定だった聖徳記念絵画館はまた今度ということで。
ここに来た時には北東の空はもう真っ暗。

雷雨がキタ

なんとか降られずに駅までたどり着く。
外に出ないで済むように、駅ナカでお茶にしようと東京駅へ向かう。
乗り換えの四ツ谷では土砂降りの雨になっていた。危なかった…

東京駅ではさくっとお茶にするつもりだったが、ひどい混雑で座れる店が無かった。
散々歩いて探してようやく入れそうな店を見つけ、それでもしばらく待ってから腰を落ち着けられた。

甘味で疲れをいやして本日は解散。
最後、慌ただしかったけど充実した一日を過ごせた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2014 | Main | August 2014 »