« ラスト かたしな | Main | 花見 »

岩鞍最終日

 4月6日 晴れのち雪

本日で今シーズンの営業を終える岩鞍へ。

高速ではスキー場へ向かう車も少なくなり順調に走り、現地には7時過ぎに到着。
ここへ来るのはかなり久しぶりだ。
記録を見てみると最後に来たのは2009年の4月だった。
5年ぶりと言うことになる。

天気は晴れ。ただし奥の山には雪雲がかかっている。
ゴンドラステーションでチケットを買い、板を履かずにそのままゴンドラへ。
人は少なめで待つことなく乗り込めた。

ゴンドラに乗って

ゴンドラを降りたらまずは中緩斜面のミルキーウェイで足慣らし。
ゲレンデ上部の雪は昨夜までの降雪でなかなか良い。
中腹まで降りると新雪は無くなり凍ったザラメに。足下が危うくなる。

足慣らしと言いつつ足にはすでに乳酸が溜まってきた。
ゴンドラ1本で600mの標高差があるのでそれもそうか。

続いてリフトを乗り継ぎチャンピオンへ。
昔、カービングカップをやった中斜面だ。
そんな事を考えながらここを2本。
なんか上手い人が多いと思ったらプライズ検定があるのだった。

一応急斜面も滑っておこうと隣のエキスパートにも行ってみる。

エキスパートの急斜面

40度で下まで落ちる斜面はゲレンデとしては国内でも有数の急斜面だ。
荒れてなかったのであまり苦労せずに下りて、その下の快適な中斜面を楽しむ。

ここまで来たら一通り回ってみよう。
第8クワッドに乗って国体女子・沢コース
登り返して西山エリアに入りリフト2本を乗り継ぐ。

ゴンドラ降り場の方へ向かってから西山エリアに下りるななかまどコース
ここからは武尊山がよく見えるが、今日は雪雲に隠れてしまっている。

ななかまどコースと武尊山

だいぶ足に疲れが溜まってきて、大回りで踏ん張りきれなくなってきた。
そして岩鞍名物のぶなの木コースのコブ。
まだ凍っていて固そうだが一応行ってみる。

ぶなのコブ

案の定、固くてやっつけられる。1本で終了。

もう一度ゲレンデトップまで上がって今度は国体女子・西山コース
ここはリフトの効率が悪いせいか空いていて快適だった。

そのまま沢コースを下りてもう一度チャンピオンへ。
チャンピオンはA・Bの2コースあるので、行っていなかったBコースへ。

ここは1本バンクコブのラインがあった。ぶなと違い雪が緩んでいるので滑りやすい。
しかし足はもう終了のお知らせ。
通しで滑りきれずに休み休み下りた。

リーゼンと国体男子コースを滑る脚力はもう残っていないのでそろそろ終わりにしよう。
岩鞍リゾートホテルで配っていたリンゴを貰い、最後にゴンドラへ。
ミルキーウェイを疲れつつも気持ちよく下りて上がりとした。

 本日の滑走 3782m/11本

先週記録した今シーズンの最大滑走標高差をあっさり更新。

昼時なのでうめでんでカツ丼を食べてから駐車場に戻る。
ちょうどそのタイミングで山は雲に覆われ、次第に吹雪きとなるのであった。

開場30周年

|

« ラスト かたしな | Main | 花見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 岩鞍最終日:

« ラスト かたしな | Main | 花見 »