« March 2014 | Main | May 2014 »

NETTOP更新 ~組立&セットアップ~

2014年4月8日にWindows XPのサポートが終了となった。

4年前に組んだNETTOPがXPで、これがほぼ常用PCとなっていた。

更新しなきゃと思いつつもだらだらと使っていたのだが、3月位から妙に動作が重くなってきた。
例えばFirefoxで複数のタブを開いているとスクロールや文字入力でプチフリーズしたり、そのままクラッシュしたりと…

ウィルス感染を疑ったが調べてみると、ブラウザがメモリをバカ食いしていた。
3GBのメモリの内、2GB近く食っているのだ。
Firefox程では無いものの、IEでもChromeでもかなり占有してしまっている。

Windows 7のデスクトップ機では同じような状況でもそんなにメモリを食わないのでOSのメモリ管理が良くないのだろう。
最近になってからと言うのはもしかしてMSの嫌がらせ?と邪推もしてしまうが…


 
前置きが長くなったが、これでようやく重い腰を上げて更新することにした。
Windows 8は昨年安かった時にupgrede版を購入してある。
インストールしてなかったのは、XPで不満が無かった他にも理由があった。

現NETTOPのD510MOに導入しようとしても、対応していないドライバがあったのだ。
特にLANのドライバが対応していないのが痛かった。
(USBの無線LANを使う手も有ったが、そこまでするのも…)

なのでOS更新と同時にパーツも更新することにした。

まずはWin8に対応したマザーボード。
現行同様にCPUオンボードの省電力のものから選ぶ。

ちょうどBay Trailceleron J1900が載ったマザーが出始めたところで、当初はこれを狙っていた。

ところが、調べていくうちにJ1900よりもIvy Bridgeceleron 1037Uの方が性能が良さそうと判明したのでこちらを搭載したマザーを選ぶ。

その他のパーツは使い回したいところだが、マザーが変わることでメモリの規格もDDR2からDDR3変わってしまう。
またストレージも現行の32GBではキツイのでこれも交換。

結局、以下のパーツを交換することとなった。

パーツ一覧

 マザー : GIGABITE GA-C1037UN-EU
 メモリ : BUFFALO D3U1333-B4GBJ (バルク品)
 SSD : crucial CT120M500SSD1 (120GB)

…なんか総取っ換えのような気もする。
 

SSDはAmazonで、マザーとメモリはテクノハウス東映で調達。

それにしてもメモリは高くなった。4GB×2枚で6000円弱。
バルク品で安く入手してもこの価格。パッケージ品だと7500円以上する。
一昨年の暮れには3000円以下で買えたのに…

ともあれ、これでパーツは揃った。
GWに入ったところで組むことにする。

まずは現行のパーツの取り外し。
配線やメモリを外してマザーを取り出す。
交換するマザーと並べて見てみる。

マザー比べ

下が古いD510MOで、上が新しいGA-C1037UN-EU。
両方ともファンレスで大きなヒートシンクが付いている。

今度のマザーはLANが2個付いていたりIDEポートが付いていたりとサービス旺盛。
ただUSB3.0が無いことが残念なポイント。
欲を言えばmSATA対応のmini PCI-eスロットがあれば狭いケースでも配線が楽になってなお良かった。

満足するまで眺めたらケースに組み込み配線をする。
メモリを挿したところでまた眺める。

メモリ入りました

古いIntelのマザーと比べると、新しいGIGABITEのは色も鮮やかでカッコいい。

ここで電源・ディスプレー・キーボード&マウスをつないで起動してみる。

Delキーを連打するとPCの基本設定をするUEFI 画面が表示される。

UEFI画面

今までのBIOSと何が違うのかと思っていたが、使う側からすると少しグラフィカルになってマウスが使えるようになったくらいかな?
項目を確認したがインストールに際し特に変更するところは無かった。

次にメモリの不良チェック。

Memtest 86+をダウンロード。
それをUSBメモリにインストールしてPCに挿す。
PCを起動するとUSBからブートしてメモリのテストが始まる。

メモリチェック中

1周目は45分で終わったが2周目がなかなか終わらない。
途中で買い物に行ってもまだ終わらず、結局2周終わるのに3時間半近く掛かった。
それ以上やるのも面倒なので、ここでテスト終了(人によっては10周位回すらしい)。

次にSSDを接続。
マザーのSATAポートは6Gb/sが1ポート、3Gb/sが2ポートなのでシステムのSSDを6Gbへ、データのは3Gbの方へつなぐ。

SSDを接続

ケースに戻して電源などをつなぎ、OSのインストールに入る。

 
今回インストールするWin 8はupgrede版なので、本来はXPに上書きとなる。
しかしXPの入っていたストレージは今回交換している。

そこでとりあえずクリーンインストール出来るかやってみる。

ポータブルのDVDドライブを接続し、インストールメディアを入れた状態でPCを起動。
ドライブは動き始めるが、画面には「ブートできないよ (意訳)」の文字が。

何度か試したが変わらず。やっぱりクリーンインストールは出来ないのかな?

仕方なくまずはXPをインストール。
ところがこちらも同じメッセージが表示されインストール出来ない。

もしかしてドライブのせい?と思い、別のポータブルCDドライブで試してみる。
するとインストーラーが立ち上がりインストールが始まった。

とりあえずXPはインストール完了した。
ここで先ほどのDVDドライブを接続してWin 8にアップグレード。

…のハズがまたはじかれる。

32 ビットの Windows XP, Windows Vista, あるいは Windows 7 がインストールされているコンピュータから 64 ビットの Windows 8 へのアップグレードは出来ません。」

こんな感じのメッセージが表示されてしまった。

…ダメじゃん。8GBのメモリ、無駄になるじゃん…

ここでようやく解決方法を検索する。

 
調べてみると、やっぱりupgrede版でもブート出来てクリーンインストール出来ることが分かった。

そこで解決策を考える。

ブートできるポータブルドライブはCDなので、DVDメディアのWin8 は使えない。
デスクトップ機の方ならDVDドライブが付いているので、一旦SSDをデスクトップ機につないでインストールすればいいか。

という訳で久しぶりにデスクトップ機のフタを開ける。

SSDをデスクトップに接続

デスクトップのHDDの一つから電源とSATAケーブルをつなぎ換える。
起動して、まっさらのSSDの領域確保とフォーマットをしてWindowsフォルダを作成。
(upgrede版のクリーンインストールにはいくつかの手法があり、これはその一つ)

DVDドライブにインストールメディアを入れてから電源を切り、デスクトップ機のシステムディスクにつながるSATAケーブルを抜く。

そして電源ON !!

今度は問題なくインストールが始まった。

必要事項を入力し、しばらくすると見慣れぬ(店舗では見慣れた)メトロUIが現れた。

メトロUI

やれやれ、やっとインストール出来た。

シャットダウンしてSSDを外し、ネットトップの方へ接続。
ケースに戻してもろもろ接続し起動。

擦り手して待つが起動画面は現れない。
代わりに表示されたのはまた「起動できn・・以下略」の文字。

おかしいな…

この辺で疲れてイヤになってきたので、後は翌日に回すことにした。

 
次の日。

寝ながら考えた方法を試みる。

前日はSSDを外してデスクトップ機につないだが、逆にデスクトップ機のDVDドライブをネットトップの方へつないでみることにした。

でも一旦SSDを外してデスクトップにつなぎ、領域を作成し直してフォーマットから。
で、ネットトップの方へ戻して今度はデスクトップのDVDドライブのSATAケーブルをネットトップにつなぐ。

なんてことはない作業だが、何度も繰り返すと訳が分からなくなってくる。
(ゲシュタルト崩壊ってやつ?)

デスクトップを起動させてDVDドライブにインストールメディアを入れる。
そしてネットトップの電源を入れると…

おぉ~~~、インストールが始まった。。。。

メトロUI が表示されて終わりと思いきや、まだ続く。
 

 ライセンス認証がされない…

 
これはまぁ予感はしていた。

前日にデスクトップ機でインストールしたときにLANケーブルを抜き忘れていた。
で、デスクトップ機の構成で認証されてしまったんだな。

MSのライセンス認証センターに電話して手続きをする。
自動音声では認証できずにオペレーターにつながる。

事情を説明するとすんなりとI Dを発行してくれて無事にライセンス認証が出来た。

upgrede版のクリーンインストールはマイナーなやり方だけど、ここまで苦労するとは。
(多くは機材の問題だけど。
 それとupgrede前に認証されたWindowsが無いとライセンス違反になります)
 

とりあえずWindows 8 はインストール完了。
ここからまた、自分の環境に戻す作業が待っている………

| | Comments (0) | TrackBack (0)

POWERS 試乗会

 4月13日 晴れ

昨年も行ったPOWERS主催の試乗会に参加してきた。

8時前に到着するが、第1駐車場の端の方になってしまった。
この時期の丸沼は混む。

試乗会の受付まで時間があるので足慣らし。
とりあえずバイオレットに向かう。
リフトはすでに待ち時間が出来ていた。

バイオレットコース

コンディションはザラメが凍ったアイスバーン。
自分のmonsterでは少々足下が心許ない。

下りると受付開始となっていたので早速借りる。
この日はリフトが5~10分待ちの混雑だったので効率よく回せなかった。
バイオレットで1本試すだけにして次々に乗り換えた。

               【クリックで拡大】
試乗した板

HEAD i.SL 165cm
まだ雪が固いのでレースモデルから。
昨年SL RDを乗って手に負えなかったので、今年はセカンドモデルに乗ってみた。
扱いやすくてグリップもそこそこ。いい感じだ。

HEAD i.Speed 175cm
自分の持っている板と同じもの。来期も特に変更は無い模様。
乗り味も変わらず。

ATOMIC BLUESTER SC 165cm
アトミックのダブルデッキはまだ乗った事がなかった。
基礎小回りのセカンドモデルかな?
ゆるゆる乗っている時は特徴が無かったが、角付けするとアトミックだなと感じる。
キャップっぽいダイレクトなエッジ感。

OGASAKA TRIUN SL 165cm
オガサカだから楽かと思っていたが履いた瞬間どっしりとした手強い雰囲気を感じる。
こういう板も有ったんだなと意外。
頑張って滑ったが、そんな時はしっかりグリップしながらも反応は素直。
結構気に入った。

VOLKL PLATINUM SW UVO 166cm
センター74mmでちょっと太めのモデル。
トップに「UVO」という制振材が付いている。
この頃には雪が腐ってきたので少し太めのこの板は滑りやすかった。
ただセンターがかなり前のような感じでトップが短く感じられた。

HEAD SUPERSHAPE i MAGNUM 170cm
安心のマグナム。
来期はプレートにリバウンドを引き出す"バネ"が仕掛けられているが効果はよく解らず。
扱いやすさは従来と変わらず。
 

試乗会場

そろそろ昼時なので自分たちは上がる時間になってくる。
めぼしいところは乗ったので、最後にセミファットを借りる。

NOBIL

NOBIL FIFTY 175cm
センター87mmでトップ&テールロッカー。センターはキャンバーもあった。
ザブザブ雪でも沈むことなくスムーズに抜けられて好印象。
小回りは解らないが、大回りは気持ちよく滑れた。
イタリアのメーカー?コスメがおしゃれだった。

 
これで試乗は終わり。
最後に昼時で空き始めたゴンドラでゲレンデトップまで上がる。

日光白根山

天気がいいので日光白根山もばっちり。
写真を撮ってから麓まで下り上がりとした。

 本日の滑走 2106m/8本

少ない割には疲れたな…

至仏山

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花見

 4月7日 快晴

仕事は夜からだったので公園へ花見に行ってきた。

                    【クリックで拡大】

K-5 +smc PENTAX DA40mm F2.8 XS

平日なのだが意外と人は来ている。
駐車場は7割ほど埋まっていた。

                    【クリックで拡大】

K-5 +SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC

写真を撮りに来ている人も多かった。
三脚を据えてじっくりとチャンスを狙っている人も。

                    【クリックで拡大】

K-5 +smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR

花は満開を過ぎて散り始め。
風が吹くとはらはらと舞う花びらが綺麗だった。

           【クリックで拡大】

K-5 +smc PENTAX DA40mm F2.8 XS

季節の花が気になるようになってきたのは年をとった証かな(笑)

 
おまけ
オオイヌノフグリ
                  - オオイヌノフグリ ー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岩鞍最終日

 4月6日 晴れのち雪

本日で今シーズンの営業を終える岩鞍へ。

高速ではスキー場へ向かう車も少なくなり順調に走り、現地には7時過ぎに到着。
ここへ来るのはかなり久しぶりだ。
記録を見てみると最後に来たのは2009年の4月だった。
5年ぶりと言うことになる。

天気は晴れ。ただし奥の山には雪雲がかかっている。
ゴンドラステーションでチケットを買い、板を履かずにそのままゴンドラへ。
人は少なめで待つことなく乗り込めた。

ゴンドラに乗って

ゴンドラを降りたらまずは中緩斜面のミルキーウェイで足慣らし。
ゲレンデ上部の雪は昨夜までの降雪でなかなか良い。
中腹まで降りると新雪は無くなり凍ったザラメに。足下が危うくなる。

足慣らしと言いつつ足にはすでに乳酸が溜まってきた。
ゴンドラ1本で600mの標高差があるのでそれもそうか。

続いてリフトを乗り継ぎチャンピオンへ。
昔、カービングカップをやった中斜面だ。
そんな事を考えながらここを2本。
なんか上手い人が多いと思ったらプライズ検定があるのだった。

一応急斜面も滑っておこうと隣のエキスパートにも行ってみる。

エキスパートの急斜面

40度で下まで落ちる斜面はゲレンデとしては国内でも有数の急斜面だ。
荒れてなかったのであまり苦労せずに下りて、その下の快適な中斜面を楽しむ。

ここまで来たら一通り回ってみよう。
第8クワッドに乗って国体女子・沢コース
登り返して西山エリアに入りリフト2本を乗り継ぐ。

ゴンドラ降り場の方へ向かってから西山エリアに下りるななかまどコース
ここからは武尊山がよく見えるが、今日は雪雲に隠れてしまっている。

ななかまどコースと武尊山

だいぶ足に疲れが溜まってきて、大回りで踏ん張りきれなくなってきた。
そして岩鞍名物のぶなの木コースのコブ。
まだ凍っていて固そうだが一応行ってみる。

ぶなのコブ

案の定、固くてやっつけられる。1本で終了。

もう一度ゲレンデトップまで上がって今度は国体女子・西山コース
ここはリフトの効率が悪いせいか空いていて快適だった。

そのまま沢コースを下りてもう一度チャンピオンへ。
チャンピオンはA・Bの2コースあるので、行っていなかったBコースへ。

ここは1本バンクコブのラインがあった。ぶなと違い雪が緩んでいるので滑りやすい。
しかし足はもう終了のお知らせ。
通しで滑りきれずに休み休み下りた。

リーゼンと国体男子コースを滑る脚力はもう残っていないのでそろそろ終わりにしよう。
岩鞍リゾートホテルで配っていたリンゴを貰い、最後にゴンドラへ。
ミルキーウェイを疲れつつも気持ちよく下りて上がりとした。

 本日の滑走 3782m/11本

先週記録した今シーズンの最大滑走標高差をあっさり更新。

昼時なのでうめでんでカツ丼を食べてから駐車場に戻る。
ちょうどそのタイミングで山は雲に覆われ、次第に吹雪きとなるのであった。

開場30周年

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラスト かたしな

 3月31日 雪のち晴れ

休暇が取れたので、今シーズン最終営業日となるかたしなへ。

先週に引き続き冬型の気圧配置でスキー場に着くと小雪が舞っていた。
いつも平日はガラガラのかたしなだが、今回はそこそこ車が停まっていた。
春休みなので平日休みの家族が来ている感じだ。

超お得な「平日パック」を購入しリフトに乗る。
麓の積雪は無かったが、かえでの上部は5cm程の新雪があった。

新雪5cm

下地は固めのザラメでしっかりグリップするので安心して飛ばせる。
気持ちよく大回りで足慣らしをしてからたかねに向かう。

たかねの入り口に着いてみると、まだ誰も滑っていない。
新雪5cmだがファーストトラックだ。

たかねファーストトラック

入り口の急斜面は小回りで板の反発を楽しみ、後半は大回りで遠心力を楽しむ。
ここに来る人はほとんど居なかったので、しばらく良い状態で楽しめた。

飽きたらかえでに戻ってみる。
人はそれなりに増えたが、まだ飛ばすのに支障はない。
ゲレンデ端のコブのラインにも行ってみる。
11時になったところで昼食。

レストハウスはセンターハウスしか開いていないようなので選択の余地無し。
かき揚げ丼を食べて食事券の残りは300円分とドリンク券。
後でまた来るのも面倒に思い、デザートにホットケーキとコーヒーを頼んで使い切る。
これが失敗で腹がきつくなりしばらく動けなくなる。

外はすっかり晴れて暖かい。

晴れてきた

そういえば昨シーズンも3月末に来ているが、雪の量が段違いに多い。
この日、公称では170cmの積雪とのこと。
せっかくなので春休みの終わる4月の第1週まで営業出来れば良いのに。

ようやく動けるようになってゲレンデへ。
たかねを数本回し、最後にかえでを1本滑って上がり。

 本日の滑走 3332m/17本

今シーズン最大の滑走標高差となった。

日光白根山と錫ヶ岳

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »