« December 2013 | Main | February 2014 »

タブレット導入

以前から泊まりで出かけるような時はノートPCを持って行ったのだが、荷物が多くなるのが難点だった。
一方、スマートフォンで大抵の事は出来るが、画面が小さく老眼の目には厳しい。

と、言う訳でその穴を埋めるべく7~8インチのタブレットを物色。
安くなった2012モデルのNexus7か、micro SDの使えるMeMO Padかと考え店頭へ。

現物を触って確認して、持ち帰ったのはこちら。

Nexus 7 (2013)

Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB

やっぱり新しいのはいいね。。。

 
nexusは最新OSが使えるので、最初にアップデートをする。

アップデート中

これでAndroid 4.4に。

アプリはgoogle謹製のものがあるだけでスッキリしている。

ホーム画面

必要なものは自分で入れるというのは自作PCのようで良い。

とりあえずNexus Media Importerを導入。
これでOTGケーブルを介してUSBメモリやカードリーダーが使える。

USBメモリをつないでみた

こうしておけばスキーの映像などを見られるので、ちょっとした旅行ならこれでOK。
日常でも使い勝手が良さそうなので、追々環境を整えていこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

当たり日

 1月19日 雪

ロッジホワイトバレー

今週末も強い冬型となった。
とりあえず新雪の滑れそうなところへ、と関越道に乗る。

昨夜からのアメダスのデータでは湯沢の降雪量は30cm弱。
一方、みなかみでは10cm弱だった。

こりゃ新潟に行かないとダメかなと思ったが、赤城を過ぎると激しく雪が降ってきた。
チェーン規制の始まる下牧手前の渋滞では車にみるみる積もっていく。

これならば、と水上I.Cで降りてホワイトバレーに向かった。
 

ゲレンデに出てみると厚い雪雲と大粒の雪で視界がかなり悪かった。
コントラストが著しく低下しているので段差などが全く見えない。

視界が悪い

ホワイトバレーの上部はボウル状の地形でどこでも滑れる。
良いラインを探してあちこち探り、良さそうなところで何度も繰り返し滑る。

新雪は脛から膝くらい。
底付きはするものの同行者共々ファットを履いているので楽しく滑れる。
雪は降り続いているので荒らされてもどんどん積もってゆく。

LINEつながり

ここはリフト2本の小さいスキー場だが上部のリフトは長く、標高差も300mある。
このリフトは上部のボウルを繰り返し滑れるように中間駅から乗ることも出来て便利。

中間駅

距離は短くなるが、繰り返しパウダーを滑れるので猿のように飽きることなく滑った。
少し疲れを感じてレストハウスに入ったのが11時。
お茶をしたらもう滑る気もなくなりそのまま撤退することに。

 本日の滑走 1785m/18本 (AVOCETでは2800m以上)

あまり期待していなかったが、思いのほか良い雪だった。

国道まで降りて昼食を食べてから帰路につく。
高速のチェーン規制は赤城まで伸びていた。
実際には下牧以南には路面に雪は無かったが。

その後、帰宅してから湯沢~月夜野間が吹雪で通行止めになったと知る。
新潟に行っていたら帰り道が苦労しただろうな…

3時間でこの積雪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スピーカー移設

昨年末にBP9のスピーカーをカロッツェリアに交換した。

しばらく聴いてみたが中高音域がこもっている感じが気になった。
ツイーターの位置がドアトリムの奥まった所にあるのが原因のようだ。

そこでツイーターの移設を検討。
付属の台座でダッシュボード上にセットすれば一番音が良さそうだけど、配線の取り回しが面倒だ。
その台座をドアミラー内側に取り付ければ配線は楽だけど、見た目がどうも…

あれこれ悩んでいたところで、純正マッキントッシュではドアミラー内側にもツイーターがあることを知った。
画像を探して見てみると、ちょうどいい具合にカロッツェリアのツイーターも入りそうだ。

と、言う訳で部品を発注してみた。

品番は以下の通り。
94251AG080・94251AG080・94245AG000・94245AG010
ツイーターの収まるドアミラートリムとスピーカーグリルである。

部品キタ-

まずはドアトリムを外してスピーカーを露わにさせる。
前回取り付けたツイーターを外して、新しいドアミラートリムに合わせてみる。

ツイーターの位置合わせ

いい感じで入りそうだ。

マッキンのツイーターはネジで固定するのだが、社外品にはそんなネジ穴は無いので強力な両面テープで固定する。
そしてスピーカーグリルをはめ込み、そのツメを折って固定すればツイーターアッセンブリーの完成。

一方、主の居なくなった純正ツイーターのブラケット。
せっかくだから元のツイーターを戻してやる。
試しに音を出してみると…
純正ツイーターも鳴らした方が良さそうだったので配線も元に戻した。

全体像

最終的にこんな構成となった。
ちなみにマッキントッシュはツイーターとウーファーの間にスコーカーも入る構成となる。

配線は以下の通り。

配線図

純正ウーファーはフルレンジとして動作し、ツイーターはハイパスフィルターを介して並列に接続されていた。
カロッツェリアはそのフルレンジをネットワークで低音と中高音に分離してウーファーとツイーターを鳴らすようになっている。

こんな具合にスッキリと収まった。

ツイーターふたつ

音も今までのコモリ感が消えて、ボーカルやハイハットがはっきりと聞こえる。
これでようやくカロッツェリア本来の音が聴けるようになった感じ。

それにしても何で純正ツイーターもこの位置にしなかったのだろう?
マッキントッシュとの差別化なんだろうか?
そういえばSGはこの位置に付いていて、純正スピーカーもそこそこの音だったので交換はしなかったな…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ローテンション

この冬一番の寒気が来る!とのことで、今週末はパウダー祭を期待していた。
ところが金曜日は思ったよりも降らなかった。

また水上方面にしようかと考えていたが、新雪が無いんじゃ…
と言うことでいつものかたしなへ。
 

 1月11日 雪

雪は降らずとも冬型なので気温は低い。
根利は部分凍結でけっこうスリリングだった。

片品村に入り、役場のあたりでは小雪が舞う位だったが、かたしなに到着すると予想と違って大粒の雪がごんごん降っていた。
レーダーにはほとんどエコーが無いんだけどなぁ…

車から出るのも億劫なのでだらだらとしていたが、来たからには滑らないと勿体ないので重い腰を上げて仕度をする。

ゲレンデに出てみると見る間に雪が積もってゆく。

本降りの雪

バーンは新雪が20cmほど。
降っている最中なので軽い雪だがその下はアイスバーンでガリガリと音を立てる。
なんだがテンションが落ちる。
連休の初日だからか、天気が悪いからか空いているのは良いんだけど。

かえでを数本滑ってから奥のゲレンデへ向かった。

もくせいコース

どうもテンションが上がらず、リフトに乗っている間が眠くて仕方がない。
滑っている最中はそれなりに楽しいのだが、考えて滑るのは億劫でただ滑る。
一通り滑ったところで身体が冷えているのを感じたので、早めに昼食に入った。

ここでも空いているのを良いことに昼寝をしたりして1時間半も休んでしまう。

午後は奥に行くのも面倒になりかえでで回す。
そして13時過ぎくらいまで滑ったところで上がり。

 本日の滑走 2189m/13本

ちょっと仕事の疲れを引きずっていたかな…

文字

| | Comments (0) | TrackBack (0)

13-14 年末年始合宿

 12月31日 曇り時々晴れ

恒例の年末年始合宿へ。

根利越えはほとんど雪もなく、スムーズに丸沼に到着。
センターハウスで久しぶりの仲間と合流する。
そのままバイオレットコースに上がって講習開始。

バイオレットコース

今季のテーマは「がんばらない」なので、程々の心意気でリラックスして滑る。
そうすると脚もよく動いて、自分の良いところが出る感じ。

大回り・小回りとやって早めの昼食。
今季の丸沼はコバルトコース下のレストハウスが営業していないため、昼食の混雑が激しいらしい。
前日もお盆を持って右往左往する人が多数居たそうだ。

ただこの日は大晦日とあってそれほどの混雑にはならなかった。
そういえばリフト待ちもほとんど無い。

午後は小回りの練習にゴールドコースに向かう。

ゴールドに向かう

ゴールドは硬めの雪になっていることが多い気がする。
そこでちょっと"がんばって"しまうと、途端に滑りがぎこちなくなってしまう。
景色を眺めたりして気持ちをリラックスさせて滑ると柔らかく動けるようになった。

最後にベースまで降りてゴンドラへ。
ゲレンデトップのレストハウスでお茶タイム。
残念ながら、日光白根山は雲に覆われて見ることは出来なかった。
再びベースまで降りて本日は終了。

 本日の滑走 2790m/18本

いつもの千代田館にチェックイン。
夕食前に板の手入れをする。
ワクシングは1セットだが、スクレーピングは4セットやったので結構大変だった。

夕食後に温泉に入り、それからミーティング。
22時過ぎに各自の部屋に戻るが、今日は新年の花火と初詣がある。
朝が早かったので眠くて仕方ないが、「寝たら最期だ…」と言い聞かせる。。。

 
 1月1日 晴れのち雪

なんとか眠らずに23時50分となり、仕度をして外に出る。
日本海に低気圧があるせいか例年より暖かい。
空は満天の星空で花火はよく見えそうだ。

カウントダウンが始まり、午前0時。花火が打ち上がり新年となった。

新年の花火

いつもの神社で初詣をして宿に戻って寝る。

翌朝。今日からは近くのかたしなで滑るので朝はゆっくり出来る。
朝食前に温泉に入り、身体を温め覚醒させる。
宿を出るのも8時45分とゆっくりだったので仕度するのも余裕があって良かった。

かたしな高原

自分のホームゲレンデなので、この景色を見ると安心感がある。
昨日同様、元日もゲレンデは空いている。

空いているのでこの日は大回り用のi Speedを使う。
教程が変わったとかでシュテムをしてたので、午前中はあまり滑走感が無かった。

かえでの斜面

昼くらいに寒冷前線が通過し、一時はかなり激しく雪が降った。
午後は"たかね"や"もくせい"コースに行って小回りをする。

たかねは常設ポールが張ってあったが、斜面の片側は空いていた。
ここは雪質も圧雪も良いので良い練習になる。

調子に乗っていたら、もくせいコースに行った時に二度コケた。
最後に玄さんでお茶して上がり。

 本日の滑走 2351m/13本

判明しているリフトの標高差から計算すると、SKI TRACKSは20%程標高差が小さく出るようだ。
 

 1月2日 雪

前日の前線通過の後、小康状態だった雪は夜の間に本降りとなっていた。
今日は冬型で1日雪の予報だ。

雪が降る

寒いかと思っていたが思いのほか暖かく、ウエアのベンチレーションを開けて滑る。

この日は2班に分けて講習。
上級班は1時間新雪で遊んでこい、ということで奥のコースに行く。

たかねで新雪を滑る

前日から降った新雪は20cm位。
滑ると脛から膝くらいに感じる新雪だった。

講師に合わせてSL板だったのが悔やまれる。
それでもリフト3本、楽しく滑って講習に戻った。

かえでは新雪が踏み荒らされてボコボコだったが、そこをノーストックで滑る練習。
久しぶりにリフト乗り場の不自由さを味わう。

昼食を食べて、午後になると雪は小降りになった。
それとともに人が増えてきてゲレンデは混雑してきた。

人だらけ

かえでは人が多いので、奥のゲレンデに移動して小回りの続き。
そんなこんなで14時まで滑り、お茶して上がり。

 本日の滑走 2457m/14本

明日は手入れ済みの板を使うので今日はワクシングは無し。
宿に戻ったらすぐに温泉に浸かり、夕食まで至福のひと眠りができた。
明日は合宿最終日だ…
 

 1月3日 快晴

冬型が緩んで晴天。
昨日降った雪にピステンが掛かり、いい斜面状況となった。

朝のかたしな

今日は大回り板で飛ばす予定だが、ゲレンデに出て準備が出来たところでかえでのリフトがトラブルで停止してしまった。
すぐには動かない感じだったので奥のコースに移動。
たかねの常設ポールを目にしたところで、急遽ポールレッスンとなった。

申し込みをしてゼッケンを受け取りコースに入る。

たかねの常設ポール

初めにデラを掛けつつインスペクション。
雪が柔らかいので、すでにコースは掘れつつある。

1本目は中間からコースイン。
そういえばポールを滑るのは2年ぶりだ。

2本目はスタート位置を上げる。
「かなり掘れてきたなぁ…」と思いつつ5旗門目。
溝に嵌って外脚にショックがあった後、なんか…板が…無いな。

外足の板が外れた

片足となってもまだバランスは保っていたが、このままでは危険なので制動を試みる。
…が、やっぱり片足では支えきれずに大転倒。

すぐに起きあがったが、ちょっと肩を痛めたか。
その次は溝の外側を通って無難に滑り、最後にデラ掛けをしてお昼に向かう。

いつもの玄さんに入ろうとするが、満席で座れず。
そこでセンターハウスに行ってみるが、ここも人が多くて空席が見つからない。

自分たちは10名以上居るので、まとまって食べるのは諦め、集合時間を決めて分散することにした。
ゲレンデベースのレストハウスを見て回るが、どこも混雑してそうだ。
また玄さんに戻ってみると、ちょうど席が空いたので何人かで食べることができた。

午後はかえでで大回り。
リフト待ちは長いが、ゲレンデは不思議と空いていた。

リフト待ちの列

昨年の2月は設備の故障で長いリフト待ちがあったが、全コースオープンの今年でもこのリフト待ちは、訪れる人が増えたと言うことか。
こんなところに景気回復の影響が出るんだな。

かえでは午後になってもフラットで良い状態だったので気持ちよく大回りが出来た。
滑り続けて4日目で疲れが溜まっていたが、最後まで楽しく滑れた。

 本日の滑走 1731m/10本

宿に戻って温泉で疲れを癒す。
まだ残る仲間に挨拶して宿を5時半に出発。

すぐに鎌田で渋滞に捕まったが、それを抜けるとスムーズだった。
老神でも渋滞していたが裏道に抜け、そのまま根利を越えて帰宅した。

先の天神平を含め、けっこう滑り倒した年末年始の休暇だった。

紅一点

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »