« 13-14シーズン 初滑り | Main | FAT DEBUT »

ボルドー

前回の八方で履けなかったブーツ。

履けないんじゃ仕方がないのでオクで処分。
代わりに同じラングorロシでフレックス130の物を探す。

予算の都合で狙いは昨シーズンモデル。
ZA Softがあれば良かったのだがなかなか見つからず。
そしてラングよりもロシの方が残っているものが多い。

オクにも適当な出物が無く、結局タナベスポーツの通販で購入。

ROSSIGNOL RADICAL DEMO 130 SI

ROSSIGNOL RADICAL DEMO 130 SI (12-13モデル)

レース用より少し幅広のシェルで、フレックスも150から130に落としたので今度は履けないってことは無いだろう。

WORLDCUP ZBが手元にあるうちに撮り比べてみた。

                    【クリックで拡大】
ブーツくらべ

アッパーシェルは、今回のDEMO 130が一番タイトな気がする…
古いLANGEはロワーが7シェルでアッパーが8シェルだと聞いたことがあるので大きい。
バックサポートが低くなっているので、すっぽ抜けに注意だな。

足入れはややキツイもののWORLDCUP ZBほどじゃない。
ラストが5mm広がっている影響か、舟状骨の当たりも柔らかい感じ。
全体的にはジャストフィットで良かった。。。

 
 12月15日

週末になったので滑りに行く。
かぐらも丸沼も混雑しているらしいので、空いてそうな鹿沢へ。

この週末は冬型の気圧配置が強まっており、上信越道は坂城からチェーン規制だった。
小諸で降りて地蔵峠へ向かう。
少し登ると路面に雪が現れ、やがて本格的な雪道となった。
ここはいつもそうだが、凍結路面の上に雪が乗って滑る滑る。

そう言えばレガシィでの雪道は初めてだった。
VTDでもタイトコーナーではアンダーが強く出る感じ。
もうちょっとリヤ寄りのトルク配分の方が乗りやすいんじゃないかな。

そして鹿沢に到着。
気温は-5℃で雪が降っている。

雪の鹿沢

寒いなかでもなんとかブーツは履けてゲレンデへ。
ところが1本目のリフトに乗っている時から足が痛くなってくる。
舟状骨の辺りだが広範囲に痛い感じ。
どうも物理的に当たっている訳ではなさそう。

我慢して滑ったが2本でギブアップ。レストハウスへ逃げ込む。
ブーツを脱いでしばらくすると、足がジンジンと痺れてきた。
やっぱり血が通わなくなっていたようだ。

バックルを締める時に、第4バックルが一番外に掛けてもかなり締まる感じがした。
これで血が止まったらしい。
バックルのキャッチの位置は変更出来るので、帰宅したら変更しよう。

とりあえず今日は第4バックルは外したまま滑ることにする。
ややぐらつく感じはするが仕方がない。

それからまた数本、ブーツの中で足が痺れてきたのでレストハウスで休ませる。
その休憩後は最後まで滑ることが出来た。
インナーが新しいので馴染んでなかった、と言うのもあるかもしれない。

ゲレンデは朝にあった10cm程の新雪が捌けて、下地のアイスバーンが出てきた。
また、今日は指導員の研修会をやっていたので、あちこちで集団がプルークやシュテムをやっている。
そんな感じなので、気持ちよく飛ばすという感じではなかった。

指導員研修会

そうして3時間券を使い切ったところで上がり。

 本日の滑走 1606m/15本

一時はこのブーツ、失敗だったか?とブルーになりかけたが何とかなって良かった。

|

« 13-14シーズン 初滑り | Main | FAT DEBUT »

Comments

新しいブーツ、仲良くなれそうで良かったですね!!今シーズンもブイブイ飛ばせそうですね(笑)

Posted by: さっちん | December 16, 2013 05:38 PM

年末年始では使えないかと焦りました。
それまでに慣らしをしておかないと…

Posted by: めえ | December 17, 2013 12:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ボルドー:

« 13-14シーズン 初滑り | Main | FAT DEBUT »