« 寒気の田代 | Main | 2013 GW合宿 »

レンズトレード ~ マクロレンズ

スキーシーズンも終わりに近づき、カメラ関係の意欲が盛り上がってきた。

そんな中、昨年購入したシグマのマクロレンズの使い勝手が気になっていた。

ねじ込みフードを外すのが面倒で付けたままにしているが、そうするとかさばる。
かさばると持ち出すのも億劫になる。

撮影面でもマクロ的な使い方では、もうちょっとワーキングディスタンスが欲しい。
また最短撮影距離近くではフードの影が気になったり。

撮れる絵は最高なんだけど……

 
と言うわけで最近気になってきたのが、純正の100mmマクロ
昨年、シグマを購入した頃には高くて手が出なかった。
しかし最近は値下がりしつつあり、しばらく前から悶々と考えていた。

そんな時にチェックしていたカメラ店で5000円のプライスダウン!!
まんまと策にハマりポチってしまったのだった。。。。

 
程なく商品が到着。意外にコンパクトな箱だ。

smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR
外箱

開封してシグマと並べてみる。

シグマと純正

幅、長さともに一回り小さい感じ。
シグマは繰り出す内筒にフードが付くのだが、純正は外筒にフードが付く。
これは内筒が伸びてもフード内に収まるので見た目は変わらず、またマクロ撮影時にフードが邪魔になることもない。
さらにクイックシフト・フォーカス(フルタイムマニュアル)や、簡易防滴など純正ならではの利便性に優れている。

K-5に取り付けてみる。

                    【クリックで拡大】
K-5 +smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR

*ist D + SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG

アルミの鏡筒がLimitedレンズのようで実に格好いい。

それとist Dでも良いレンズを付ければキレイに撮れるんだな、と妙に関心した。

 
続いてテスト撮影。

シグマと純正をそれぞれ最短撮影距離で撮り比べてみる。

                    【クリックで拡大】
等倍のテスト

解像感は両者ほぼ互角か。
どちらも開放からシャープに写るのは見事。

違うのは色収差で、純正の方は開放でパープルフリンジが出ている。
これはF5.6で目立たなくなり、F8まで絞ると解消した。

一方、シグマの方は開放でもフリンジは出ていない。
この辺りは特殊低分散ガラスを用いているシグマの方が優れている。
カミソリマクロの異名は伊達ではない。

      //////////////////////////////////////////////

さて、日を改めて実写に出かけた。

                    【クリックで拡大】
タンポポ

K-5 +smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR  F8 1/160

パープルフリンジが目立ちやすい被写体だけど、このくらいなら気にならないかな。
 

                    【クリックで拡大】
ムラサキツメクサ

K-5 +smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR  F5.6 1/160

解像感も申し分ない。
 

この花

この花をほぼ最短撮影距離まで寄って撮ってみた。

                    【クリックで拡大】
ほぼ等倍

K-5 +smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR  F8 1/160

若干手ぶれしているような気もするが、それでも花粉の粒まで写っている。
 

           【クリックで拡大】
前ボケ・後ろボケ

K-5 +smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR  F5.6 1/400

前ボケと後ろボケはこんな感じ。

 
                    【クリックで拡大】
遠景

K-5 +smc PENTAX D FA MACRO 100mm F2.8 WR  F8 1/250

遠景もシャープ。

      //////////////////////////////////////////////

テストでは気になったパープルフリンジも実写では影響を感じられなかった。
描写も満足できるし、そうなると利便性に劣るシグマの出番はますます無くなりそう。

と、言うことでシグマのドナドナが決定。
描写性能の高さには後ろ髪を引かれるのだが、宝の持ち腐れになるよりは使ってくれる人のところに行ったほうが良いだろう。

あ~、70mmが空白になってしまうな…

|

« 寒気の田代 | Main | 2013 GW合宿 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レンズトレード ~ マクロレンズ:

« 寒気の田代 | Main | 2013 GW合宿 »