« March 2013 | Main | May 2013 »

寒気の田代

 4月28日 雪のち晴れ

GWに入った。

その前、金曜日の夜から季節はずれの寒気が入り、標高の高いところでは雪となった。
日曜には寒気は抜けて晴れてくると思い、スキーの予定を立てたが早計だったようだ。

地元は晴れていたが、関越道で北上するにつれ雲に覆われた山が見えた。
月夜野で高速を降りて三国峠に向かう。

はじめは雨であったが、標高が上がるにつれ雪(霰)に変わった。
路面には積もらなかったのが救い…

田代の駐車場には7時45分位に到着。
第1駐車場の半分くらいの位置だった。

午前券を購入し、仕度をしてロープウェイに乗り込む。
下はポツポツと小雨が降っている位だったが、山頂駅では吹雪となっていた。

田代は吹雪模様

かぐらに向かう予定であったので、リフトを乗り継いで奥のゲレンデに向かう。
しかし春用ウエアでは寒くて堪らず、フード付きリフトのあるコースで回ることになった。

田代アリエスカコース

寒いだけに雪質は良くて、エッジもしっかりと噛む雪。
コブを滑ろうと思って来たが、予定を変更してフラットを楽しむ。

しばらく滑ったところで、連れの友人がなかなか降りてこなかった。
遅れて降りてきたところで聞くと転んで手を傷めたようだ。
休憩しつつ様子を見ていたが治療が必要そう、と言うことで早上がりすることにした。

ロープウェイ駅に戻り、搭乗待ちの間にコブを1本滑って上がり。

 本日の滑走 1685m/8本

まだ11時前だけあって下りのロープウェイは貸し切り。
眼下には二居ダムと二居調整池が広がる。

二居ダム

毎度思うけど、下までどのくらいの高さがあるのだろう。
ちなみにここの発電所は一般見学出来るそうだ。

さて、山麓駅に近づくと搭乗員のおねいさんより降車時の注意をうける。
曰く、ロープウェイ待ちの人が大勢待っているので、指示されたルートで素早く降りて欲しいとのこと。
なんとこの時間でロープウェイ乗車が1時間半待ちだと!!

駐車場の方を見てみると、なるほど乗車待ちの人の列が車の間を縫って伸びている。

ロープウェイ乗車待ちの列

かぐらが8時頃に満車となると、こちらに人が回って来るようだ。
それにしても、最後尾の人がロープウェイに乗れるのは昼過ぎとか…

午後にはこれらの人が下山する訳で、帰りのロープウェイ待ちも相当になるとか。
この時期は早出・早帰りしないと恐ろしいことになるな。

帰りは再び三国峠経由で。
途中の猿ヶ京で立ち寄ったローソンからの景色がキレイで印象に残った。

赤谷湖

| | Comments (0) | TrackBack (0)

丸沼で試乗会

 4月14日 晴れ

先週行く予定だった菅平でのICI試乗会が、悪天候と雪不足で中止になってしまった。
その代わりの試乗会を探して丸沼に行くことになった。

この日の丸沼では、ICIコンペカンPOWERSの2店舗が試乗会を開催していた。

隣同士でやっていて、来期に板を購入予定の友人は有料のICIへ、
いろんな板に乗れれば良いだけの自分は無料のPOWERSへ参加した。

試乗会
※ こちらはICIの方
 

50本ほどある試乗板を見て回り、気になるモノを次々と試乗する。

コースは主にバイオレットで試乗。
朝のうちはフラットで硬い斜面。時間が進むに連れてざぶざぶのザラメとなった。

                 【クリックで拡大】
試乗した板

①HEAD i.Supershape Rally 163cm
早い時間で斜面が凍っていたのだが、そんなところではちょっと弱い感じがした。
少し雪の緩んだところでは良い動きをする。

②SALOMON X-Race 170cm
前評判を聞いて乗ってみた。
確かに硬い斜面でもしっかりグリップして安心感があった。操作性も悪くない。
ただ普段乗りではちょっとハードかなとの印象もあった。

③HEAD WC Rebels i.SL RD 165cm

履いた瞬間からどっしりした手強い感じがする。
実際に板の性能はすこぶる高い感じだが、自分の足前では手に負えないと思った。
板の言いなりに乗せられている感じ。

④OGASAKA TC-MG 167cm
グリーンのコスメが気に入って乗ってみた。R=17m位のミドルターンモデル。
オガサカらしく操作性が高く、何の引っかかり感も無くスムーズにずらせる。
大回りで切ってみても小回りでずらし回してみても良い感じで滑れた。

⑤BLIZZARD FULLSUS IQ 167cm
センター75mmでちょっと太めのモデル。
この頃には雪も緩んできて、太めで良く撓むこの板は良い感触を得られた。
ただ特別感動するようなこともなく無難な感じがした。

⑥FISCHER C-LINE EMPEROR 170cm
セレブな感じのデザインが良い感じ。
すごく柔軟に撓む板で、今日の重い雪ではちょっと撓み過ぎな感じもあったが、
ハイシーズンの雪ならば疲れ知らずで1日優雅に滑れそう。

⑦ROSSIGNOL DEMO BETA 166cm
見た目はSLのような気合いの入った感じ。
乗ってみるとたわみ感があまり得られず、自分の好みとは違う感じだった。

⑧SALOMON X-Race 165cm
先に乗った170cmはGSのセカンド系の感じだが、こちらはSLのセカンドモデルっぽい。
乗り味は同じくしっかりグリップして良く回り、硬めの雪で気持ちよく滑れそう。
で、やっぱり1日乗るには疲れるかな、と。

⑨HEAD i.Supershape Magnum 170cm
2月に八方で乗った時に良い感じだったが、ざぶざぶのザラメの今回も良い感じだった。
トップからターンに入り易く、どんな体勢からでもターン出来るような安心感がある。
やっぱり自分には一番合っている板かもしれない。

⑩HEAD i.Supershape Rally 170cm
マグナムと交代で履いてみたがあまり変わらない感じ。
こちらの方が幅が広いぶん少しもっさり感があるかも。

バイオレット

ちょっと乗れればいいやと思っていたが、がっつり乗ってしまった。
オガサカの乗りやすさと、やっぱりマグナムは良いとの印象だった。

 
試乗も終わって最後にゴンドラを1本。
ゴンドラから下を眺めてみると、まだシルバーのコブも滑れるようだ
しかし大変そうで逃げ道もないのでレッド~バイオレットとつなぐ。

ゴンドラから見るシルバーのコブ

山頂駅からは日光白根山が思いのほかクリアに見えた。

日光白根山

山頂付近は前々日に降った新雪が緩み始めており、ストップ雪で苦労する。
最後にバイオレットのコブを1本滑ってこの日は終了となった。

 本日の滑走 3915m/15本

思いのほか充実の試乗会となった。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

続・ポリバケツ

まぁ今回は見た目ポリバケツじゃないんだけど…

 
前回のブーツ更新から丸4年が過ぎた。
滑走日数も100日を超え、だいぶくたびれて水も染みるようになってきた。

来年は更新かなと思いつつオークションを見ていると、今シーズンモデルがかなり安く出品されているのが目についた。
これなら今のうちに入手しておくのも良いかなと、ポチってやってきたのがコレ。

ROSSIGNOL RADICAL WORLD CUP SI ZB

12-13 ROSSIGNOL RADICAL WORLD CUP SI ZB

ポリバケツ色ではないが、まぁ中身はLANGEな訳で…

競技用モデルのフレックスがZA・ZB・ZCと3種類あるなかで中くらいのZB。
ただ中くらいと言ってもフレックス・インデックスは150。
試し履きしてみると今の130のに比べると明らかに硬い。
履きこなせるだろうか…

インナーはシューレースになってこれがまた薄いこと。
シェルの形は良くなっているが、やっぱり舟状骨の辺りは出さないと痛くなるかも。

現LANGEと比較

現用のLANGEと比べると、全体的に一回り小さくなった感じ。
LANGEは足に対して少し大きめな感じだったが今度のロシはジャストフィット。
当たりさえ解消すれば良い感じになりそう。

コバカット

競技用なのでコバカットされてます。

もうシーズンも終盤なので使うのは来シーズンからにしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜巡り

 4月1日 晴れ

晴れたので桜を見に出かけた。

                    【クリックで拡大】
桜1

K-5 + smc PENTAX DA 18-135mm

 

                    【クリックで拡大】
桜2

K-5 + smc PENTAX FA35mm F2 AL

 

                    【クリックで拡大】
桜3

K-5 + smc PENTAX DA 18-135mm

 

                    【クリックで拡大】
桜4

K-5 + smc PENTAX DA 18-135mm

 

                    【クリックで拡大】
桜5

K-5 + smc PENTAX FA35mm F2 AL

 

                    【クリックで拡大】
桜6

K-5 + smc PENTAX DA 18-135mm

 
平日にもかかわらず花見客が多かった。
春休みなので、月曜が休みの人が家族できていた感じかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »