« 日帰りかたしな | Main | 連休の中日 »

鹿沢・新雪

 1月27日 晴れ

W氏と鹿沢へ。

強い冬型の気圧配置で関越道は駒寄から、上信越道は坂城からチェーン規制。
(前夜は松井田妙義から規制だった)
小諸までは順調だったが、高速を降りるとすぐに雪道となった。

地蔵峠へ上がる道に入るとますます雪が増える。
アイスバーンの上に積雪しているようで、2WDの車は軒並みスタックしていた。
4WDでも急坂のヘアピンでパワーを掛けると滑る滑る♪

一方、峠から鹿沢に下りる道は雪が締まっていて比較的安心して走れた。

ゲレンデに着いてみると天気は晴れ。気温-10℃。
素手で準備をしていると手がかじかむ…

雪質良好

積雪はそれ程多くないが、気温が低いおかげで雪質は最高。
W氏は初滑りとのことで4時間券を購入し、最初は下のリフトで回す。

この日は高崎のクラブのGS大会が行われていて、第2リフト沿いまで規制していた。
通路のような幅しか無いので、第5の方へ移動。

そこから第5沿いは滑らずに「センターB」コースに滑り込む。
ここはまだ誰も滑っておらず、ノートラックの新雪を頂く。

ノートラックの新雪

下地が多少荒れていて、新雪も30cm程度だがそれでも楽しい。
残念ながらここを繰り返し滑れるリフトが無いので、ベースまで降りてリフト3本を乗り継がなくてはならない。
そうしてまた登り返して2本目を滑った。

その後、休憩をしていると第3リフト運行のアナウンスが入った。
待ってましたと第3リフトに乗って、ゲレンデトップに向かう。
待ちわびた人が多いのかと思ったが、あまり向かった人は多くないようだ。

頂上から四阿山の景色を眺め、ひとしきり写真を撮ってからまずはセンターを滑る。

ゲレンデトップから四阿山

リフト下が比較的柔らかい雪で滑りやすかった。
一気に滑り降りてすぐに2本目に乗る。

今度はレフトゲレンデへ。
こちらを降りるとほぼベースまで行かなくてはならない。

自然の地形を生かしたコースで面白い。
悔やまれるのは、既に脚が終わり気味でスキーのコントロールが利かなかったこと…

レフトゲレンデを滑る

その後、滑っていなかった第5沿いを滑ってから上がり。

 本日の滑走 3360m/15本

時間はまだ12時半なので、昼食は帰りの道中で。

地蔵峠から浅間サンラインに下りた所にある「梅の家」でラーメンを食べる。
腹が減っていたので次郎系とあったボリュームのあるのを注文。

梅の家のラーメン

肉も野菜も沢山で、にんにくと油もこってり、満腹となって帰路についた。
 

今回のトラック↓

2013.1.27 鹿沢トラック

|

« 日帰りかたしな | Main | 連休の中日 »

Comments

乙でありました。
帰宅するやいなや、嫁にニンニク臭いと言われました。

Posted by: wacca | January 29, 2013 07:32 PM

ですよね~wwww

Posted by: めえ | January 29, 2013 09:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鹿沢・新雪:

« 日帰りかたしな | Main | 連休の中日 »