« December 2012 | Main | February 2013 »

鹿沢・新雪

 1月27日 晴れ

W氏と鹿沢へ。

強い冬型の気圧配置で関越道は駒寄から、上信越道は坂城からチェーン規制。
(前夜は松井田妙義から規制だった)
小諸までは順調だったが、高速を降りるとすぐに雪道となった。

地蔵峠へ上がる道に入るとますます雪が増える。
アイスバーンの上に積雪しているようで、2WDの車は軒並みスタックしていた。
4WDでも急坂のヘアピンでパワーを掛けると滑る滑る♪

一方、峠から鹿沢に下りる道は雪が締まっていて比較的安心して走れた。

ゲレンデに着いてみると天気は晴れ。気温-10℃。
素手で準備をしていると手がかじかむ…

雪質良好

積雪はそれ程多くないが、気温が低いおかげで雪質は最高。
W氏は初滑りとのことで4時間券を購入し、最初は下のリフトで回す。

この日は高崎のクラブのGS大会が行われていて、第2リフト沿いまで規制していた。
通路のような幅しか無いので、第5の方へ移動。

そこから第5沿いは滑らずに「センターB」コースに滑り込む。
ここはまだ誰も滑っておらず、ノートラックの新雪を頂く。

ノートラックの新雪

下地が多少荒れていて、新雪も30cm程度だがそれでも楽しい。
残念ながらここを繰り返し滑れるリフトが無いので、ベースまで降りてリフト3本を乗り継がなくてはならない。
そうしてまた登り返して2本目を滑った。

その後、休憩をしていると第3リフト運行のアナウンスが入った。
待ってましたと第3リフトに乗って、ゲレンデトップに向かう。
待ちわびた人が多いのかと思ったが、あまり向かった人は多くないようだ。

頂上から四阿山の景色を眺め、ひとしきり写真を撮ってからまずはセンターを滑る。

ゲレンデトップから四阿山

リフト下が比較的柔らかい雪で滑りやすかった。
一気に滑り降りてすぐに2本目に乗る。

今度はレフトゲレンデへ。
こちらを降りるとほぼベースまで行かなくてはならない。

自然の地形を生かしたコースで面白い。
悔やまれるのは、既に脚が終わり気味でスキーのコントロールが利かなかったこと…

レフトゲレンデを滑る

その後、滑っていなかった第5沿いを滑ってから上がり。

 本日の滑走 3360m/15本

時間はまだ12時半なので、昼食は帰りの道中で。

地蔵峠から浅間サンラインに下りた所にある「梅の家」でラーメンを食べる。
腹が減っていたので次郎系とあったボリュームのあるのを注文。

梅の家のラーメン

肉も野菜も沢山で、にんにくと油もこってり、満腹となって帰路についた。
 

今回のトラック↓

2013.1.27 鹿沢トラック

| | Comments (2) | TrackBack (0)

日帰りかたしな

 1月13日 晴れ時々雪

世間は連休だが、自分は月曜日が仕事なので日帰りで滑りに行く。

どこに行こうか迷うが、結局リーズナブルに行ける「かたしな高原」へ。

先週は冬型が続いたので結構降ったのかと思いきや、道中の根利には殆ど雪がない。
片品村に入っても状況は同じで、どうも積もるほどは降らなかったようだ。

連休だけに人出は多めで、8時半にスキー場に着くと第2駐車場の方へ誘導された。
昼頃にゲレンデから見た感じでは、第3駐車場もほぼ埋まったようだ。

ゲレンデも親子で賑わっている。

賑わう親子

赤いリフトが空いているうちは、"かえで"で回す。

今回、チューンナップ上がりの板を持ってきたのだが、エッジが引っかかり滑りにくい。
無理矢理滑るので、脚が負担が掛かる感じ。

エッジの調整は自分でやるからダリングしないで」と注文しておいて、ペーパーも
ストーンも持たずに来た俺が馬鹿です。
以降、急速に疲労が溜まっていくのであった…

 
赤いリフトが混み始めたら"裏"に行く。

"たかね"は今日はポールで貸し切り。
残念ながら滑ることは出来なかった。

たかねはコース規制

ゲレンデトップまで行ってみたのち、玄さんに行って昼食。
カレーが辛かった。

食事を終えて外に出ると雪雲が消えて暖かくなり、いい感じになってきた。

晴れたきた

午後は、まだ行っていないコースをひと通り巡る。
初心者の賑わう緑のリフトにも乗ってみる。
短いので滑るのはあっという間。

一通り滑ったら、もう脚も疲れたしお茶することに。
ケーキセットをいただき、そのまま上がり。

 本日の滑走 2745m/13本

そういえば、黄色のリフト&コースに行くの忘れた。。。

つつじコースから見る日光白根山

| | Comments (3) | TrackBack (0)

年末年始合宿 -後半-

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 1月1日 晴れのち曇り

夕食後のミーティングを終えたのち、仮眠をとってから日付が変わる前に外に出る。
午前0時ちょうどに新年の花火が上がり、いつもの神社に初詣。

新年の花火

結局、雪は積もるほど降らず、晴れた朝となった。
この分だとゲレンデは前日のような雪玉ゴロゴロだと思っていたが、思いのほか綺麗に整備されていた。

日が差して暖かいなか練習開始。
毎年、大晦日と元日は人が少ないのだが、今年もそのようだ。
空いているゲレンデで滑りに集中出来る。

空いている、かえでゲレンデ

朝は暖かかったが昼前から曇って日差しが無くなった。
気温も下がったようでかなり寒くなる。
ゲレンデも下地のアイスバーンが削られて氷の粒が吹きだまりとなってきた。
こうなると足場が不安定で滑り難い。

ほどよく疲れたところで上がり。

 本日の滑走 2920m/15本

 
 1月2日 晴れのち曇り

今日で合宿は最終日。

ゲレンデはますます整備が行き届いていい感じになっている。
自然の雪は降っていないので、夜に降雪機を回しているのだろう。

                 【クリックで拡大】
ピステンのかかったゲレンデ

明らかに人が増えて、駐車場も朝の時点で2段目になっていた。
(自分らは送迎なので関係ないが)

今回で初めてリフト待ちも経験する。
もっとも待っても5分程度なので問題はない。

今日は帰り支度もあるので、滑り終わった後のケーキタイムは無しにする。
1時間早く上がって宿へ。

 本日の滑走 2910m/14本

宿泊者の夕食までにミーティングを済ませ、18時過ぎに宿を出る。
正月だからなのか、根利では殆ど車もなくスムーズに帰宅。

運動不足が祟って滑走量の割には疲れた合宿となった。

午後のゲレンデ

| | Comments (10) | TrackBack (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »