« 晩秋の散歩 | Main | 年末年始合宿 -前半- »

12-13シーズン 初滑りin北海道

もう2週間も前だが、ようやく今シーズンの初滑りに行ってきた。

それも北海道・ルスツとちょっと贅沢な初滑りとなった。
 

 12月15日 曇りのち雪

羽田から朝一番の便で新千歳へ。
出だしでちょっとハプニングが有ったものの、無事に機上の人となる。

フライト中はGPSで遊んでみた。

GPS Status

衛星の補足は良好なので、RMapsを使うと飛行経路や現在地が判別できる。

北海道に近づくと目的地の山々が見えてくる。
羊蹄山の端正な姿もバッチリ。
 
北海道の山々
 
新千歳に到着し、ここからバスでルスツまで移動。
出発までに時間があるので、空港内の朝市食堂で朝昼兼用のおにぎりを購入。
バスの中で食べることにする。

9:30出発のバスに乗り、ルスツ到着が11時半くらい。
この時間がもっと短いと良いんだけど…

前回はタワーの方に泊まったが、今回はリゾートホテルに泊まる。
エントランスからフロントまでのルートを間違え、大荷物で難儀する。
なんとかチェックインし、もう部屋に入れるとのことでありがたく使わせてもらう。

着替えたらゲレンデへ。
この日は札幌在住の友人が来てくれて、ゴンドラステーションで合流。
ゲレンデを案内してもらう。

とりあえずゲレンデトップへ。
曇り空となってしまったが、羊蹄山を見ることが出来た。

羊蹄山

コースは一部の急斜面を除いてほぼ滑れる状態。
雪質も良く、ハイシーズン並み。
初滑りとして申し分ない条件なのだが、まだ滑る身体になっていないので脚がキツイ。

ゴンドラステーションへ

一通り滑ったところで、もうおなかいっぱい。
ゴンドラステーションのレストハウスに入り、皆でお茶してから上がることにする。

ここからホテルに戻るまでに、もうひと滑りしなければならない。
まずゴンドラでMt.ウエストに戻り、こちらで一本リフトに乗る。
左へトラバース気味に滑ってようやくリゾートホテルに戻れる。
まだ16時過ぎだが日暮れの早い北海道は、もうすっかりナイターだった。

 本日の滑走 3550m/10本

ナイター

部屋に戻り、一息ついたら風呂に行く。
リゾートホテルは横に長く、部屋から風呂までは端から端まで行く感じでかなり歩いた。

夕食は和・洋・中と選べたが、どれも心動かされず。
結局 +1000円払ってバイキングに行く。
これが大正解で、カニ食べ放題など量・質ともに満足のいくモノとなった。

満ち足りて幸せな気分で就寝 zzz…

ホテル前のイルミネーション
 

 12月16日 雪

昨夜から降った雪がそこそこ積もっている感じの朝となった。

朝食もバイキングで満腹となる。
フライドポテトがなにげに美味いのが北海道らしい。

荷物を纏めてロッカーに入れ、ゲレンデに出る。
今日は気温が高く、ダウンのミドラーもタイツも無くて平気。

ゴンドラでMt.イースト側に移動し、そのままゴンドラを乗り継いで行く。
昨日は滑らなかったコースだが、またいちいち長い(笑)。

イーストティーニュコース

途中で右に下る急斜面があり、新雪が残っている。
脚が終わりそうだな、と思いつつ、乗せられて滑ってみる。

ヒザくらいの深さの新雪は北海道にしては重い感じ。
途中から息が上がり、やっとの思いで滑り降りた。

急斜面・新雪

その後も新雪のコースに突っ込み、疲れたと言って2本で休憩。
休憩後、山頂に行ってみるがガスで何も見えず。
ホテル側に戻ろうと言うことで下って行くが、昨日のハイペースが祟って既に脚は終了。

そのままホテルに戻って上がりとなった。

 本日の滑走 2065m/7本

ホテル内で軽く昼食を食べ、風呂に入るともういい時間になった。
15時半のバスでルスツを後にして、新千歳まで2時間の睡眠時間。

空港でお土産を買い、ジンギスカン鍋を食べればもう思い残すことなし。
20時のフライトで羽田に戻り、日付が変わる前に帰宅できた。

来年もまた行こう。

北海道をあとに…

|

« 晩秋の散歩 | Main | 年末年始合宿 -前半- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 12-13シーズン 初滑りin北海道:

« 晩秋の散歩 | Main | 年末年始合宿 -前半- »