« 十四夜 | Main | 晩秋の散歩 »

浅草・スカイツリー

 11月11日 曇りのち雨

恒例のスキー仲間との秋のオフ会。
今回はスカイツリーとその周辺を散策。

浅草、雷門で集合。

雷門

いままでオフ会では色々行ってきたが、一番の人出。
外国人が多く、日本人との割合は1:2位な感じ。

なんとか落ち合って仲見世を見て歩く。

                    【クリックで拡大】
仲見世

K-5 + smc PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited
 

途中でちょっと脇道にそれて昼食へ。

大黒屋

天ぷらで有名な「大黒屋」に入り、天丼を注文。

しばらくして蓋からはみ出す天ぷらが乗った丼が運ばれてきた。

                    【クリックで拡大】
大黒屋の天丼

K-5 + smc PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited

甘辛いタレが旨い。
大きなエビもぷりぷり。

ただしご飯は少なめなので、腹が空いている時は別にライスを頼んだ方が良いかも。
天ぷらは大きいので、ご飯2杯は楽勝だろう。
 

食事が済んだら浅草寺へ。
…屋根がでかい。

こちらも大勢の人で賑わっている。

                    【クリックで拡大】
浅草寺

K-5 + smc PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited

香炉の煙を浴びて、お参りをして、隣の浅草神社にも参拝する。

 
ここから徒歩でスカイツリーへ。

言問橋からスカイツリーを見る。

言問橋からスカイツリー

近づくにつれ見上げるようになる。
やはり周辺の建造物に比べると桁違いに大きい。

ソラマチに入ってツリーの真下に出る。

スカイツリー到着

13時の時点で当日券の購入は3時間待ちだった(整理券配布)。
今回は天気もイマイチのため、ツリーには上がらず、ソラマチで遊ぶ。

ちなみにここから見上げるスカイツリーはこんな感じ。

スカイツリー見上げる

ソラマチではプラネタリウムのチケットを購入。
こちらも2~3時間の待ちとなった(1時間に1上映)。

それまでは様々なショップを回ったり、千葉工大のロボット工学の展示を見たり、疲れてお茶したり…
最後は人混みに疲れて居眠りしたり。

そして上映時間となりプラネタリウムへ。

何十年ぶりに見たプラネタリウムは技術の進歩を感じさせるモノだった。

ひとつひとつの星像が小さく、かなり実際の夜空に近い感じ。
天の川も再現されていて、山の上で見た星空を彷彿とさせた。

上映が終わり、スカイツリーのイルミネーションを見るために8階に向かう。

いつもは"粋"か"雅"の照明だが、この日はオリンピック招致のタイアップで五色のライティングがされるのだった。
外は雨になっていたが、イルミネーションは綺麗に見えた。

           【クリックで拡大】
スカイツリーのイルミネーション

K-5 + smc PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited

隅田川から見たらもっと綺麗だったろうな・・・・
雨のなか歩く気力もなく、マックでお茶したあと解散となった。

|

« 十四夜 | Main | 晩秋の散歩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 浅草・スカイツリー:

« 十四夜 | Main | 晩秋の散歩 »