« 135mm 対決 | Main | 紅白 »

BRZ 試乗

 9月22日 曇り時々晴れ

オイル交換のため、スバルのディーラーへ。

なんとなく予感がしていたが、BRZの試乗車があった。

SUBARU BRZ

交換作業の合間に試乗を申し込む。
「MTですが…」との言葉にちょっとビビリながらもお願いした。

乗り込むと明らかに普通車とは違う視界。
低いシートポジションで、久しぶりの感覚にわくわくする。

シートはインプレッサWRX系統と同じホールド感のあるもの。
固めのクッションで肩までしっかりサポートしてくれる。

 
4年ぶりのMTで緊張のスタートだったが、案外体が覚えていてすんなり動かせた。

で、インプレッション

・エンジンは思ったよりもトルクフル。
 3,4速の低い回転からもアクセルのツキが良くスムーズに加速する。
 6速MTだが、全体的にローギヤードなのかな?
 引っ張って回してみたが、サーキットや高速道以外では不満ない加速が得られる。
 峠道でも踏み切れるパワーで、このくらいが一番楽しいかも。

・踏み込むと聞き覚えのある音が。滑らかに響いてくる低音は吸気音。
 聞けばこの音を出す為にチューニングをしているとのこと。
 室内には積極的に導いて、 外にはあまり響かせないらしい。
 排気音はエキマニが等長になったことで以前のスバル車の音はしない。

・ブレーキはタッチが固く、踏力でコントロール出来て良い感じ。
 かなりキーキー鳴くのでスポーツ向けに振ったパッドを使っているのかも。

・6速のMTミッションはショートストロークでカッチリとしたフィール。
 聞けばアルテッツアの物をスバルで改良したものだそうで、トヨタの方でも
 これほど良くなるとはと驚いたそうだ。

・ハンドリングは…エンジンに気を取られて残念ながら試し忘れてしまった(^_^;;;
 とはいっても街中じゃスラロームするくらいしか方法がないけど。
 普通に乗っている時だと、操作した時に思ったとおりに反応するのが好感触だった。
 足回りは固いと言えば固いが、スポーツ車としては普通だと思う。

運転してみて人車一体感を強く感じた。
広すぎない室内とホールドの良いシート、ツキのいいエンジンとリニアなハンドリング、
これらの要素が絡み合って、思い切り振り回せそうな気にさせてくれる。
これと同じ感覚は昔のAE86にもあったもので、トヨタが「86」と名付けたのも納得の出来だった。

で、欲しいかと言われれば「欲しい」
ただし金があればの注釈が付くけど。
さすがにFRでスキーはかなり困難だからなぁ。

どこかに300万円くらい落ちてないかなぁ・・・・

|

« 135mm 対決 | Main | 紅白 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BRZ 試乗:

« 135mm 対決 | Main | 紅白 »