« 富士山麓周遊 | Main | レンズ追加 ~その9~ 望遠レンズ »

1.36x

いま手持ちのレンズの半数がマニュアルフォーカスのレンズ。

明るいレンズが多いのであまり外すこともないのだが、より精細なピント合わせを狙ってマグニファイアを導入してみた。

純正で1.18倍のものがあるのだが、それだとあまり変わらなそう…
社外品のなかから評判の良さそうなTENPAの1.36倍のものを購入してみた。

入手先はいつものヤフオク。
中国製だが国内で代理店をやっている業者が出品している。

ebayでも入手できるようなので、英語の出来る人はそちらでもっと安く買えるらしい。

落札して数日で商品が届いた。

TENPA 1.36X MAGNIFYING EYEPIECE

内容はレンズと、カメラメーカーごとのアダプター、それとアイカップが大・小の二つ。

レンズはグリーン系のコーティングが施されており、覗いて見ると明るく周辺の歪みも少ない感じ。
品質面では問題無いようだ。

レンズ

さっそくK-5に取り付けてみる。

・・・・が、

どうにも周辺視野のケラレが気になる。
視点をずらせば全体を見ることが出来るのだが・・・・

もともとK-5のファインダーは視野に余裕が無く、そのままでもギリギリ全体が見える感じだったので仕方がないのかもしれない。
(この辺は個人差が大きいかも)

と言うわけでK-5からは外してist Dの方に付けてみた。

ist D + 1.36x MAGNIFIER

こちらの方が視野に余裕があったので、ケラレは気にならない感じとなった。
ただ左側にあったバーグラフは視点を変えないと見えなくなる。
まぁ、しょうがないか。

カメラに付けるとファインダーが少し飛び出す感じになり、モニターに鼻がぶつからずに覗きやすくなった。
その分、収納性が悪くなったとも言えるが、この辺はトレードオフだろう。

ピント合わせはやり易くなってはいるので、しばらくこれで使ってみよう。

|

« 富士山麓周遊 | Main | レンズ追加 ~その9~ 望遠レンズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1.36x:

« 富士山麓周遊 | Main | レンズ追加 ~その9~ 望遠レンズ »