« June 2012 | Main | August 2012 »

50mm対決

先日入手したRIKENON 50mmの実力を試してみた。

比較するのはPENTAX A50mm 1:1.4
こちらはすでに実績があり、お気に入りのレンズのひとつだ。

左:RIKENON 右:PENTAX
左:RIKENON 右:PENTAX

蓮が咲いている近くの公園へ。
同じ構図で絞りを変えて撮ってみる。

                   【クリックで拡大】
絞り値での変化

はっきりとした差は見られないが、若干PENTAXの方が色乗りが良い感じかな?
ボケはRIKENONの方が少し柔らかいように見える。

 
等倍での解像感をF5.6で比べてみる。

                   【クリックで拡大】
解像の違い

こちらも甲乙付けがたいなぁ…

50mmのレンズは歴史が長いだけに、各社ともこの時代で既に完成されているのかな。
今のレンズと比べても、コーティングやオートフォーカス位しか違わないのかもしれない。

 
比較が済んだら撮り歩いてみる。

                   【クリックで拡大】
蓮

言うこと無いです。これで1300円なんだぜ…
 

                   【クリックで拡大】
遠景

遠景では少しコントラストが低い?…こんなものかな?
ここは撮り比べ無かったのでわからないが…

 .............................................................................................

対決の結果だが、画質の面では引き分け。
操作性ではAEの使えるPENTAXに分があり。

RIKENONは絞るとファインダーの被写界深度も深くなるのでピント合わせが難しくなる。
このビハインドが有るので、PENTAXの勝ち。

とはいえ、この価格でこの内容なら良い買い物が出来たってことだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レンズ追加 ~その8~ 標準レンズ

ジャンク品で出ていたものを1,300円でゲット。

XR RIKENON 50mm 1:1.7

RICOH XR RIKENON 50mm 1:1.7

RIKENON 50mmはF2の物が和製ズミクロンとして有名。
一方このF1.7は余り話題に上がらないが一説には富岡光学製との噂もある
まぁ噂の域を出ない話だけど。

ものが届いたので軽く清掃して見てみる。
キズや汚れも少なく、概ね良い感じだがやはりジャンク品。

・ジャンクその1
残念ながらバルサム切れあり。逆光では影響ありそう。

・ジャンクその2
絞り羽根にオイル滲みあり。本当なら残念なんだけど、今回は影響なし。

・ジャンクその3
ヘリコイドがやや軽くなっている。気分の問題で、実用上は無問題。

そして最大のジャンク点はこちら。

                   【クリックで拡大】
ジャンク理由

右は比較用のPENTAX A50mm。
比べて見ると、撮影時に絞りを動かすのに必要な「絞り連動レバー」がない。

本来ならば機能的に不具合なのだが、PENTAXのデジタル一眼でマニュアルレンズを使う時には、むしろこの方が使い易かったりするのだ。

最初の画像でのレンズ内で絞りが絞られた状態、これは一眼レフカメラに付けられたレンズでは本来あり得ないこと。(撮影時と大昔のレンズは除く)

絞り連動レバーが無い事で、カメラからは全く絞りがコントロールされない状態。
逆に言うと、カメラに付けた状態で好きなように絞りを扱えるようになる。

これで本来出来ない絞り環を使った絞り優先AEが利用できるようになる。
(通常は絞り優先AEだと解放絞りしか使えない)

デメリットとして、絞っていくとそれに応じてファインダーが暗くなっていく。
ただF5.6位までは十分実用範囲だし、そんなに絞って撮るレンズでもないし。

PENTAXの50mmと、どう写りが違うのか、今度撮り比べしてみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

横浜・中華街オフ

 7月8日 曇りのち晴れ

恒例の横浜・中華街オフ。

まず始めに焼売を食しに清風楼へ。

清風楼
 

シウマイとチャーハンと肉ワンタンスープを食す。

シウマイ

この後も店をはしごするので、腹4分位で店を出る。
 
大通りから外れたここも賑わってきた。

                 【クリックで拡大】
関帝廟通り

K-5 + smc PENTAX A 50mm 1:1.4
 

少し寄り道で散歩しつつ次に店に向かう。

                   【クリックで拡大】
旨そう…

K-5 + smc PENTAX A 50mm 1:1.4
 

続いて重慶飯店本館

いろいろ頼んだが、最初に麻婆豆腐を食べたのは失敗。

麻婆豆腐

辛くて美味いが、舌が痺れてあとの料理の味がわからなくなった。
途中で腹一杯で苦しくなり、最後はこの麻婆豆腐を残してギブアップ!!
 

腹ごなしに歩いてマリンタワーへ。
海沿いの道は風が気持ちいい。

マリンタワー
 

入場券を買い、エレベーターで展望台へ。
もともと灯台だったこともあり、横浜のベイエリアが一望出来る。

             【クリックで拡大】
ベイブリッジ方面

K-5 + smc PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited
 

ランドマークタワー方面は逆光で霞んでしまっているが、夜景を撮りに来たいと思わせる展望だ。

ランドマークタワー
 

景色を堪能したら、セットでチケットを買った氷川丸を見に行く。

                   【クリックで拡大】
氷川丸

K-5 + smc PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited
 

船内の趣のある廊下。

廊下
 

一等客室の中でも豪華なスイートルーム。

                   【クリックで拡大】
スイートルーム

K-5 + smc PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited
 

操舵室。
子供の見学者には、船長の帽子を被らせて写真を撮るサービスをしていた。

操舵室
 

機関室。巨大なディーゼルエンジン間近に見る。
形状は車と同じロッカーアームだが、大きさは桁外れ。

機関室

時間が無くなり機関室はよく見られなかったのが残念。
ここなら1時間くらい時間をつぶせそうだ。

今回も新しい遊びどころで楽しめた1日だった。

朝陽門とバス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レンズ追加 ~その7~ 便利ズーム

スキーシーズンが終わってから、怒濤の勢いで物欲を満たしている。
今回もカメラ関係。

K-5を買ってから何本かレンズを増やして、単焦点はそれなりに揃ってきた。
一方、標準域のズームレンズはDA L 18-55mmがあるだけ。

山に行ったときにはレンズ交換が面倒なので1本で済ませたい。
望遠側が55mmだとちょっと短いのと、ボディに合わせて防滴のレンズにしたい。
ちょうどMap Cameraのアウトレットで安いのが出ていたのでポチした。

PENTAX DA18-135mm F3.5-5.6ED AL(IF)DC WR という長い名前のレンズ。
PENTAX DA18-135mm F3.5-5.6ED AL(IF)DC WR

実はK-5のレンズキットに、このレンズと組み合わせたものが有った。
K-5を購入したときにそのキットを狙っていたのだが、直前に販売終了となってしまい手に入れそびれていたのだ。

換算28mm~207mmの高倍率ズームだが、18-55mmと比べて一回り大きい程度。
小さなボディのK-5と組み合わせても仰々しい感じはしない。

K-5 + 18-135mm

PENTAXのデジタル用のレンズ、DAシリーズにはグリーンのラインが入っているのだが、他のメーカーでは見られない色でなかなか格好いい。

横から

フォーカスはレンズ内モーターで行っているので、AF時の動作音はかなり静か。
電源接点の無い*ist DSでは使えないのだが。(あちらはDA Lを使うからいいけど)

このレンズ、写りは賛否両論があるようだ。
せっかくだから山に入って試し撮りしてみたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

M200mm 試写

先日入手したM200mmの試し撮りをしてみた。
とりあえず絞りによっての描写の違いを見てみる。

絞りテスト

解放ではパープルフリンジがかなり出る。描写もやや甘い感じ。
F5.6ではシアンのフリンジが少々。
F8まで絞るとシャープな写りとなった。
ist DSではF16まで絞っても回折ボケは見られない。

 
テストが済んだら外に持ち出してみる。

                   【クリックで拡大】

テント

ist DS + smc PENTAX-M 1:4 200mm

銀塩しかない時代のレンズなので、当然フルサイズ対応。
イメージサークルに余裕があるためか、画像周辺部でも画質の低下が無くて良い感じ。
 

                   【クリックで拡大】

雀

ist DS + smc PENTAX-M 1:4 200mm (2/3にトリミング)

フードを出すのを忘れていたので、ちょっとフレアっぽいかな?
2羽の雀を撮っていたらもう1羽が飛び入り参加。
 

                   【クリックで拡大】

菖蒲

ist DS + smc PENTAX-M 1:4 200mm

ボケも素直な感じで良いね。

と言うか3,000円のレンズでこんなに良く撮れていいんだろうか。
こうして皆、沼に嵌っていくんだな・・・・

烏

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »